昼間の都島~文の里間はなぜか減便に・・・谷町線ダイヤ改定

大阪市交通局では3月25日、谷町線において21年ぶりのダイヤ改定を実施します。
http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h28_all/20170222_r2dia_henko.html
特に変更が顕著なのが昼間時間帯で、現状では大日~八尾南の通し運転と都島~文の里の区間運転がそれぞれ10分間隔であるのを、後者を廃止して前者を7~8分間隔に増強するため、両端部は増便、中間部では2/3に大幅減便されることになりました。
ある意味改悪と受け取られかねないので、平日はまだしも、土休日ダイヤはせめて6分間隔にする方がマシなように感じられます。

都島駅と文の里駅が、もし2面4線の緩急接続可能な駅だったら、区間運転がなくなる穴埋めとして、15分間隔で急行を設定できる・・・というのは考えすぎでしょうか?
line

前回も17日、今回も17日

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

17日は、今年初めてのkmkクロッキー会でした。
夜のクロッキー会ということもあり、梅田の阪急百貨店で早めの夕食を済ませ、扇町の現地までは徒歩15分程度です。

この日担当のモデルは一昨年8月17日、同じkmkの昼クロッキーでも描かせていただいたことがある長身の方。よくよく考えたら前回(初顔合わせ)も、2回目にあたる今回も時間が異なるものの同じ17日に当たりました。前回は終了後ににわか雨、今回は開始前に一時雨だったので、雨とも縁があります。
10分×2→7・7・6分→5分×4→5・5・4・3・3分の全14回あるポーズで、私が最も気に入ったのが、以下の10番目のポーズでした;
5分
清書するに当たり、前髪は私のこだわりもあって、眉が隠れるくらいに伸ばしています。髪はブリックベージュとミッドグレイを使用。

ちなみに翌日も京都市内で、こちらは昼にクロッキー会に参加しましたが、そちらは清書対象となるポーズの選定があまりに難しすぎたため、やむなく清書を取りやめました。
line

着物の柄が艦これの藤波の実装と時期的に一致

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

12日のクロッキー会にて;

この日はセミヌードで10分×8・20分×2でしたが、今回はその中から4番目(10分)のポーズを清書に用いました。
担当のモデルと当たるのは今回で6回目で、前半着用していた着物が、臙脂色にノダフジの柄だったのですが、ちょうど艦これで藤波が実装されたばかりなので「艦これの藤波を強烈に意識したか?」と勘繰ってしまったのは言うまでもありません(笑)。もしかして提督?
line

11日の人物画勉強会にて

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

昨日夜、京都市内某所での人物画勉強会における拙稿をば;

今回のモデルと当たるのは通算で4回目で、黒もしくは赤のブラ・ショーツがキャミソールで隠されている辺りは「秘すれば花、秘せざるは花ならざりけり」という古語にもつながるものがありましょう。
背景も、壁が木目であるため手持ちの茶系の筆ペンを駆使し、オレンジも混ぜてこれを(ある程度まで、ですが)表現してみました。実はこの背景があることが今回の肝なのです。

この人物画勉強会は時間の都合もあって、なかなか参加しづらいのですが、3か月に1度のスパンで参加できればと思っています。
line

1か月半、クロッキー会を休んでいましたが・・・

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

一昨日は、実に1か月半ぶりのクロッキー会でした。
先月中は大雪などの影響もあり、すでに参加できる状況になかったため、気が付くと1月が終わっていたという印象です。

そんな今年初めてのクロッキー会では、いきなり海外のモデルと当たりました。
気さくな方で、休憩時間には自ら、描き手(参加者)それぞれのクロッキーを拝見に訪れたりと、コミュニケーションを特に大事にしているという印象を受けましたが、これが実は、美術モデルにとって一番大事なことなのかもしれません。

今回のテーマは「全身・上半身問わず30ポーズすべてを描くこと」。
これまで1年半の間、毎回1~2分ポーズはいくつか省略していたので、これを克服するのが目的です。一応、これらすべてのポーズを何とか描けましたが、清書対象の2ポーズのうち1点で、清書の際に足のサイズが左右非対称になってしまったのが今回唯一にして最大の反省点です。

5分 1分
左が5分(5番目)、右が1分(21番目)です。

今月どれだけクロッキー会に参加できるかは未知数ですが、極力参加したいですね。
line

モハ50型を本格的に置き換えか/伊予鉄道モハ5000型

伊予鉄道が運営する路面電車・松山市内線では今年9月の運用開始をめざし、新型LRV・モハ5000型の導入を決定しました。
http://www.iyotetsu.co.jp/topics/press/2017/0125_r1lt.pdf
制約の多い線形の都合上、連接車ではなく、モハ2100型と同様の単車ですが、前面が2100型の平妻に対して、流線型になっているのが特徴です。
今後、本形式により古参のモハ50型の本格的な置き換えが進められるものと考えられますが、大量導入となれば50型が一気に全廃される可能性も出てきました。合わせて、もと京都市電のモハ2000型の動向も注視されます。
line

深草駅ホーム延伸工事本格化?

昨日朝に確認したことなのですが、京阪深草駅のホーム延伸工事で、延伸される20m分の土台が組まれていました。
ここは旧跨線橋を撤去したあと、まるで動きがなかったため、どうやら延伸工事が本格的に始まった模様です。
以前にもお話したとおり、完成するとホームは8両編成対応となり、急行、および現在未設定ながらも方向幕には存在する通勤急行が停車することが考えられ、その場合、特急や快速特急・快速急行の通過待ちを急行がおこなえるようになります。ただし来月25日のダイヤ改定とは無関係で、この深草駅ホーム延伸についても一切触れられていません。

そういえば次のダイヤ改定で快速特急がすべて3000N系で運行されることになりましたが、途中、七条と京橋の間は無停車であるだけでなく、途中でトイレに行きたくなってしまっても車内にトイレがないので、拘束される約30分間はなすすべもありません。私のように途中で便意を催すことが多い体質の者には無理です(涙)
line

特急「きりふり」は東武日光発着のみに戻ることに

東武鉄道は本線(スカイツリーライン)系統と野田線(アーバンパークライン)のダイヤ改定を4月21日に実施します。
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/b71449315c885fe96933bd12d8f48b8a/170118_1.pdf
上記のリンクでは特急のみの発表ですが、このダイヤ改定での目玉といえば、何といっても「リバティけごん」「リバティきぬ」「リバティ会津」「リバティりょうもう」「スカイツリーライナー」「アーバンパークライナー」の運行開始でしょう。
このうち、野田線初の定期特急となるアーバンパークライナーは夕方以降に、浅草~大宮、浅草~野田市(春日部~野田市の間は逆編成)、大宮→運河の3系統で運行され、特急料金の設定の都合上、浅草発着の便は浅草~春日部、大宮→運河の便は大宮→春日部それぞれの間のみ特急としての運行ですが、通勤ライナー的役割を果たすものと考えられ、大宮→運河系統はJR東日本の流儀で言うなら、大宮→春日部(途中無停車)の特急と、春日部→運河の普通とをつなげたイメージです。ただし、これらアーバンパークライナーは全便土休日運休です。
スカイツリーライナーは上記のうち浅草~春日部のみを運行する列車で、朝方上り2便、夜間下り5便(2便は土休日のみ運転)が設定され、従来の「きりふり」号のうち春日部もしくは南栗橋までの便を置き換える形となりました。したがって「きりふり」号は土休日のみ運転される東武日光発着の便(この列車名は霧降高原に由来しているため、本来の姿に戻るといえますが)のみとなります。
蛇足ですが、「きりふり」号と「しもつけ」号、冬季限定で設定されている「ゆのさと」号は午後割・夜割特急料金が適用される特急で、ダイヤ改定のあとも300系列での運行となります。
line

「大昔」の5MBのHDD

tumblrより、1955~6年当時の5MBハードディスク;
http://68.media.tumblr.com/efec50f5528a80a311a5d4597d978976/tumblr_ojt5nlt8vj1vaagnro1_500.png

当時のHDDはタンスそのもののサイズで、それこそトラックでないと運ぶことすらままならないほどでした。サイズがサイズだけにHDDというよりは今でいうオフィスコンピュータ同然と言えますが(ぉ
それがブラウン管テレビのサイズ、さらにはA4バインダーのサイズを経て、今では¥100ライター1個分(外部メモリの場合)にまで小さくなっていることを考えると、科学技術の進歩のありがたみを感じさせますね。
line

こみっく☆トレジャー29出展しました

本日、こみっく☆トレジャー29に出展しました。

大阪市内は晴天に恵まれていましたが、問題は外出時の京都市内。

これ何て豪雪地帯?

というレベルの積雪です。
当初の予定では2時間早く起きてJR京都線・・・だったのですが、目が覚めたのはすでに午前8時であり、三条駅8時41分発の京阪特急を使ったものの、行きによる遅延もあり、会場のインテックス大阪までは片道2時間以上。JR京都線はさらに遅れていたものと思われ、寝坊が不幸中の幸いだったといえますね(ぉ

今回は持参総数を極度に減らしたため、冊子は完売となりました。
でも色紙は全体に見向きされず・・・南無。

今後、艦これオンリーに出展する日につきましては追ってお伝えします。
line

来月から9月までの暫定ダイヤですが

京阪電気鉄道は今朝、8000系に連結するサロ8650型(仮)プレミアムカーの導入を今年9月とするとともに、来月25日から、今年9月のプレミアムカー導入までの暫定ダイヤも、合わせて発表しました。
https://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2017-01-13_daiya.pdf

暫定とはいえ、この暫定ダイヤでは以下の点が目につきます;
・特急のうち、8000系による運用がすべて7連に
・平日夕方の上り快速急行が現在、中之島→樟葉であるものをすべて淀屋橋→樟葉に改め、逆に準急が中之島発に差し替えられる
・それまで土休日のみだった快速特急が平日にも2往復設定される
・快速特急運行時間帯に淀屋橋~出町柳を走破する急行が追加される

蛇足ですが、深草駅のホーム延長工事は着工してからかなり日がたつものの、いまだに延伸対象部分に手が付けられていません。旧跨線橋は撤去されたのですが、本格的な延伸工事はこれからです。ただ9月実施の本ダイヤに間に合うのは確実でしょうけど(ぉ
line

注意!「Sトレイン」に池袋駅からは往復とも乗れない!!

土休日に西武池袋線~東京メトロ13号線(副都心線)~東急東横線、平日に西武池袋線~東京メトロ8号線(有楽町線)を直通運転する座席指定の優等列車「Sトレイン」が、3月25日に運行を開始することになりました。
西武鉄道からの公式リリースによりますと、平日は所沢→豊洲を3本、豊洲→所沢を4本運転し、土休日には、所沢方面→横浜方面を3本、横浜方面→所沢方面を2本運転するのですが、どちらも途中に片方は下車のみ、もう片方が乗車のみというクローズドア制をとり、平日は池袋線の駅のみ・有楽町線の駅のみの利用ができず、土休日も元町中華街~横浜のみ、渋谷~池袋のみの利用ができなくなっています。特に副都心線池袋駅からは、所沢方面へも横浜方面へも乗車できない(下車は可)のが最大の特徴で、これはレッドアローとの差別化を図ったものです。なお、豊洲駅では2番線に到着し、3番線より発車します。
line

あけおめ

kc0117-1.jpg
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60679255

酉年なので「はやぶさ」型ミサイル艇とP-3哨戒機、SH-60Kヘリコプタと、艦これの愛宕によるイージス艦「あたご」もセットに・・・

今年もpixivには相変わらず自衛艦これ中心の投稿となりますが本ブログとpixivをよろしくお願いしますm(_ _)m
line

強風で湖西線が止まれば影響は博多方面にまで広がる

江若鉄道を実質国有化し(バス部門は現在も江若交通として現存)、高架複線の路線として1978年に再開業させた湖西線では、以前から比良おろしの影響を受けやすく、頻繁に特急列車も含めた遅延、抑止があります。
この影響を減らすべく、現在も防風柵の設置を進めていますが、あまりに遅すぎるだけでなく効果は限定的で、夕方に遅延、もしくは抑止があると日付が変わるまで運転が再開されないことが多々あり、今夜は私もこの影響をモロに受けてしまいました。

富山市に眠る母方の祖母の墓参りから帰る途中のこと。上りサンダーバード号が永原駅で立ち往生し、そればかりか運転打ち切りとなる事態に至りました。ここから、やはり停車中の下りサンダーバード号に乗り換えて敦賀駅に戻り、最終1本前となる上りサンダーバード号に再度乗換を求めるアナウンスがあったのですが、反対側のホームまではエレベータもエスカレータもなく、階段を使わざるを得ないという最悪の状況でした。1駅戻った近江塩津駅だと、琵琶湖線に転線することもでき、同一ホームで反対方向の列車に乗り換えられるだけに、運転司令室サイドの判断ミスが招いた無駄足の無理強いといえます。
結果、予定より3時間半も遅れて京都駅に到着。改札を出たあと、湖西線の運行状況を観て愕然とさせられました。

運転再開は0時予定

いまだに堅田駅と近江今津駅との間で抑止というありさまでした。距離はそれほどでもありませんが、ここが止まっただけで、影響は夕方以降のサンダーバード号全般、そればかりか、新大阪駅で山陽新幹線に乗り換える人々にまでわたり、岡山・広島・博多方面の終電に乗り継げない事態も引き起こしています。湖西線がいかに北陸~山陽間の生命線として必須であるかを、JR西日本の本社が十分理解しているか否か甚だ疑わしいと言わざるを得ず、それ以前に、国鉄時代にすでに構造上の欠陥があったように思えてなりません。札幌市の地下鉄南北線で地上に出る区間が全区間をシェルターで囲っていますが、湖西線も大津市志賀地区~高島市安曇川地区の区間の全域で、これに準じたことを国鉄時代にしておくべきでした。
line

今年最後なのでダブルヘッダー(2)

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

昨日のダブルヘッダーの記事の続きです。
午後は主催者様から「スーパーモデルが来る」と告知があり、最初は残らない予定でいた午後の部も、続けて参加することにしたのですが、この決断は正解でした。

1分と2分
午後担当のモデルは、これまでに2度描かせていただいたことがありますが、個人的に言わせていただくなら「日本画にも西洋画にも出てきそうなイメージ」の方です。
今回は複数を清書にして、特に難関の2分以下のポーズの中から合計で4ポーズまで清書ができるように、2分ポーズまではすべて描ききりました。
1分ポーズはさすがに、清書に用いた1点のみ(上画像向かって左)でしたが・・・

2分のみ


そして5番目の清書対象がこちら;
5分
髪は実際にはまとめていたポーズも含めすべて下ろし、目はバイオレット+ディープバイオレットにしています。


このモデルさんの魅力によるものか、はたまた立地条件のよさがなせる業か、午後の部の参加者総数は私も含めて実に43人で、立錐の余地もないくらいでした(^ ^)


来年のクロッキー会始めは・・・いつのことになるやら(笑)
line

今年最後なのでダブルヘッダー(1)

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

先週に続いて本日も南森町の例のアトリエまで行ってきました。
まずは午前中のロングポーズ。


今回は最初に決めるポーズ3つがすべて座りポーズでしたが、ポーズをとるモデルご本人様にとっては最も難度が高いポーズに決まりました。どちらかといえばヴェテランの域に入る方ではあるものの、実際、1回目はポーズに難渋する様子がうかがえたくらいです。しかしそこはヴェテラン、2回目からは締まったポージングを見せてくださいます。

難しかったのが陰影。私が座っていた場所はちょうど真正面で、向かって左下から光が当たっていたため、モデルの左半身を中心に影がかかっていたのですが、あまり暗くしてしまうのもいけないと考え、ライトグレイではなく、ウォームグレイを使っています。

さてタイトルにもある通り、本日はダブルヘッダーになりました。
はじめ午後の部には参加しないことになっていましたが、主催者様いわく「スーパーモデル」がお越しだと聴いて残ることを決めました。その「スーパーモデル」とは・・・?

続きはまた。
line

北陸新幹線「小浜ルート」方針固まる

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H6U_X01C16A2MM8000/

・・・だそうです。
このルートだと、敦賀~小浜~(京都府南丹市)~京都~新大阪、となるのですが、京都~新大阪は東海道新幹線との複々線という手もあります。
もうこれにさっさと決めて、さっさと着工して突貫工事で開業させるべきです。
2031年着工・2046年開業はあまりにも遅すぎます。
line

ライティングによる陰影はしっかりと

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

11日、ロングポーズを描くべく南森町のアトリエまで行ってきました。
ここ1か月はクロッキーより固定ポーズに集中したいと決めているため、年内はクロッキーはお休みにしています。


今回も特にライティングによる陰影をしっかりつけるように努め、またアンダーヘアを最後に塗るため、線画の際にその分の線をあえてひかないでおきました。
ちなみに当日のモデルとは何気に初顔合わせです。

年内もう1度行けるかな・・・?
line

Suicaが長野県に本格上陸

中央本線のJR東日本管轄区間と篠ノ井線の松本~塩尻の相互間(中央東線)は、現在は東京~韮崎の各駅と、小淵沢以遠の特急「あずさ」号停車駅のみSuica対応駅となっていますが、来年4月からそのSuica対応駅が辰野支線を除く全区間に拡大されることになりました。
これにともない東京~(みどり湖)~松本の全駅がSuica対応となり、全国共通ICカードが長野県に本格進出します。

どうせならアルピコ交通上高地線も対応させればよいのですがね(ぉ
line

4回目にしてようやく形になった

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

3日夜は京都市内某所での人物画勉強会に参加してきました。
今回のテーマは特にないものの、肌の陰影を一段とリアル寄りにすることを目指しました。

今回のモデルは4月17日に描かせていただいて以来久々、通算では4度目の方です。

陰影は複数のパステルを重ね塗りし、濃いものではこげ茶までを使ったほか、髪はオレンジ系、茶系の筆ペンを組み合わせました。
これまで4回描かせていただいた中で、もっとも形になったように思えます。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line