琴平参宮電鉄が破たんした本当の理由

香川県の丸亀市・坂出市・綾歌郡宇多津町・仲多度郡まんのう町を中心に路線を持つ琴参バスは、8年前、経営破たんした琴平参宮電鉄(以下、琴参電鉄バス)の残存路線を引き継いで発足したバス会社です。現在の路線網は、丸亀~琴平、坂出ローカル、まんのう町ローカルの計6路線と丸亀市コミュニティバス5路線、坂出市中心市街地循環バス2路線、高松空港リムジンバスのみで、それも琴参電鉄バス時代末期から、土休日ダイヤに限るとコミュニティバスの方が一般路線より本数が多いという状況が続いています。
そもそも琴参電鉄を破たんに至らしめた最大の原因は、ローカル線に土休日は全面運休もしくは大幅減便となる路線が多いことと、せっかく前後扉の車両を有しておきながら、経年代替の際に、乗り降りに時間のかかる前扉のみのトップドア車にしたこと、稼ぎ頭だった高松線(高松駅~鬼無~国分~坂出~丸亀駅)が、並行していた複線電化のJR予讃線における快速「サンポート」の大増発により打撃を受け、廃止に追い込まれたことで、ローカル線を支えきれなくなったためというのが私の見方です。まだ瀬戸大橋が架橋した直後には予讃線の普通列車もそれほど多くなく、琴参電鉄バス高松線もそれなりににぎわっていたのですが、サンポート高松が2001年に開業するタイミングで、バスも路線の分割(丸亀~坂出、高松西高校~讃岐府中。高松口はことでんバスに移管)を行い、それぞれを増発してJRのフィーダー化に方針転換すべきだったといえます。車両も、現在はノンステップバスの増備により、新車は小型車こそトップドア車があるものの、中型車では前中扉になっていますが、私が2003年4月に琴参電鉄エリアを尋ねたときには丸亀市コミュニティバス用のリエッセを除きトップドアばかりで、何とも無神経極まる状態でした(坂出市循環バスなどはこの当時には未開業です)。このころが、現地どころか香川県全域で路線バスの「冬の時代」だったのではないでしょうか?
この冬の時代を乗り越えて、琴参バスは新企業となって立ち直ったのです。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line