1か月半、クロッキー会を休んでいましたが・・・

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

一昨日は、実に1か月半ぶりのクロッキー会でした。
先月中は大雪などの影響もあり、すでに参加できる状況になかったため、気が付くと1月が終わっていたという印象です。

そんな今年初めてのクロッキー会では、いきなり海外のモデルと当たりました。
気さくな方で、休憩時間には自ら、描き手(参加者)それぞれのクロッキーを拝見に訪れたりと、コミュニケーションを特に大事にしているという印象を受けましたが、これが実は、美術モデルにとって一番大事なことなのかもしれません。

今回のテーマは「全身・上半身問わず30ポーズすべてを描くこと」。
これまで1年半の間、毎回1~2分ポーズはいくつか省略していたので、これを克服するのが目的です。一応、これらすべてのポーズを何とか描けましたが、清書対象の2ポーズのうち1点で、清書の際に足のサイズが左右非対称になってしまったのが今回唯一にして最大の反省点です。

5分 1分
左が5分(5番目)、右が1分(21番目)です。

今月どれだけクロッキー会に参加できるかは未知数ですが、極力参加したいですね。
line

あけおめ

kc0117-1.jpg
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60679255

酉年なので「はやぶさ」型ミサイル艇とP-3哨戒機、SH-60Kヘリコプタと、艦これの愛宕によるイージス艦「あたご」もセットに・・・

今年もpixivには相変わらず自衛艦これ中心の投稿となりますが本ブログとpixivをよろしくお願いしますm(_ _)m
line

今年最後なのでダブルヘッダー(2)

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

昨日のダブルヘッダーの記事の続きです。
午後は主催者様から「スーパーモデルが来る」と告知があり、最初は残らない予定でいた午後の部も、続けて参加することにしたのですが、この決断は正解でした。

1分と2分
午後担当のモデルは、これまでに2度描かせていただいたことがありますが、個人的に言わせていただくなら「日本画にも西洋画にも出てきそうなイメージ」の方です。
今回は複数を清書にして、特に難関の2分以下のポーズの中から合計で4ポーズまで清書ができるように、2分ポーズまではすべて描ききりました。
1分ポーズはさすがに、清書に用いた1点のみ(上画像向かって左)でしたが・・・

2分のみ


そして5番目の清書対象がこちら;
5分
髪は実際にはまとめていたポーズも含めすべて下ろし、目はバイオレット+ディープバイオレットにしています。


このモデルさんの魅力によるものか、はたまた立地条件のよさがなせる業か、午後の部の参加者総数は私も含めて実に43人で、立錐の余地もないくらいでした(^ ^)


来年のクロッキー会始めは・・・いつのことになるやら(笑)
line

今年最後なのでダブルヘッダー(1)

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

先週に続いて本日も南森町の例のアトリエまで行ってきました。
まずは午前中のロングポーズ。


今回は最初に決めるポーズ3つがすべて座りポーズでしたが、ポーズをとるモデルご本人様にとっては最も難度が高いポーズに決まりました。どちらかといえばヴェテランの域に入る方ではあるものの、実際、1回目はポーズに難渋する様子がうかがえたくらいです。しかしそこはヴェテラン、2回目からは締まったポージングを見せてくださいます。

難しかったのが陰影。私が座っていた場所はちょうど真正面で、向かって左下から光が当たっていたため、モデルの左半身を中心に影がかかっていたのですが、あまり暗くしてしまうのもいけないと考え、ライトグレイではなく、ウォームグレイを使っています。

さてタイトルにもある通り、本日はダブルヘッダーになりました。
はじめ午後の部には参加しないことになっていましたが、主催者様いわく「スーパーモデル」がお越しだと聴いて残ることを決めました。その「スーパーモデル」とは・・・?

続きはまた。
line

ライティングによる陰影はしっかりと

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

11日、ロングポーズを描くべく南森町のアトリエまで行ってきました。
ここ1か月はクロッキーより固定ポーズに集中したいと決めているため、年内はクロッキーはお休みにしています。


今回も特にライティングによる陰影をしっかりつけるように努め、またアンダーヘアを最後に塗るため、線画の際にその分の線をあえてひかないでおきました。
ちなみに当日のモデルとは何気に初顔合わせです。

年内もう1度行けるかな・・・?
line

4回目にしてようやく形になった

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

3日夜は京都市内某所での人物画勉強会に参加してきました。
今回のテーマは特にないものの、肌の陰影を一段とリアル寄りにすることを目指しました。

今回のモデルは4月17日に描かせていただいて以来久々、通算では4度目の方です。

陰影は複数のパステルを重ね塗りし、濃いものではこげ茶までを使ったほか、髪はオレンジ系、茶系の筆ペンを組み合わせました。
これまで4回描かせていただいた中で、もっとも形になったように思えます。
line

「パワ体」「にょろーん化」もいいけど「こげぱん化」もぜひ!

pixivにおいて、さまざまな作品のキャラクタをデフォルメする手段として「実況パワフルプロ野球」風アレンジの「パワ体」、「にょろーんちゅるやさん」風アレンジの「にょろーん化」があります。
パワ体:「足と胴体とが浮上式リニアモーターカーよろしく離れ、頭がでかく手首が球体、かつ顔は目だけ」
にょろーん化:「点目だが眉はあり、手は時折指のようなものがはっきり描かれることもある程度」
といった具合で、ニコニコ動画なども含めると、にょろーん化ではシリーズ化されている作品が目立たないものの、パワ体では艦これと合わせた「カンコレクンポケット」が有名です。

他方、2000年代前半から続いたものの、いつしかブームが去ったデフォルメとして「こげぱん」化があります。
頭はパワ体のようにかなり大きく、身体の方が小さいので実際に目視で計った限りでは1.5頭身といったところですが、何よりその特徴は、
「白目で、縦棒のような鼻と横棒のような口は常に変化しない(要は無表情)」
「点目で表情が豊か」
という2パターンの顔があることです。それぞれ「こげぱん化」「キレイパン化」と区別されることもあれば、こげ風とひとくくりされることもあります。
一時期同人界を席巻した「こげぱん化」ものの同人誌は現在入手がほぼ困難ですが、pixivでの連載では、不定期ではありますが「アイドルマスター」シリーズと合わせた「こげどる」が存在し、これは現在も閲覧可能です。
私も最近の複数枚投稿で、艦これの村雨と山風をこげ風に描いたものをこっそり入れておきました。山風のその投げやりな性格がどことなくこげぱんくさいという発想から生まれたもので、山風の方が白目をむいています(村雨はキレイパン風)。

そうそう、こげたからといって無神経に捨ててしまうとバチが当たりますよ(笑)
line

ポールダンサーを描く

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

一昨日のkmk詣でに続きまして、本日は、おそらく年内最後の参加になりそうな南森町のアトリエでの固定ポーズ回です。
8時に家を出たのですが、いかんせん早く着きすぎたので会場入りを10時にすべく、天満橋駅から歩いて遠回りしながら現地を目指しました。ここ1か月体調がすぐれないので、普段のような早歩きはできませんが。


人物を優先するあまり、背景はかなりアバウトになってしまいましたが、一応カーテンのつもりです。
背景の黒い線が薄まっている部分は、筆ペンで引いた線を水筆で伸ばしたもので、紙を冒す(破れやすくしてしまう)恐れがあるため、乾かす→より太い線を引く→水筆で広げる→乾かす→今度は厚めに線を引く→水筆で広げる→乾かす、という手法によりました。また人物の背後に黒い線を引く、もしくは背後を塗ることは、あらかじめ肌のパステルを使う前に行うようにしないと高い確率で滲んでしまいます。
その他、家に帰ってからマニキュアなど細部を塗って、仕上げました。

ちなみに担当のモデルは、聞けばポールダンサーとのこと。
いつもが「動」なら、こちらでは対照的な「静」の座りポーズです。
line

4日のkmk詣でにて

※画像の転載は担当モデルご本人に限らせていただきます

一昨日はkmkのクロッキー会です。
ここ最近のkmk詣では夜に集中しており、帰宅すると早くて22時となるのですが、その分収穫はあると感じます。

全14ポーズの中から、清書したのは5番目の6分ポーズです;


ちなみにこのモデルの髪型を観て私が真っ先に思いついたのは、艦これの黒潮だったりします(笑)


また本日も別のアトリエにおじゃましましたが、そちらの記事は別建てにしました。
line

月をまたぎましたが・・・

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

先月29日は京都市内某所でクロッキー会に参加しました。kmk詣では複数回予定があるのですが、京都市内に限ると今月は参加できる日がなく、来月も難しいので実質的に年内最終です。


この日担当のモデルとは、昨年のほぼ同時期に別の場所で描かせていただいて以来のご無沙汰です。
清書では、通常は清書に使わないことが多い、顔が横向きとなるポーズに絞り込み、そのうちの5分ポーズ1点を用いました。髪留めの色は失念したのでブリックベージュにしています。また、足許の陰影などは今回は省きました。

ちなみに今回用いたカラー筆ペンは黒系3本、人肌用3本、茶系2本、青系1本と少ない方です。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line