原作と違って方言で話す当家の艦娘・その1(妙高編)

私は現在、pixivへの投稿はほぼ艦これに特化しています。
投稿作品の中心となる艦娘は、海自の現役艦艇に名を留める面々がほとんどですが、飽くまで海自艦娘として描いているので、原作と口調を変えていたり、原作とは異なり方言を話していたりする艦娘も多いです。
このうち後者の中で、妙高が当家では京ことばになっていますが、同じ京ことばで話す艦娘として、作品が異なりますが、名前を継いだイージス艦の2代目「みょうこう」と同じ舞鶴基地所属のイージス艦・3代目「あたご」を擬人化した、「萌え萌え大戦争げんだいばーん」の「あたごさん」の存在を確認しました。
「あたごさん」の外見は艦これでいえば大和辺りに似ますが、艤装の配置はどちらかといえば妙高型くさく、妙高と大和を足して海自で割ったような印象を与えます。
ただ、私が描く妙高の京ことばは「あたごさん」の影響ではなく、設定の都合上なったもので、当家の妙高の設定は以下の通りです;

・とある大学の社会学系学科助教の父と、箏曲演奏家の母とのあいだに、京都市右京区に生まれる
母方の祖母はもと京の五花街のどこかの芸妓で、その置屋をしていた。コテコテの京ことばを話すのはその影響
・幼いころに父親が暗殺され、以後、女手一つで育てられた。父親の死の原因は、出世を強く望んだがゆえに上司のねたみを買ったためとされているが、その被疑者もほどなく事故死したため事件は迷宮入りした
母親のシンガポールでの演奏会に同行した際、戦後マラッカ海峡に沈められた重巡妙高の魂と出会い、その受け皿=艦娘に選ばれる
・その後海自にスカウトされ舞鶴基地配属となり、現在は榛名(→ヘリコプター搭載護衛艦ですでに退役した「はるな」)の跡を継ぎ提督を務める
・柳生流忍法の使い手

他方、愛宕はといえば、

・旧ユーゴスラヴィアより帰化したボスニア人の父と、日露ハーフの母を持つ
・生まれは埼玉県庄和町(現在は春日部市に編入)、しかし生後数年経て一家は京都に移住
・艦娘になったきっかけは、母方の祖父の愛宕信仰(この愛宕とは右京区の愛宕念仏寺をさす)
中1のときに急病で入院、臨死体験をするまでに容体が一時悪化、その臨死体験の際に重巡の2代目の魂から「こんなところへ来るなど最低80年早い」と強く叱責され、これで息を吹き返した。その日こそが先代が沈んだ10月23日
・翌年の10月23日に愛宕念仏寺を訪ね、ここで先代の魂と再会、受け皿になる
・海自へは妙高が直接スカウトした

という、見た目によらずハードな設定になりました。
鳥海や足柄の設定につきましては続きます。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line