ヴリトラ唯一の弱点は喉

pixivに、「アマゾネス・3~悪竜ヴリトラの最期」を公開しました。

今回は3作品ぶりの筋肉娘モノとなりましたが、特にヒロインの装備とヴリトラの設定をかなりヒネっています。
(以下、ネタバレを含むのでたたみます)

まずヒロインから。
作中で、両肩のプロテクターがイヌの形をしているのがお判りいただけるかと思いますが、これはギリシア神話に出てくる、2つの頭を持つ魔犬オルトロスをイメージしました。
ギリシア神話最強のドラゴンであるテュポエウスと、「怪物の母」と呼ばれる半人半ヘビの魔女エキドナとの間に、冥界の番犬ケルベロスの実弟として生まれた彼は、ケルベロス同様に尾がヘビになっているほか、たてがみの部分もヘビになっているという特徴がありますが、オルトロスは最終的には巨人ゲリュオネウスともども半神半人の勇者ヘラクレスに撃破されてしまいます。その後エキドナが、オルトロスを打ち取ったヘラクレスを、息子たちの仇敵であるにも拘らず(あるいは、そうと知りながら)半ば強制的に夫にしたことを考えると、何とも皮肉な運命を感じさせる出来事といえましょうか。
さらには、大腿部のプロテクターには梵字があります。これは「キリーク」と読み、千手観世音菩薩や大威徳夜叉明王の種字ですが、設定では大威徳夜叉明王の種字としました。大威徳明王はインド神話における悪鬼神がルーツですが、ほかの夜叉たちともども仏教に帰依したのち、修行の末に明王に上り詰め、五大明王の一員にもなっています。また、やはり夜叉のひとりにして、仏教において八部衆の一員にもなっている鳩槃荼(ぐばんだ)は、仏教では帝釈天の側近になっており、その帝釈天がインド神話においては雷神で、かつ、悪のドラゴン「ヴリトラ」を金剛杵(こんごうしょ/ヴァジュラ)で撃破したと伝えられていることに照らし、「キリーク」の梵字→大威徳明王→夜叉→帝釈天の側近→帝釈天→金剛杵という流れで、作中では、ヒロインに金剛杵をベースとする仏具「独鈷」をモチーフとした武器「独鈷剣」を持たせています。
よって、ヒロインは結果的に、中世ギリシア(その当時は東ローマ帝国領)の歩兵をイメージしたためギリシア神話をモチーフのひとつに取り入れている一方で、インド神話もモチーフに取り込んだ姿となりました。

そしてヴリトラ。
彼はインド神話を代表する敵役で、太陽を隠して大地を冷気に包む、河川をせき止めるなど傍若無人の限りを尽くしていましたが、通常の武器が通じない一方で、喉が唯一の弱点で、最後は帝釈天に喉を金剛杵で貫かれる形で刑死しました。
作中では、「神を滅ぼす者」の手で造られたドラゴン型アンドロイドで、神話同様に喉が弱点となっていますが、作中では、帝釈天の真言により電撃をまとった独鈷剣でヒロインに喉からばっさりと首をはねられ、さらに電撃によりショートして完全に動きを止めてしまうという様子にしました。ヴリトラの首をはねられたところから噴き出た、緑色の血のようなものはオイルですが、つまり動力源は何かしらのエンジンということになるのでしょうね(笑)

なおヴリトラが首をはねられた瞬間を描いたものではありますが、上記の設定もあり特に年齢制限を設けていません。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line