I-Doll Vol.29に行ってきました・・・が。

昨日のI-Doll Vol.29を終えて、今晩、東京より戻ってまいりました。
時節柄でしょうか、今回、わたくしが目当てにしていたMSDサイズのスク水があちこちでリリースされていたのが印象的でした。そのうちの1点を購入し、現在、フランドールに着せています。どうせならやつも連れていきたかったのですが、キャリーケースの重量オーバーもさることながら、猛暑もあって黄変のリスクが極めて高く、ラ・テミスだけ連れて行くハメになったのはここだけの話です。

そのラ・テミス、実は行きの高速バスを江田で降りるとき、キャリーケースもろとも置き去りにされかかってしまいました。
今回わたくしは、江田まで青春ドリーム316号を利用しました。これは京都駅を23時50分に発車する週末運転の臨時便です。
このバスは江田には翌朝6時過ぎの到着で、定刻に到着したところまではよかったのですが、ここで唯一にして最悪寸前の事態が起きます。
後ろのトランクルームにキャリーケースを預けた旨がドライバー(通常、三ケ日で交替しています)に通じていなかったのでしょうか、わたくしが降りる際、そのドライバーは、
「後ろに荷物はありますか?」と尋ねもせずに、トランクルームをガン無視し、そのまま終点の東京駅へ向けて出発しようとしていました。

これにはさすがのわたくしも憤慨しました。
ドライバーが運転席に戻る直前に、

「行くんじゃねえ!後ろに荷物あるだ!」

と引きとめたときに漸くドライバーも気づいてくれましたので、今回は未遂で終わりましたが、これでトランクルーム完全無視で去られたとしたら、JRバス関東にクレームをブチまけてやっていました。ええ、本気でです。

第一、1分とか5分とかの遅延どころか、早く着いているはずですよ?
それに、全員が全員、終点まで乗りとおすとは限りません。
それをガン無視してさっさと走り去ろうというのはどうかしていませんか?

まったく、せっかちが過ぎます。
せっかちも度を過ぎると大損するということくらい判れ
というのが正直な意見ですね。


後半、普段のガラの悪さがモロに出た文章になってしまったことをおわびします。
ただ、実話なのでこの辺ご理解をば。
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line