今度のDollybirdでDDの特集が!!

本日、京都市内のとある大型書店で観たことですが、本日発売(首都圏などは明日)のDollybird vol.15にて、DDスタンダードモデルの片割れ・アオイのリペイント&オーバーメイクの紹介が掲載されていました。
このうちリペイントの方では「よくもあんな見た目ツンケンしたやつを温和にさせられたものだ」と感心させられる内容になっていますが、一からメイクする場合にも参考になる内容です。

実際、DDのヘッド(市販されているもの)は、
・DDH-01:ロリータタイプA。メイクによらず、MDDなど47cm以下の素体に載せると幼く見え、DDやオビツ60などに載せるとロリっ気を持ったハイティーンのイメージに見える。当家ではラ・テミスに使用
・DDH-02:万能タイプA。内気になったり、偉人くさくなったり、押しが強くなったり、・・・と、メイクによる変化が最も大きい。ただしMDDなどには不向き。当家では蓉子に使用
・DDH-03:万能タイプB。メイクによる変化は小幅。基本的に大人体型の素体に載せることを想定したヘッドではあるが、MDDなど少女体型の素体に載せると「おませさん」に映る。当家ではフランドールに使用
・DDH-04:ロリータタイプB。こちらはDDH-01と比べると顔が小さく、大人体型の素体に載せたときにメイクによる変化の幅が広くなる。当家では未使用

というように、4種類すべてで少しずつ趣も異なり、またカスタム次第で人相も変わってしまいます。スタンダードモデルでは、アオイがオーバーメイクなしでは人相が悪く(もしかすると真顔で突飛な言動をするかも知れませんが)、それだけ扱いが難しいのに比べて、ユキノはデフォルトでもオーバーメイクの必要性が薄いため、幅広い層に受け入れられているのではないかと思います。ただ、アオイのヘッドは少年素体に用いても違和感のないメイクだったりしますけどね。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line