蓉子をもがな風に・・・できませんでした

わたくしの好きな「複合萌え属性」に、「めがね+ポニーテールを両立した女の子」というのがあります。
現実では街中でよく目にしますが、その反動からか、わたくしが知る限り、二次元ではオリキャラの方に偏っていて、版権キャラではそうそう見かけません。
その中でも、同属性の数少ない版権キャラクタの中でも「めだかボックス」の喜界島もがなには強く惹かれました。
めだかボックスという作品そのものはわたくしもまるで知らなかったのですが、pixiv百科事典で調べたところ、少年ジャンプ系作品、つまりジョジョや北斗、テニ王などの後輩にあたる作品のひとつで、もがな本人は、生徒会執行部の一員、しかし制服の下に競スクを着ているという、ある意味とんでもない設定のキャラとなっています。つまり「委員長(?)+競スク+めがね+ポニテ」というやつです。さらに運動能力、会計処理能力に優れており文武両道といえますが、その一方で、肺活量があまりに多すぎるため、絶叫しただけでガラスが割れる危険性をはらんでいるというきらいがあります。これは原作で「声帯砲」と呼ばれ、格ゲー(たとえばMUGEN辺り)あるいは弾幕シューティングでは通用しそうですが、それ以外の利点は疑わしいです。

そんなわけで、近頃、このネタを立体でやらせてみようと思い立ち、ウィッグがポニテである蓉子にやってみようとしたのですが、競スクで蓉子にあうサイズが手許になく(16少女あるいはDDdy)、いったん断念することになりました。必ずリベンジをば・・・
スポンサーサイト
line

4000系増備は瀬戸線に並行する名鉄バスの路線も潤わせた?

名鉄の飛び地・瀬戸線で使用されている、瀬戸線初のステンレス車両かつ、回生ブレーキ車両(VVVFインバータ制御です)でもある4000系は、ここ3年間で徐々に勢力を増し、先月には4012Fが尾張旭検車区に到着しました。尾張旭検車区は塗装のためのスペースがなく、在来車のいわゆる「赤電」6000系・6600系で全検切れとなった編成から漸次廃車され、4000系へと置き換えられていっている模様ですが、わたくしが最後に瀬戸線を訪ねた4年前にはツリカケ車6750系が全編成現役だったものが、気が付くとステンレス車だらけになっているという印象といえましょうか。
さらに、瀬戸線では守山区内連続立体化工事の開始直前まで存在した喜多山検車区の検査線が2両分しかなかったため、そのハンデを補うべく以前の車両群は全編成とも2連で、これを常に2組つなげて走らせていたのですが、検車区が尾張旭へ移されたあとで導入された4000系は、中間に簡易運転台を持たずに組成されています。

瀬戸線は現在も、前後を踏切で挟まれた駅があるためホームの延伸が難しく、長編成化させられないため、全列車4連だけですが、名古屋市に次ぐ規模の都市(岐阜市や豊田市など)の人口が、100万どころか50万にもわずかに満たない中京圏では、全体に、普通列車だけが停車している駅の周辺は、急行などの停車駅に比べて昼間人口がごく少なくなる傾向にあり、昼間の普通列車が2連という路線が多い(名鉄では岐阜口や知多半島の各線、JR東海では関西線、近鉄では名古屋線系統)ということを考えると、瀬戸線の沿線は、普通のみの停車駅でも利用客が時間帯を問わず多いことを証明しているのかもしれません。
加えて、中京圏特有の交通事情として、「域内完結型の高速バス」や「足の長い一般路線バス」の存在が挙げられます。前者は名鉄系各社と三重交通により運行され、栄オアシス21・名鉄バスセンターより豊田・小牧・多治見・桑名(大山田団地)・四日市方面へ頻発しており、朝方ラッシュ時のJR・名鉄の主要路線の混雑や乗換の煩雑さを嫌って、高速バスに流れるケースもあるようです。後者は一時期より減ったとはいえ、現在でも名鉄バスが西は津島、東は尾張旭方面から名鉄バスセンターや栄に乗り入れており、これらも頻度が高いです。これらのうち、瀬戸線にかかわるのは後者で、瀬戸線の普通の毎時15分間隔に対し、名鉄バスは三軒家~栄・名鉄バスセンターの間ではその倍の本数ですが、名鉄バスでノンステップハイブリッドバス、瀬戸線で前述の4000系が増殖して、お互いの快適性が高まっていることから、地元では双方が使い分けられているのが実情です。
つまりは、4000系の増備は、瀬戸線に並行する名鉄バスの路線の安定的維持にも貢献していることがうかがえます。
line

祭りの後に

19日に開催されましたドーリズムプラス東京のレポートの2回目は、戦利品の報告です。
3つあった戦利品のうちウィッグはすでに報告済み、2点目は写真集(冊子)だったので、残る1点を取り上げましょう。

この1点は、PrincessDoll様のところの、DDdyサイズのビキニです。色はグリーン系で、ボトムにはワンポイントがあります。価格の割には縫製がしっかりしており、さらに生地も若干伸びるのも利点のひとつです。
ただ運の悪いことに生地が比較的薄く、ヒカリはバストトップを彩色しているため、ここが透けてしまうのが唯一の弱点です(フロントからの画像は追記にて)。
ヒカリ「この程度、些細なことではないか。きさまごときが気にして何になる?」
むろん、家で着せるだけなので特に問題はありませんが、外で見せるとなれば事前にパットの挿入が必至になりますね・・・。
リアは普通
後ろは、ごく普通にフルバックです。またホックにも特徴があります。

ちなみにこのディーラー様、去る5月のドルパのときにもお世話になりました。ただそのときのわたくしは、別のイベントと掛け持ちしていたこともあり、予算ばかりか時間も不足していたため、こちらのラインナップをじっくりとは見られなかったのが心残りでした。

以上、ドーリズムプラス東京のレポートでした。


最後におまけショットをひとつ・・・(微エロ注意)

more...

line

ドーリズムプラス東京でまったり

さてお待ちかね、ドーリズムプラス東京当日のレポートです。


当日は百合ヶ丘→登戸→新宿(それぞれ区間準急と急行)の順で小田急を乗り継いだあと、都営12号線(大江戸線)で蔵前駅下車、あとは江戸通りを徒歩で北上し、11時過ぎに会場となる台東区公会堂(東武鉄道浅草駅より二天門方向に徒歩2分)につきました。

そして中は大混雑、ある程度展示BJDを鑑賞しながら、撮影ブースを堪能するため待機列に並びます。その間にヒカリを出してやりました。今回は7つの撮影ブースが並び、そのうちの2つを利用しますが(当然、待機列にはその都度並びました)、ヒカリにはもともと2セットの衣装を用いると決めていたため、2回とも異なる服での撮影となりました。

おぜう~~~
これが・・・

more...

line

踏んだり蹴ったり・・・にはならなかった、けど疲れた!

昨晩、ドーリズムプラス東京遠征を兼ねた、実家への帰省より戻ってまいりました。

今回は全区間で青春18きっぷを利用・・・するはずでしたが、いきなり土曜日、夕方の大阪駅でつまづいてしまいます。

more...

line

銀座線&丸ノ内線カラーになった旧2000型/銚子電鉄

*今回の記事は元・東京メトロの車両に関する話題のため、東京メトロのカテゴリに入れました

70~80年代に3号線(銀座線)の主力車両として活躍し、ほかに4号線(丸ノ内線)方南町支線でも使用され、引退後に2両が両運転台化改造が行われたうえで千葉県の銚子電気鉄道に移籍した、東京メトロの旧クモハ2000型→銚電デハ1000型が、最近、2両とも銀座線カラーあるいは、丸ノ内線カラーとなり、話題を呼んでいます。
銀座線カラーになったデハ1001は、前面の車両番号が左右2か所に表記され、丸ノ内(方南町)線カラーのデハ1002は貫通扉の下の1か所だけの表記であるという違いも、東京メトロ(当時は営団地下鉄)時代そのままです。
ただ、冷房がないところも営団時代と同じというのがいただけませんが、現時点では変電所の容量が不足しているため、これはある意味致し方ないと思われます。
line

そんな小型で大丈夫か?~墨田区コミュニティバス

東京23区には、品川区・目黒区・新宿区・豊島区・江戸川区を除く自治体でコミュニティバスが運行され、日立自動車交通が千代田区で走らせている「風ぐるま」号が福祉タクシー的存在のためか1日数回程度、都営バスが江東区で走らせている循環バスがそれよりいささか多い程度であるのを除けば、どのコミバスも毎時2~3回、多いところでは毎時4回走らせる路線網もあるなど比較的高頻度の運行となっています。
その23区のコミュニティバス群の中で最も新しい路線網が、京成バスが墨田区で運行しているコミュニティバス「すみだ百景」号です。
このバスは東京スカイツリータウン最寄の押上駅を起点とする北東部(東墨田方面)、北西部(シルバープラザ梅若方面)の2ルート、錦糸町駅を起点とする南部(両国方面)ルート、合計3ルートで構成され、いずれも7~19時台の設定で曜日を問わず15分間隔での運行です(時刻表はこちら)。車両は、小型車の日野ポンチョロングを使用しており、そのうち1台が電気バス(EV)の市販第1号であるというところが話題を呼んでいますが、唯一、現状で小型車を用いるうえで問題があると思われるのが、南部ルートです。南部ルートは、わたくしが地図で見た限りでは、沿線の都営両国駅前に私立高校が2つ(日大一高と安田学園)あることと、その近くに同愛記念病院という大規模総合病院があることから、路線の性格を考えると、特に平日朝方は中型車にした方が望ましいと思われます。
なお京成バスは、23区内ではほかに荒川区と葛飾区でもコミュニティバスを運行しています。
line

今月からpixivに登録しています

いささか旧聞になってしまいましたが、先週、pixivに登録しました。
まだ少ないうえに、家でのPCの設置環境がCGをやるにはあまりにも劣悪すぎる(玄関の前にPCがあり、しかもエアコンの設置場所がやたら遠く、夏は灼熱、冬はスキマ風が入る)ため、すべてアナログ絵ばかりですが、ぜひご覧になってくださいませ。
ちなみにこれまで投稿させていただいたもののうち2枚は、最近ではまったくといってよいほど描かなくなっていた男キャラで、ガンダムSEEDのイザークとクロトです(ただし2人ともパワプロ風ですが)。両者の関係は、「SEEDの最終回で直接対決した者同士」で、皆様もご承知の通りイザークが勝ちますが、キラVSクルーゼの死闘の陰に隠れてあまり目立っていないものの、47話以降はイザークが武勲を打ち立てる場面がかなり多く、これが、デスティニーにおいてザフトの白服に抜擢される布石となったのもまた事実です。
line

デスロリ服の下は・・・

「色移り除け」もかねた、月に1度の素体磨きのあとの1コマ。



最近、ヒカリにゴシック&ロリータ系の服を着せることがよくありますが、特に真っ黒な「デスロリ」服には、こういったボンデージスーツを中に重ねてみるのも一興ではないかと。

ちなみに素体磨きは、熱湯で濡らしたハンドタオルで全身を拭く方法で行うのですが、うちのBJDはヘッドがすべてソフビなので、ヘッドに水分がかからないようにしています。
line

絶望した!!「ながら号」指定満席に絶望した!!!

いきなりからこのタイトルですが、ドーリズムプラスついでの18~21日の実家への帰省に暗雲が立ち込めてきました。
もともと「青春18きっぷ」を用いると決めてはいますが、予定では、18日夜間にまずは豊橋駅へ至り、同駅よりムーンライトながら号を用いて、翌朝、東京駅下車~総武快速線~成田駅乗換~成田線(我孫子線)~我孫子駅乗換~常磐快速線~南千住駅下車、という順序で大回り乗車をしながら、会場が開くまでの時間をつぶすという計画でした。
それで、本日夕方に京都駅の「みどりの窓口」で指定を取ろうとしたのですが・・・

結果は、


  満  席


実に・・・実に非情な宣告でした_| ̄|○;

ほかには、前日のうちに静岡駅まで在来線をリレーし、新幹線の小田原着最終列車に間に合わせ(つまり18きっぷ利用は静岡駅まで)、小田原駅からは小田急の新宿行き最終列車に間に合わせるという順序で実家に向かうというコースも考えており、現時点ではこれでほぼ確定ですが、・・・それにしても、ながら号がこうも早々と満席になろうとは・・・。
ちなみに21日は新幹線で京都へ戻ることは最初から決まっていますが、どの駅から新幹線に乗るかは未定です。
line

DDH-07ヘッドが出るとか

ボークスのDDカスタムヘッドの第6弾として、DDH-07が新たに登場することが決まりました。
まだ一般販売開始までは日があるものの、DDオフィシャルファンブック2で写真を観た限りでは、DDH-02に比べると、初代にせウルトラマン(*)よろしく目がつりあがっている反面、口の左右が上向き加減になっているという特徴があります。要は、メイク次第ではそこらへんにいる大人なおねーさんにもなれば、たくらみ顔にもなるということです。しかし、DDH-02のようにツン顔や困り顔にはならず、その意味ではDDH-02ほどの汎用性はないともいえます。
またDDH-02やDDH-06もそうですが、DDH-07はヘッドの特性上MDDには不向きかもしれません。顔立ちも考えると、最低でもDDSか(首ジョイントを変える必要があるものの)オビツ50でないと合わせづらいと思います。特に美白ヘッドなら、DDdyより背が高くなるSpilit dollの66cm素体、Loong Soulの69cm素体(いずれも普通肌)も選択肢に入れてしかるべきだったり・・・?

(*) 初代にせウルトラマンとは「大怪獣バトル・ウルトラギャラクシー」にも登場したザラブ星人が化けた姿。別のシリーズに登場する、サロメ星人が造ったロボット超人は2代目ですが、目はつりあがっておらず、その反面ベルトやプロテクターがありました。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line