4000系への統一が迫る瀬戸線の今

名鉄の飛び地である瀬戸線は、尾張旭検車区に塗装施設がないことから、同線初のVVVFインバータ制御車両かつステンレス車両である4000系への形式統一を、来年度初めに控えていますが、わたくしは運の悪いことに、5年前の、まだツリカケ車6750系が残存していたころを最後に、瀬戸線の取材ができていませんでした。
しかし、一昨日にイベント出展以外の目的では久々に名古屋の地を踏むことになって、ようやく4000系時代に突入した瀬戸線の取材ができるようになりました。


車外の撮影はいずれも栄町駅より2駅尾張瀬戸方に行った、名古屋市東区にある清水駅でのものです。
清水駅は国道41号線を高架で乗り越えたところにある無人駅で、続く尼ケ坂駅と森下(徳川美術館前)駅同様に普通のみ停車し、昼間は15分前後に1度の停車にとどまりますが、混雑平準化のため普通列車しか運行されていない平日朝方ラッシュ時には、地下鉄もかくやの高頻度運転がなされるため「待たずに乗れる」のが特徴です。


この日は朝方のラッシュが一段落してからの撮影になり、残り数本に減った6000系は尾張旭検車区に戻ったためか観ることはかないませんでしたが、それだけ4000系が幅を利かせるようになっていることの表れで、現在14編成まで確認できます。4000系の編成は尾張瀬戸方より、ク4000-モ4050-モ4150-ク4100の順(2枚目の画像は、モ4050とモ4150)で、小田急とは逆に50番台が電動車とされていますが、名鉄の場合、電動車と非電動車の番号区分が系列によりまちまちで、小田急ほど統一されてはいません。
ドアチャイムは、同じ名鉄の車両では3500系(Ⅱ)以後の車両群、他社でいえば東京メトロのゼロシリーズ(01系など)や西武鉄道のここ20年間の車両群などと同じ、D→Aの鳴動順による2点チャイムです。


客案内表示機は、名鉄の一般車では4000系が初採用となった、全扉上に1台が配置されている液晶モニタで、こちらもどちらかといえば首都圏でおなじみの代物です。また自動放送装置がありますが、本線系統の特急系に用いられている2000・2200系とは異なり英語の放送がありません(蛇足ですが、アナウンサはつくばエクスプレスと同じ方です)。


なお、今回の瀬戸線の取材は、旧型車両の掃き溜めだった600V時代、まだ名古屋城の堀に沿って走っていたころの大津町駅跡や「サンチャインカーブ」跡も含まれていますが、これらは後日お伝えします。
スポンサーサイト
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line