大阪の猛禽「日本城バス」

昨日はI-Doll Westに詣でる際、JR阪和線我孫子町駅で下車してから、会場のある堺市北区なかもずまで歩くという強行軍に出ましたが、堺どころかまだ大阪市に位置する我孫子町で下車したのは、実は以前にWikipediaで知った「全国のコミュニティバスの始祖」が御堂筋線あびこ駅から出ており、これを探すためでした。
画像のバスがそれです;





運行しているのは、大阪市住之江区に本社を置く日本城タクシーで、路線バスは、地下鉄あびこ(方向幕では漢字で「我孫子」になっています)~天美西住宅~天美北2丁目の間、1路線4系統のみの存在ですが、1985年にコミュニティバス第1号として運行を開始、現在も沿線の自治体(大阪市と松原市)からの補助金を一切受けずに運行している点が特徴です。
バスは現在、リフト付マイクロバスがローザなど3台、ワンステップバスがいすゞエルガミオ7mの1台、ノンステップバスが日野HR7mの1台、合計5台構成で、取材時は日曜日でしたが、1便辺りの利用客は比較的多く、エリアの一部で重複する大阪市営バスにヒケを取っていません。

見た目はマイクロバスですが・・・

しっかりリフトがあるのが驚きです

始発の地下鉄あびこは、周囲がすべて市営バス(以前は南海バスも乗り入れ実績あり)という特異な環境の中にあって、屋根つきのバス停が特徴で、かなり目立つ存在です。
現在のダイヤは平日・土曜用、休日用の2本立てで、基本的には地下鉄あびこ~ラスパ前・天美西住宅前~天美北2丁目間を通し、平日・土曜の朝方に地下鉄あびこ→ラスパ前、あまみ神社前(日本城バス車庫)→地下鉄あびこ、天美北2丁目→[直行]→地下鉄あびこの3系統が加わる構成です。休日は地下鉄あびこ発7時00分の始発便から、23時00分の最終便まで20分間隔の単純なダイヤですが、平日・土曜は朝晩の運行間隔が5~15分間隔に変わります。
運賃は前払いで、地下鉄あびこからの運賃は、大和川高校前まで100円、ラスパ前まで170円、大和川をまたぐと230円です。

路線は単純ながらも高頻度運転を実施

このように、単純な路線、頻度の高いダイヤが実を結び、今もかなりの利用率を誇る日本城バスですが、もしあえてダメ出しするとなれば、地下鉄あびこから500mしか離れていないJR我孫子町駅、あるいは大阪市立大学最寄のJR杉本町駅への乗り入れを検討すべきであることと、55人乗りの中型車の導入もなされるべきであること、この2点くらいなものでしょうか。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line