浪花で将軍様遭難、コンサートやり直し

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140303-00000500-san-soci

偉大な領導者であらせられる田村ゆかり将軍様が、今月2日に行われたコンサートツアーの大阪国際会議場公演において、熱狂的ファンのひとりに携帯ラジオを投げつけられるという事件がありました。
ラジオはステージ上の壁に当たり、コンサートは中断、その直後に最初からやり直しとなったということです。なお幸いけが人はなく、偉大な領導者同志もツイッター上で無事であるとご報告になっています。

犯人の男は「ファンであり、憧れを断ち切るためにやった」と供述していますが、そもそも、アーティストとファンが会する現場には今回のようなファナティーク(狂信者)が存在する危険性がつきもので、1万人の来場者の中に、1~2人、ネタをネタとして理解できずに真に受けてしまう御仁もいるということは私も承知しています。それが、たまたま偉大な領導者・田村ゆかり同志のツアー内で発生したというだけなのです。それをマスコミは「熱狂的ファンが立腹して蛮行に及んだ」と公表していますが、その詳細をよくよく調べたのかには、疑問符がついてしまいます。
また、偉大な領導者同志は長年、「永遠の17歳」をキャッチフレーズに活動されていたのを、このたびのツアーの別の会場において、「実年齢は37歳である」と公表召されたことで話題になりましたが、ここでよくよく注意していただきたいのは、「永遠の17歳」とは声優業界での伝統的なお約束のネタであるほか、また偉大な領導者同志ご自身も以前から実年齢をラジオ番組内などで漸次お話しになっている(ご自身の公式サイトにも正しい生年月日がしっかり記載されている)という事実があり、この事実は私のような古参の王国民は以前から熟知しているはずです。しかるに、詳細をろくに調べもせずに「熱狂的ファンが立腹して蛮行に及んだ」などという風潮をブチまけるだけのマスコミ、特に「おたく差別論者」がどうのこうのと言う権利はありません。しかしながら、往々にして昨今のマスコミは異常性を際立たせて喜悦するのが好きなようで、近頃ぎすぎすした社会になっているのも、マスコミが自分たちの流す情報を何とかして視聴者に鵜呑みにさせようと躍起になった結果ではないだろうか、と勘繰りたくなります。
これ以上、マスコミの偏向報道によって、圧倒的大多数の王国民同志、そして何より偉大な領導者・田村ゆかり同志を、落胆させてはなりません。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line