メンソレータムからインターナショナルリミテッドの表記が消えた日

「しまぬいたまぬロート目薬」の時代から100年以上の歴史を持つアイケア商品、「胃活」の時代からこれも100年以上続く胃腸薬とともに、ロート製薬の3本柱(今はOXYも含めた4本柱)の1柱に数えられる、リトルナースのマークでおなじみのメンソレータムブランド。かつて、私が未就学児だった頃のメンソレータムブランドの商品には、
米国メンソレータム
インターナショナルリミテッド
日本ライセンシー

の表記が例外なく記されていましたが、企業ロゴがダブルRに変わってからその表記がなくなり今にいたっています。

それではなぜインターナショナルリミテッドの表記がなくなったのか?


今からさかのぼること28年前、1988年。

1975年にメンソレータムの日本ライセンシーとなったロート製薬に、当のメンソレータム社から、
「子会社にしてほしい」
という申し出があり、この1988年を境にメンソレータムは、同社を買収したロート製薬の海外ブランドになっていきました。このあと平成に入ってすぐ、企業ロゴが、両口式点薬びんによる(改良)ロート目薬のロゴとしてスタートし54年間使われた初代ロゴから、ダブルRによる2代目に変わっており、このあたりでインターナショナルリミテッドの表記が廃止されたものと思われます。メ社買収の時点で、メンソレータムとリトルナースの商標権はロートのものになっており、わざわざインターナショナルリミテッドの表記をする必要がなくなったのだと言えましょう。

そういえば台湾やホンコンで、各種ロート目薬が、リトルナースのマークをつけ、メンソレータム(現地では「曼秀雷敦」。現地語ではマンツォウレイダンと聞こえました)の商品として販売されていますが、これもロート製品の海外ブランドであるためなしうるものなのです。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line