京都市内循環バス参入は頓挫しても・・・MKが打った意外な一手

昨日より、京都駅八条口~(名神高速道路)~立命館大学BKC・大津市田上(たなかみ)というルートの近距離高速バスが運行を開始しました。
その運行事業者は、京都市南区に本社を置くMK観光バスで、以前、京都市中心部にて3ルートの循環バスの運行を画策しながらも、路線が完全に競合するだけでなく、黒字路線に対する新規参入であるためという理由で京都市交通局から圧力を受け(*)、その結果市内部への参入が頓挫してしまい、せっかく購入した車両も京都市に譲渡する羽目になった(市営バス横大路管内路線で使用)といういきさつがありました。今回は、京都市~大津市・滋賀県草津市での運行ということですが、バス停の位置の関係もあり、既存の名神ハイウェイバスとも競合せず、また大津・草津の両市にまたがる帝産湖南交通の既存の並行路線網(瀬田駅~立命館大学正門前~上桐生ほか)とは役割からして異なるため、スムースに運行がはじめられたという話も聞いています。
車両は三菱ふそうエアロエースが用いられ、1日に平日20回・土休日15回を運行し、運賃は片道¥500です。

*/ちなみに「交通局から圧力を受けた」と記載していますが、京都市交通局はその後2006年にも、京都急行バスが中心部の四条河原町にバス停を新設する際、独自のポールを設置しようとしたときに圧力をかけて設置を妨害したといわれています。黒字路線が集中する市内部であるがゆえに、このような事態が引き起こされたものではありますが、新規事業者へは圧力をもって接するというこの横暴さは、公営企業の威厳をかさにきたものであり、今の時代では決して許されるものではありませんが、当時はそれがまだまかり通っていた時代でした。蛇足ですが、わたくしは以上の理由から、現在、京都の市営交通を一切利用していません。特に、地下鉄につきましては京阪電気鉄道への路線移管→運賃の一元化(大津線の賃率を適用?)を強く主張しています。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

関西dollsTrainの代表首藤です。
京都市営地下鉄で最低区間でも230円で
大阪市、神戸市に比べて割高なので
以下の主張が実現すれば京津線も
以前の通し運賃で済むのにと思っております。
>地下鉄につきましては京阪電気鉄道へ
>の路線移管→運賃の一元化(大津線の
>賃率を適用?)を強く主張しています。
大阪市でも過去似たような事例
(大阪トランスポート線の部分が
大阪市営交通局へ移管し
割高な通し運賃が解消されたこと)
がありました。

Re: タイトルなし

> 大阪市でも過去似たような事例
> (大阪トランスポート線の部分が
> 大阪市交通局へ移管し
> 割高な通し運賃が解消されたこと)
> がありました。
まさにご指摘の通りです。大阪市交通局にOTSの運営部門が移管され、中央線とニュートラムの割高な通し運賃が解消されたのが8年前の7月のこと。例の割高な運賃(OTS区間は一乗車¥230でした)はかれこれ9年弱続きました。これが解消されたおかげで、コスモスクエア駅前の宅地開発が進んでいます。
対する京都市は目に見える努力のドの字も認められず「何が何でも公営を守る」という態度が見え透いているようでなりません。ゆえにMKのいかりにふれ「わが社に参入させろ」という事態を1度は引き起こしたのでしょう。
私事ですが伏見区の醍醐寺とかに行くときには京阪バスを利用しています。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line