来月から9月までの暫定ダイヤですが

京阪電気鉄道は今朝、8000系に連結するサロ8650型(仮)プレミアムカーの導入を今年9月とするとともに、来月25日から、今年9月のプレミアムカー導入までの暫定ダイヤも、合わせて発表しました。
https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2017-01-13_daiya.pdf

暫定とはいえ、この暫定ダイヤでは以下の点が目につきます;
・特急のうち、8000系による運用がすべて7連に
・平日夕方の上り快速急行が現在、中之島→樟葉であるものをすべて淀屋橋→樟葉に改め、逆に準急が中之島発に差し替えられる
・それまで土休日のみだった快速特急が平日にも2往復設定される
・快速特急運行時間帯に淀屋橋~出町柳を走破する急行が追加される

蛇足ですが、深草駅のホーム延長工事は着工してからかなり日がたつものの、いまだに延伸対象部分に手が付けられていません。旧跨線橋は撤去されたのですが、本格的な延伸工事はこれからです。ただ9月実施の本ダイヤに間に合うのは確実でしょうけど(ぉ
line

注意!「Sトレイン」に池袋駅からは往復とも乗れない!!

土休日に西武池袋線~東京メトロ13号線(副都心線)~東急東横線、平日に西武池袋線~東京メトロ8号線(有楽町線)を直通運転する座席指定の優等列車「Sトレイン」が、3月25日に運行を開始することになりました。
西武鉄道からの公式リリースによりますと、平日は所沢→豊洲を3本、豊洲→所沢を4本運転し、土休日には、所沢方面→横浜方面を3本、横浜方面→所沢方面を2本運転するのですが、どちらも途中に片方は下車のみ、もう片方が乗車のみというクローズドア制をとり、平日は池袋線の駅のみ・有楽町線の駅のみの利用ができず、土休日も元町中華街~横浜のみ、渋谷~池袋のみの利用ができなくなっています。特に副都心線池袋駅からは、所沢方面へも横浜方面へも乗車できない(下車は可)のが最大の特徴で、これはレッドアローとの差別化を図ったものです。なお、豊洲駅では2番線に到着し、3番線より発車します。
line

あけおめ

kc0117-1.jpg
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60679255

酉年なので「はやぶさ」型ミサイル艇とP-3哨戒機、SH-60Kヘリコプタと、艦これの愛宕によるイージス艦「あたご」もセットに・・・

今年もpixivには相変わらず自衛艦これ中心の投稿となりますが本ブログとpixivをよろしくお願いしますm(_ _)m
line

強風で湖西線が止まれば影響は博多方面にまで広がる

江若鉄道を実質国有化し(バス部門は現在も江若交通として現存)、高架複線の路線として1978年に再開業させた湖西線では、以前から比良おろしの影響を受けやすく、頻繁に特急列車も含めた遅延、抑止があります。
この影響を減らすべく、現在も防風柵の設置を進めていますが、あまりに遅すぎるだけでなく効果は限定的で、夕方に遅延、もしくは抑止があると日付が変わるまで運転が再開されないことが多々あり、今夜は私もこの影響をモロに受けてしまいました。

富山市に眠る母方の祖母の墓参りから帰る途中のこと。上りサンダーバード号が永原駅で立ち往生し、そればかりか運転打ち切りとなる事態に至りました。ここから、やはり停車中の下りサンダーバード号に乗り換えて敦賀駅に戻り、最終1本前となる上りサンダーバード号に再度乗換を求めるアナウンスがあったのですが、反対側のホームまではエレベータもエスカレータもなく、階段を使わざるを得ないという最悪の状況でした。1駅戻った近江塩津駅だと、琵琶湖線に転線することもでき、同一ホームで反対方向の列車に乗り換えられるだけに、運転司令室サイドの判断ミスが招いた無駄足の無理強いといえます。
結果、予定より3時間半も遅れて京都駅に到着。改札を出たあと、湖西線の運行状況を観て愕然とさせられました。

運転再開は0時予定

いまだに堅田駅と近江今津駅との間で抑止というありさまでした。距離はそれほどでもありませんが、ここが止まっただけで、影響は夕方以降のサンダーバード号全般、そればかりか、新大阪駅で山陽新幹線に乗り換える人々にまでわたり、岡山・広島・博多方面の終電に乗り継げない事態も引き起こしています。湖西線がいかに北陸~山陽間の生命線として必須であるかを、JR西日本の本社が十分理解しているか否か甚だ疑わしいと言わざるを得ず、それ以前に、国鉄時代にすでに構造上の欠陥があったように思えてなりません。札幌市の地下鉄南北線で地上に出る区間が全区間をシェルターで囲っていますが、湖西線も大津市志賀地区~高島市安曇川地区の区間の全域で、これに準じたことを国鉄時代にしておくべきでした。
line

今年最後なのでダブルヘッダー(2)

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

昨日のダブルヘッダーの記事の続きです。
午後は主催者様から「スーパーモデルが来る」と告知があり、最初は残らない予定でいた午後の部も、続けて参加することにしたのですが、この決断は正解でした。

1分と2分
午後担当のモデルは、これまでに2度描かせていただいたことがありますが、個人的に言わせていただくなら「日本画にも西洋画にも出てきそうなイメージ」の方です。
今回は複数を清書にして、特に難関の2分以下のポーズの中から合計で4ポーズまで清書ができるように、2分ポーズまではすべて描ききりました。
1分ポーズはさすがに、清書に用いた1点のみ(上画像向かって左)でしたが・・・

2分のみ


そして5番目の清書対象がこちら;
5分
髪は実際にはまとめていたポーズも含めすべて下ろし、目はバイオレット+ディープバイオレットにしています。


このモデルさんの魅力によるものか、はたまた立地条件のよさがなせる業か、午後の部の参加者総数は私も含めて実に43人で、立錐の余地もないくらいでした(^ ^)


来年のクロッキー会始めは・・・いつのことになるやら(笑)
line

今年最後なのでダブルヘッダー(1)

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

先週に続いて本日も南森町の例のアトリエまで行ってきました。
まずは午前中のロングポーズ。


今回は最初に決めるポーズ3つがすべて座りポーズでしたが、ポーズをとるモデルご本人様にとっては最も難度が高いポーズに決まりました。どちらかといえばヴェテランの域に入る方ではあるものの、実際、1回目はポーズに難渋する様子がうかがえたくらいです。しかしそこはヴェテラン、2回目からは締まったポージングを見せてくださいます。

難しかったのが陰影。私が座っていた場所はちょうど真正面で、向かって左下から光が当たっていたため、モデルの左半身を中心に影がかかっていたのですが、あまり暗くしてしまうのもいけないと考え、ライトグレイではなく、ウォームグレイを使っています。

さてタイトルにもある通り、本日はダブルヘッダーになりました。
はじめ午後の部には参加しないことになっていましたが、主催者様いわく「スーパーモデル」がお越しだと聴いて残ることを決めました。その「スーパーモデル」とは・・・?

続きはまた。
line

北陸新幹線「小浜ルート」方針固まる

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H6U_X01C16A2MM8000/

・・・だそうです。
このルートだと、敦賀~小浜~(京都府南丹市)~京都~新大阪、となるのですが、京都~新大阪は東海道新幹線との複々線という手もあります。
もうこれにさっさと決めて、さっさと着工して突貫工事で開業させるべきです。
2031年着工・2046年開業はあまりにも遅すぎます。
line

ライティングによる陰影はしっかりと

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

11日、ロングポーズを描くべく南森町のアトリエまで行ってきました。
ここ1か月はクロッキーより固定ポーズに集中したいと決めているため、年内はクロッキーはお休みにしています。


今回も特にライティングによる陰影をしっかりつけるように努め、またアンダーヘアを最後に塗るため、線画の際にその分の線をあえてひかないでおきました。
ちなみに当日のモデルとは何気に初顔合わせです。

年内もう1度行けるかな・・・?
line

Suicaが長野県に本格上陸

中央本線のJR東日本管轄区間と篠ノ井線の松本~塩尻の相互間(中央東線)は、現在は東京~韮崎の各駅と、小淵沢以遠の特急「あずさ」号停車駅のみSuica対応駅となっていますが、来年4月からそのSuica対応駅が辰野支線を除く全区間に拡大されることになりました。
これにともない東京~(みどり湖)~松本の全駅がSuica対応となり、全国共通ICカードが長野県に本格進出します。

どうせならアルピコ交通上高地線も対応させればよいのですがね(ぉ
line

4回目にしてようやく形になった

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

3日夜は京都市内某所での人物画勉強会に参加してきました。
今回のテーマは特にないものの、肌の陰影を一段とリアル寄りにすることを目指しました。

今回のモデルは4月17日に描かせていただいて以来久々、通算では4度目の方です。

陰影は複数のパステルを重ね塗りし、濃いものではこげ茶までを使ったほか、髪はオレンジ系、茶系の筆ペンを組み合わせました。
これまで4回描かせていただいた中で、もっとも形になったように思えます。
line

「パワ体」「にょろーん化」もいいけど「こげぱん化」もぜひ!

pixivにおいて、さまざまな作品のキャラクタをデフォルメする手段として「実況パワフルプロ野球」風アレンジの「パワ体」、「にょろーんちゅるやさん」風アレンジの「にょろーん化」があります。
パワ体:「足と胴体とが浮上式リニアモーターカーよろしく離れ、頭がでかく手首が球体、かつ顔は目だけ」
にょろーん化:「点目だが眉はあり、手は時折指のようなものがはっきり描かれることもある程度」
といった具合で、ニコニコ動画なども含めると、にょろーん化ではシリーズ化されている作品が目立たないものの、パワ体では艦これと合わせた「カンコレクンポケット」が有名です。

他方、2000年代前半から続いたものの、いつしかブームが去ったデフォルメとして「こげぱん」化があります。
頭はパワ体のようにかなり大きく、身体の方が小さいので実際に目視で計った限りでは1.5頭身といったところですが、何よりその特徴は、
「白目で、縦棒のような鼻と横棒のような口は常に変化しない(要は無表情)」
「点目で表情が豊か」
という2パターンの顔があることです。それぞれ「こげぱん化」「キレイパン化」と区別されることもあれば、こげ風とひとくくりされることもあります。
一時期同人界を席巻した「こげぱん化」ものの同人誌は現在入手がほぼ困難ですが、pixivでの連載では、不定期ではありますが「アイドルマスター」シリーズと合わせた「こげどる」が存在し、これは現在も閲覧可能です。
私も最近の複数枚投稿で、艦これの村雨と山風をこげ風に描いたものをこっそり入れておきました。山風のその投げやりな性格がどことなくこげぱんくさいという発想から生まれたもので、山風の方が白目をむいています(村雨はキレイパン風)。

そうそう、こげたからといって無神経に捨ててしまうとバチが当たりますよ(笑)
line

まずは2編成!!日比谷線13000系

東京メトロが、2号線(日比谷線)の4ドア統一のため導入する13000系が、すでに2編成まで南千住検車区に搬入→試運転が行われていることが明らかになりました。
03系の1次車(03-101Fと03-102F)をまずはこれらで置き換えるものと考えられます。

4ドアであるため、現在は途絶えている東急東横線への乗り入れを見越し、こちらでの試運転も実施されているとのことですが、7両編成であることも考えると平日朝方・夕方ラッシュ時のみは相互乗り入れが行われない可能性もあります。また同系列に対応した東横線の車両もすでにないのですが、7連化が決定した大井町線の急行で使用されている6000系を増備してこれに充当するのが現実的です。
line

323系試運転を観る

大阪環状線へ投入されるJR西日本323系。すでに数本が搬入されているとの情報もありますが、来月24日の営業運転開始を控え、試運転が続けられています。
動く323系は私はこれまで見たことがありませんでしたが、今晩、大阪よりJR京都線の普通で戻る途中、吹田駅付近で、下り貨物線を走行する車両が、夕暮れ過ぎのためか編成番号そのものは不明ながらも、白色LEDとオレンジ帯、1両だけ異なる照明(通常、蛍光色であるところが当該車両のみ昼光色)、また別の1両の1ヶ所だけやたら広い扉から、明らかに同系列のそれであると確認できました。

いよいよこれから2年かけて森ノ宮配属の103系と201系を置き換えていくことになり、201系は奈良への転属が濃厚ですが、103系はほかに転用先もないのでそのまま引退ということになりそうです(前々回の奈良線の記事も参照)。
line

胸開きタートルネック、DDサイズに

一昨年冬から昨年春にかけて世間をにぎわせた「胸開きタートルネック」。
これのDDサイズが先月、DOLK大阪店で販売されていたのを見かけたので入手しました。


L胸向けとして作られているのですが、谷間が見えるところをグイと上に引っ張るとへそが露出し、かといって、へそを隠すために下に引っ張ると今度はバストが露出してしまいます。


L寄せ胸の志摩子に着せたときには特に気を遣いました。



商品そのものはすでに完売となりましたが、再入荷されましたらぜひ探してみてくださいまし・・・
line

環境省を怒らせた!?奈良支所103系

大阪環状線への323系導入、阪和線への225系5100番台導入にともない、捻出が予想されている森ノ宮配属の201系と、日根野配属の205系。その転属先は、奈良支所が濃厚になりそうです。
そもそもの発端は、奈良線のうち既存の複線区間とは別に、JR藤森(京都市伏見区)~山城多賀(京都府綴喜郡井手町)の間における3つの単線区間を複線化するにあたり、現在運行中の103系車両が、環境省より「騒音の少ない車両への代替を求める」つまり簡潔に言えば「うるさい」と名指しで非難されたことです。JR西日本は奈良支所配属の車両に関して、代替計画を一切立てておらず、これが環境省の怒りに触れたと解釈することもできますが、その103系の代替として有力視されているのが前述の201系と205系ということになります。201系はすでに大和路線でも使用されており、また205系は4連がそのまま奈良線でも使用可能ですが、後者のみを下回りを323系とほぼ同一のものに置き換えた上で転用、もしくは最初から225系の導入に方針転換するとも考えられます。
ともあれ、環境省に名指しで「代替を要求する」と非難されたことで、奈良支所103系の置き換えが一段と進むのは確実といえましょう。

また個人的な要望ですが、大和路線はさておき、奈良線でもし3扉車に統一するのであれば、いっそ全面ワンマン化に踏み切るというのもよさそうです。最大6連までで、なおかつ優等列車の運行もないので、都市型ワンマン運転には向いています。並行する京阪宇治線がまさにその通りです。
line

バタデンの本気!!来週20日は終日運賃無料

JR後藤総合車両所で建造された、86年ぶりの自社オリジナル車両・デハ7000型の運行開始を控えた一畑電気鉄道が、来週20日の終日、全区間で運賃を無料にすると発表しました。

http://www.ichibata.co.jp/railway/newsrelease/2016/11/post-54.html

ちなみにそれ以前の自社オリジナル車両といえば、電化された際に導入されたデハ1型とデハ10-クハ110、その2扉版にあたるデハ20型、荷物室を持つデハニ50型のみで、それ以降は国鉄払下げ車のデハ30型、もと西武のデハ60・デハ63-クハ163・デハ70-クハ170・デハ80-クハ180、もと南海のデハ3000-クハ3010、もと京王のデハ2100-クハ2110・デハ5000-クハ5100が続きました。現在は上記のうちデハニ50型と、2編成のデハ5000-クハ5100が残るのみで(前者は車籍なし)、主力は東急池上・多摩川線で使用されていたVVVFインバータ制御車両のデハ1000-クハ1100です。
JR西日本の米子支社管内は伯備線で使用される車両群がすべて国鉄型、隣の広島支社も芸備線のキハ40系列の代替計画がいまだ白紙であることを考えると、バタデンの本気ぶりがうかがえます。
line

なにわ筋線は南海第1種、JR第2種で共同管理すべき

※この記事のカテゴリはJRグループにしました

大阪市の主に西区を通るなにわ筋。この地下を走らせるなにわ筋線は、30年前から構想があり、JR関西線(大和路線)JR難波駅および、南海汐見橋線(古くは高野線の一部)汐見橋駅から、新大阪駅への路線という形でほぼ確定しつつあるものの、前進していませんでした。
しかしながら東京五輪が迫り、また訪日外国人の数がかなり増えたことに加え、先月には、新大阪~西九条間の梅田貨物線の複線化とセットで、大阪駅北側のグランフロント(旧梅田貨物駅跡)の地下に設けられる梅田新駅が遅ればせながら着工し、この計画が来年度内の合意に向けて動き出しています。

http://www.sankei.com/west/news/161031/wst1610310101-n1.html

その運行形態としてはJR・南海の共同運行の可能性があり、時間短縮を図るため「はるか」号が南海空港線へ乗り入れるとの話すらあります。「はるか」号が走る阪和線は、戦前に阪和電鉄として開業し、一時は南海山手線となったものの南海が戦時統合で近鉄の一部となった際に山手線は鉄道省に買収され、国鉄→JR西日本の路線になりました。南海とはレールの幅も同じ1067mmであるばかりか、空港線もJRと南海、両者の車両が走行するということもあり、理論上「はるか」号が南海の線路上を走ることは不可能ではありません(保安機器類は両者対応にデュアル化する必要がありますが)。その場合の運行系統はおそらく、京都~新大阪~汐見橋~関西空港となるのでしょう。
また別会社に建設させるのではなく両者が共同で建設し、路線の管理について、一方を第1種、他方を第2種鉄道事業者として、南海を前者とする方がより早く採算ベースに乗ると思われます。そうするとJR東西線のように、加算運賃なしでも十分採算に乗せられるはずです。

本来であればさっさと合意して今年度中に着工にこぎつけるべきであるのは言うまでもありませんが(ぉ
line

ポールダンサーを描く

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

一昨日のkmk詣でに続きまして、本日は、おそらく年内最後の参加になりそうな南森町のアトリエでの固定ポーズ回です。
8時に家を出たのですが、いかんせん早く着きすぎたので会場入りを10時にすべく、天満橋駅から歩いて遠回りしながら現地を目指しました。ここ1か月体調がすぐれないので、普段のような早歩きはできませんが。


人物を優先するあまり、背景はかなりアバウトになってしまいましたが、一応カーテンのつもりです。
背景の黒い線が薄まっている部分は、筆ペンで引いた線を水筆で伸ばしたもので、紙を冒す(破れやすくしてしまう)恐れがあるため、乾かす→より太い線を引く→水筆で広げる→乾かす→今度は厚めに線を引く→水筆で広げる→乾かす、という手法によりました。また人物の背後に黒い線を引く、もしくは背後を塗ることは、あらかじめ肌のパステルを使う前に行うようにしないと高い確率で滲んでしまいます。
その他、家に帰ってからマニキュアなど細部を塗って、仕上げました。

ちなみに担当のモデルは、聞けばポールダンサーとのこと。
いつもが「動」なら、こちらでは対照的な「静」の座りポーズです。
line

4日のkmk詣でにて

※画像の転載は担当モデルご本人に限らせていただきます

一昨日はkmkのクロッキー会です。
ここ最近のkmk詣では夜に集中しており、帰宅すると早くて22時となるのですが、その分収穫はあると感じます。

全14ポーズの中から、清書したのは5番目の6分ポーズです;


ちなみにこのモデルの髪型を観て私が真っ先に思いついたのは、艦これの黒潮だったりします(笑)


また本日も別のアトリエにおじゃましましたが、そちらの記事は別建てにしました。
line

「僕は泣いちっち」はこう解釈してみよう

歌謡曲に、「僕は泣いちっち」というナンバーがあります。
1959年の発表で、「恋人が東京へ出てしまい、では自分も、・・・」という流れになる歌詞であり、時期を考えると、人口が都市部へと徐々に集中が進んだ辺りなので地方圏の話と考える御仁も多いですが、私はむしろ首都圏の中の話と解釈しました。

歌の舞台として、真っ先に頭に浮かんだのは秩父地方です。
2番で「お祭りばやしはいやだよ」、3番で「上りの急行の汽笛が鳴っちっち」という歌詞があり、当方の解釈ではお祭りとは秩父の夜祭、上りの急行は三峰口から熊谷へ向かう秩父鉄道のそれ(現在も急行料金を徴収する貴重な存在です)と判断したためです。その当時の秩父地方の人々は西武秩父線が未開業だったこともあり、寄居で東上線もしくは、熊谷で高崎線に乗り換えて都内に出ていたので、歌詞の最後に「早く行こうあの子の住んでる東京へ」とあるように、西武秩父線の開通による都心への時間短縮は地元の悲願でもありました。「僕は泣いちっち」の発表が1959年、西武秩父線開通がその10年後であることに照らすとつじつまが合うと思われます。

ほかにもオリジナルの歌手が千葉県出身であるためか、房総半島が舞台であるとも解釈できますが、私の脳内では秩父地方で定着しています。


ところで「僕は泣いちっち」の時代、1950年代後半の学校教育は「地方を捨てて都市へ出ること」を無理強いするようなもので、国は「粗食、また労働は過酷で、病気にかかりやすい」と地方圏を見下す風潮を教育機関に徹底させ、地方圏の誇り、働く場所を奪っていきました。国は言わずもがな、教育機関もその加害者となったのです。それから一貫して地方圏は疲弊が続いていますが、60年経過した今は、むしろ都市部の方が労働が過酷で、給料はそれほど上がらず、過労死が多発したり、食費を切りつめた結果栄養が不足して病気がちになったりするケースが目立ちます。高度成長期に労働力確保の観点から都市部に人口を集中させすぎたひずみが、この形で出てしまったとみなせます。ところが政官学のトップが全体に上記の洗脳教育を受けた世代で、(底なしの思考停止に陥った)四角い頭であることを考えるとある意味当然でしょうが、政官学・産業界ともにこの現状を一切反省していないし、そのカケラもすでにないのです。こんな連中にこそ「僕は泣いちっち」を聴いて、猛省してもらいたいものですね。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line