気つけられ!あらぁ悪質メイドカフェやちゃ!

ここ数年、職場の位置の都合もあって日本橋電気街(でんでんタウン)に寄ることが多いのですが、ある日、某コンビニの近くの駐車場で、
「悪質メイドカフェに注意」
という趣旨の、新聞の切り抜きが掲示されていたのを観ました。

(詳細は追記にて)
この記事は、とある全国紙Aに過日に掲載されていたもので、類似の記事が全国紙Bにも一昨日に掲載されていたため、ご存知の方も多かろうと思いますが、風俗店まがいの接客をする「にせメイドカフェ」に対する注意を喚起したものです。わたくしが知る限り6年前から存在しているメイドカフェXでは、今年9月に経営者が労基法違反で捕まるという事件が発生していますが、それ以前から、割引券をちらつかせながら、通常のメイドカフェでは絶対にやらない半ば強引な「客引き」を繰り返し(しかも店名を伏せた上で、です)、また「メイドとおしゃべり30分でン千円」といった、法外な料金をめぐるトラブルが多発しているということです。また同じく客引きを繰り返している別のメイドカフェYは、看板そのものがなく、加えて、「ゲームに負けるとジュースをおごる」という驚くべき料金システムになっていると聞きます。
(ニコニコ動画でもこちらで取り上げられています)
これらは日本橋電気街の「ポンバシマップ」に掲載がないという共通点があり、おそらく地元の商店街振興組合などに非加盟であることが考えられます。

実際、わたくしも今よりかなり濃いおたくだった5年前、Xに潜入したことがあります。
以前、客引きのメイドもどきに声をかけられたとき、「いずれ寄せていただきます」と約束したことがきっかけで、日を改めて神妙な面持ちで入店、そのときはテーブル料も含め¥1,000程度請求されたのみでしたが、すでにその時点で、後悔先に立たずの格言よろしく「これは長居すると大変なことになる」と感じたのは言うまでもなく、店を出たあとには自らの愚行への猛省の心だけが残っていました。もし30分、あるいは1時間もそこにいれば、さらに高額の料金をもぎ取られるおそれがあったからです。救いは、その日は手持ちの金銭がいつもより余分にあったことと、事前に銭湯で「斎戒」してから行ったことでした。
このことを勤務先の当時の上司に話すと、「(行くのを)自重すべきだった」とだけ言われたのを覚えています。
さらにその店は、ぼったくりの発覚により今でこそ「除名」されましたが、当時は現地の「味マップ」にも堂々と掲載されていました

それから現在、わたくし自身がもはや「萌え」グッズに何ら興味を示さなくなってリア充に等しくなったところへ、これら悪質メイドカフェに関する注意喚起がマスコミで取り上げられるようになったのは、この5年間、被害が続いているという何よりの証左であるといえましょう。規制の網を潜り抜け、泳ぎに泳いでいるこれらにせメイドカフェが、日本橋電気街全体のイメージを貶していることは歴然たる事実です。

皆様、メイドカフェを訪ねる際には、「本物のメイドカフェは決して客引きをしない」ということを頭の中に叩き込んでおきましょう。もし無理やり店に引き込もうとするような行為を働くメイドカフェがあるとしたら、それはまがい物であり、明らかに糾弾さるべき店です。うまい誘いに乗ってはいけません。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line