井笠鉄道よ永遠なれ

岡山県井原市・笠岡市と広島県福山市をメインに路線を持っていた井笠鉄道が、今月1日、中国バスに事実上吸収されていたことが明らかになりました。井笠鉄道としては廃業したことになっていますが、中国バスでは「井笠バスカンパニー(以下、井笠バス)」と称する社内分社の形態で呼ばれていることから、中国バスへの合併とみなして差し支えありません。
この会社は、社名の通り笠岡駅を起点に井原駅までの井笠本線と、2つの支線を運行していた非電化軽便鉄道で、国鉄井原線の建設(実際には井原鉄道として開業)にともない支線が廃止されたあとも、本線は1971年まで運行を続け、その後は自社のバスに転換されました。沿線の人口の関係もあり(福山市の人口の方が井原市・笠岡市・浅口市の総人口を軽く上回る)、最後まで、本社がおかれていた岡山県側よりも広島県側の方が収益性で勝るという特異な環境におかれていたものの、2000年ごろまでは、岡山・天満屋バスセンターから川崎医科大学(倉敷市)、倉敷駅などを経て井原駅にいたる国道2号線経由の特急バスを運行し、のちに川崎医大までに短縮されながらも最近まで運行を続けるなど気を吐いていましたが、両備グループに比べると経営体質は相当悪かったようで、自力再建が不可能になっていたということでした。
そして全路線の大半の運行を、両備グループの一員になった中国バスに移管したことで誕生したのが、井笠鉄道改め、井笠バスということになります。
中国バスによりますと、井笠バスは現在、今年度末までの暫定ダイヤで運行されていますが、来年度からの本ダイヤがもし今より増えることがあったら、そのまま中国バスの路線として引き続き運行される可能性が高いと考えてよいでしょうね。
なお福山市で一般路線を運行する事業者にはほかに、鞆軽便鉄道をルーツに持つトモテツバスがあり、中国バスがカバーしていない南部の路線網を一手に引き受けています。蛇足ですが、中国バスの前身は、やはり1964年まで尾道市を縦貫する電気鉄道を運営していた尾道鉄道です。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line