重要文化財の最上階で食べるというステータス

東京駅八重洲口から東へ徒歩数分、中央通り沿いに、日本橋高島屋があります。
ここは地上8階・地下2階の高さをもち、戦前に日本生命館として建てられ、1952年に増築が行われていますが、このうち地上6階から下の西側2/5と、地上7~8階の西側1/5が、竣工当初からある部分で、西洋の伝統建築を基本としながらも、日本の社寺建築の要素を組み込んだデザインで人気があり、2009年に、国の重要文化財に指定されました。国内の百貨店建築としては初めてのことです。

その地上8階西側、つまり戦前からある場所に、今年4月4日、それまでは新館4階に置かれていた「特別食堂」が拡張移転しました。
私自身は入ったことがありませんが、特別食堂は、和の部門でうなぎの名店と割烹、洋の部門で帝国ホテル直営のフレンチ、以上の3軒1組で構成され、日本橋や銀座あたりの高級店に比べると当然敷居は低いものの、その高級感たるや、「重要文化財の、さらに最上階で食べる、というステータス」を提供するにふさわしいものがあります。同じ8階と地下2階などにも大衆向けレストラン群はあり、長年金欠だったせいか、私がひとりで日本橋高島屋を尋ねる際はそちらに入るクセがありますが、一度はこの特別食堂というステータスに浴してみたいものです。
(詳細な画像群は→http://twit-e.com/archives/7151547.html
特別食堂を持つ百貨店はほかにもあり、私が確認した限りでは都内だと大丸東京店13階と日本橋三越7階、大阪だとなんば高島屋(高島屋はここが本店です)の9階にありますが、中でも大丸東京店のそれは驚くべきことにドレスコードが存在し、さらに深夜0時まで営業しているところが、一段と特別さを醸し出しています。

重要文化財・日本橋高島屋はメインのエレベータ6台が今も手動運転をおこなっており、カゴはすでに2~3回更新されているものの、金メッキや真鍮、彫刻は引き継がれ、さらに内扉の蛇腹も健在です。この蛇腹を閉じてから、実際にカゴが動くまでに秒単位ながらもタイムラグがあるのも特徴です。これらとは別に、中央南側には自動運転で2~7階を通過する2台、南東側にもやはり自動運転で1~2台のエレベータがありますが、中央南側エレベータはかつて5台もあったことが避難経路図でその痕跡が確認でき、現存する2台を残し、何らかの事情で廃止されたものと思われます。
スポンサーサイト
line

アナログが見直されている?

先週、I-Dollに出展した翌日に東京駅丸の内口に寄り道しました。
このあたりでは、東京駅丸の内駅舎の4階建てへの復元工事が決まったあたりから再開発が行われましたが、その過程で開業した施設のひとつに、丸の内ブリックスクウェアがあります。
ここは丸の内パークタワーの地上4階・地下2階までの低層部にあり、商業部門が入居していますが、ここの肝は、メインのエレベータのインジケータが、何気にアナログになっていることです。

カゴは三菱電機ビルテクノサービス製 観よ!!この威風堂々たるインジケータを!

かつて、パークタワーがある場所には丸の内八重洲ビルというオフィスビルが存在しましたが、そこのエレベータのインジケータが針式だったことの名残でしょうか、築数年であるにも拘らず針式のインジケータを採用している点には度肝を抜かされます。惜しむらくはドアがつるんとした無味乾燥とした代物であること。これは三井本館などのそれのように、装飾をふんだんに使えば、もっとよかったように思えます。
ここのほかにも平成の建築では、レトロ建築を現代によみがえらせたかのような建築で定評のあるホテルモントレがエレベータのインジケータに針式を好んで用いており、私が調べた限りでは半蔵門・京都以外で採用されています。しかしホテルモントレのエレベータの恐ろしいところは、外はおろか、カゴ内のインジケータすらアナログをあえて選択することにあり、外は時計型、カゴでは左右スライド型というケースが仙台や銀座・大阪などで、逆に外は左右スライド型、カゴで半円型というケースが長崎で観られるということでした。
しかし、アナログ式のインジケータが用いられるエレベータは全体に骨董建築と呼ばれる古めかしい建物に多く、それも2次整備などで年々姿を消しているのが現状ではあります。丸の内ブリックスクウェアや各地のホテルモントレの例は、アナログ式インジケータを見直そうという意識の表れに加え、昨今のビル群が、全体に似たり寄ったりで無難が過ぎる建物だらけになってしまっていることへの危機感の表れが、形になったものだと私には考えられます。いずれ、2次整備か3次整備の際にそれまでデジタル式だったエレベータのインジケータを、あえてアナログにするような建物が現れたら、御の字です。
line

日本城バスのシビリアン

先月、I-Doll Westへ出展する際、ノーマイカーデーフリーチケット(旧称)土休日用を用いて地下鉄御堂筋線を利用し、時間が余っていたので西田辺駅で途中下車、昨年からこの地に乗り入れている日本城タクシーの西田辺瓜破線に入る車両を可能な限り撮ろうと試みました。
しかしこの路線と、先発のあびこ天美北線とで車両は別々になっているようで、1時間のうちに、画像の日産シビリアンと三菱ふそうローザ以外、現れる車はなく、通常20分間隔であることを考えると、6台が地下鉄西田辺~東住吉警察・駒川商店街・住道矢田9丁目~瓜破西間を往復していると判断できますが、その6台はすべてトップドアのシビリアンあるいはローザであるということにほぼ間違いありません。

このうちシビリアンから車内の様子をわずかに目にしましたが、乗車口横に、次停留所案内表示機が設置されていました。これは、あびこ天美北線の車にはそれまでなかった、音声合成式放送装置と連動して動く、京王バス東や名古屋市営バスなどで観られるようなタイプの案内表示機です。
なお日本城タクシーでは、前乗り・前降り(一部の車は後降り)、運賃前払い方式なので、どのバス停で降りるのか乗務員に告げてから運賃を支払う仕組みで、バス停にもその旨が記載されています。
今後、もし車両のアップサイジングを余儀なくされるようなことがあったら、エルガミオとかが配備されるのだろうか、とひそかに期待しつつ、堺をめざし地下鉄西田辺を後にするのでした。
line

名古屋ドールズインワンダーランド終了

先日のI-Doll Vol.41に続きまして、本日、まんだらけ名古屋店のドールズインワンダーランド名古屋19-2に出展しました。



この1か月間においては、DDサイズ(黒および、画像のグレイはSDサイズ)の「服に響かないシンプルブラ&ショーツセット」で、ベーシックでもある白が最大の売れ筋カラーとなりましたが、やはり当該ストレッチ生地を1反買いした甲斐があります。

なお名古屋におけるドールイベントへの年内の出展は今回で終わり、予定では、残すは10月(12日のI-Doll)と11月(9日のワンダーランド)、いずれも大阪のみです。最低でもこの2回は出たいと思っていますが、ほかにもし仕事とかぶっていなければ、都内開催で11月24日のI-Doll VOL.42にも日帰りになりますが出展しようかと考えています。
line

I-Doll Vol.41の戦利品の中から

月曜日、紆余曲折を経て何とかI-Doll Vol.41より戻ってまいりました。
今回は、目当ての素体が最後まで見つからなかったものの戦利品が総額1万円弱に及びましたが、その中から、今回の戦利品中最高額となりました、SEN様のところの長袖レオタードをご紹介します;

むっちり
(続きはたたみます)

more...

line

今夜、3列シート車で帰省します

本日、誕生日を迎えました。
といってもここ15年、我が家では誕生日を祝ってもらった経験が、せいぜい1万円か2万円を口座に振り込んでもらったことぐらいなもので(何)、今年もまさにその通りですが、今まで母が入れることがほとんどだったのが、今年は父から「振り込んだ」とのメールをいただきました。当然、その都度お礼もしています。

さて、今夜I-Doll VOL.41への出展も兼ねて帰省するため、夜行バスで出発します。
今回乗るのは3年前にお世話になった、千葉中央バスが運行する千葉中央駅~京都駅八条口線で、その当時は廉価バスということで4列シートでしたが、今年から運賃の大幅値上げ(1500円も上がりました)と引き換えに3列独立シートにグレードアップしたとのこと、これは安眠が期待できるかもしれません(笑)

それでは皆様、明日、都立産業貿易センターでお会いしましょう!!
line

結局、ヒカリの東京遠征はお預けです

早いもので日曜日はI-Doll VOL.41です。
今回は、志摩子、ヒカリの2人をモデルとして連れて行く予定がありましたが、志摩子だけ連れて行くことになりました。
その日出展される別のディーラー様が「SD16代替」の新キャスト素体をリリースする、というイベント直前情報を目にし、これは何が何でも手に入れるしかないと考えたためです(販売延期だと本人よりお聞きしたのでこれは失敗:14日追記)。加えて、現在私は左半身に凝りを抱えていて、普通に歩くと、段差がきつい個所を歩くたびにヒザ裏などに激痛が走ることがあり、左足を半ば引きずって歩いている状態であり、この状態でヒカリも連れて行くと、仮に前述のキャスト素体とは別に、DDかオビツ50の中古素体がもし手に入るようなことがあれば、そのまま京都へ持ち帰るには重量オーバーになってしまい、私自身の手に余りかねません。
それゆえにヒカリは今年も東京遠征はお預けになってしまいますが、当日掲示する品書きにはヒカリの写真を掲載しています。
line

大阪・横浜・東京各駅に乗降客数で抜かれたJR渋谷駅

JRグループ各駅の昨年度の乗降客数のランキングがこのほど発表されました。
このランキングでは、それまでベスト5の常連だった渋谷駅が、東京メトロ13号線(副都心線)と東京急行電鉄東横線との相互直通運転開始による利用客の副都心線シフトもあり6位に後退しました。その玉突きで大阪駅、東京駅、横浜駅が3~5位に浮上、新宿駅や池袋駅の次に大阪駅あるいは東京駅が来ています。ただ渋谷駅は、渋谷ヒカリエの開業もあり、他社線も含めた乗降客数はむしろ増えているような気もしますが、JRに限ると、山手線で昼間はさておき、朝夕通勤時間帯の乗降客数が減り、その分だけ大混雑中の大混雑といった状況からは解放されたように思えます。
JR側はこの先、湘南新宿ラインのホーム移設も行われることになっており、開業以来いまだ完成することのないターミナルは「日本のサグラダファミリア」の異名をとり、渋谷駅はそれだけ常に変化し続けることを求められているようです。

20位以内ではこれらの駅の下に、上野駅、秋葉原駅、品川駅(港区)、名古屋駅、京都駅などが続きますが、ここ10年ほどは、かつては市場跡の殺風景さもあって乗降客数はさほどでもなかった秋葉原駅が、再開発と、つくばエクスプレスの開通で一大ターミナルに脱皮、ベスト20の常連になりました。
line

I-Doll VOL.41向けに制作中のもの

早いものでI-Doll VOL.41まで残り1週間となりました。
昨年のI-Doll VOL.38で、ホックもスナップもマジックテープも使わないシンプルブラ&ショーツセットを黒・ピンク・サックスの3色、少部数ながら販売してピンクとサックスがあれよあれよという間に完売してから丸1年。シンプルブラ&ショーツセットは現在、大ヒットのサックスに加え、ベーシックとなる白と黒のほかに、レモンイエロー、アプリコット、スイートオレンジ、グレイ、ピンクの8色に増加していますが、来週のI-Dollでもこれら8色のカラバリすべてを持参して、「ボディの上から直に服を着せるのはちょっと・・・」という皆様のお悩みにお答えします。

横から見た図
そして今回、上記のシンプルブラ&ショーツセットとは毛色の異なる、レザーのブラ&ショーツセット(画像)を黒限定で少部数、持参することになりました。ボークス神戸SRにて委託販売しているものとは異なり、今回リリースするものは、首ヒモの先端部分にホックを用いているほか、ショーツが完全なTバック(委託販売品ではフルバック)となっています。こちらの販売価格はシンプルブラ&ショーツセットと同じく¥1000です。
line

中国国鉄時刻表日本語版、夏コミで先行発売

ロシア連邦・カナダ・米国に次ぐ世界第4位の国土に、約10万kmの路線が張り巡らされている中華人民共和国鉄道部(中国国鉄/英語表記はSRC=States Railroad of People's republic of China、以下SRC)の時刻表を、和式+日本語表記にしたものが、中国鉄道時刻研究会の編纂により制作され、このほど第1号が一般販売に先んじて、来月の夏コミで販売されます。(詳細は→こちら)
SRCの時刻表は日本国内で発売されている時刻表とは体裁からして異なる上、北京語表記のみなので、出張などで現地を訪れる日本人にとっては使いづらいものになっているという指摘があり、今回のSRC時刻表日本版の制作にあたり、「日本では当たり前となっている、時刻順、かつ路線ごとに掲載するスタイルを、SRC時刻表にトレースする」ことが留意されたということでした。また日本国内で販売されている時刻表に倣い、SRCの営業案内も記載されているそうです。
私はSRC時刻表日本版に続いて、隣のヴェトナム国鉄(仏語表記はSNCV=Societe Nationalite Chemin de fer de Viet nam)の日本式表記に基づく時刻表なんかが出たらもっとよさそうだな、と思います。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line