京急蒲田駅の重層化工事完成は10月21日

東京第2の都市でもある大田区の中心地「蒲田」にありながら、地平時代は2面3線の手狭なホームで過密ダイヤを捌いていた京急蒲田駅の重層化工事が、いよいよ10月21日に完成します。
京浜急行電鉄によりますと、この重層化工事では下り線も高架へ移り、さらに切欠き型ホームになっている普通列車の待避線2・5番線の供用も開始される見通しです。

また、同日付でのダイヤ改定の概要が同社より発表されました。
次回のダイヤ改定は、同概要を見る限りでは、昼間には現在は品川方面にも運行しているエアポート急行が横浜方面のみの運行になり、品川方面は快速特急毎時12回と普通列車毎時9回というように「間」の種別が一切ないという形となります。また快速特急毎時12回のうち、40分に1回は京急蒲田通過のエアポート快特で、現在より半減します。一方の横浜方面は、エアポート急行が毎時3回から6回に倍増し、少なくとも京急蒲田~金沢八景の間は優等列車の昼間1時間当たりの回数が快特・急行各6回に強化されることとなりそうです。
品川口における昼間の普通列車の5割増しは、品川~京急蒲田折り返し便毎時3回が増加する形ですが、この区間の普通列車のみの停車駅の中には、平和島など特急・急行停車駅に負けず劣らず昼間でも利用客が多い駅もあるため、下手に特急・急行に流れて混雑に輪をかけるくらいなら、普通列車にしてしまった方がまし、という考えもあったのでしょう。
スポンサーサイト
line

東横線、4ドア統一の日迫る

西武鉄道と東武鉄道、東京メトロ、および東京急行電鉄より、東京メトロ13号線(副都心線)~東横線の相互直通運転の、おおまかな運行系統が発表されました。
相互直通運転開始は、来年3月16日で、同日付で東横線は全便が4ドア車での運行に統一されるとともに、特急・通勤特急・急行は一部例外を除いて10連に増強されます。また、前日をもって東京メトロ2号線(日比谷線)との相互直通運転が廃止されます。

4社のプレスリリースのうち、東急からの情報によりますと、昼間は副都心線の運行回数が毎時14回で、急行4回、各駅停車10回を設定、西武池袋線・東武東上線に毎時2回ずつが交互に乗り入れる副都心線急行は、東横線内は特急で運行し、また池袋線では快速、東上線では普通列車としての運行とする、とありました。つまり、元町中華街発・飯能行を例に挙げますと、元町中華街を特急渋谷行として出発、終点の渋谷で急行小竹向原行に、さらに小竹向原で快速飯能行に3度種別を変えます。各駅停車は昼間毎時10回のうち、増発となる2回が日比谷線直通からの差し替えです。これらは、新宿三丁目の折り返し線を利用し、同駅折り返しで運行されることが考えられますが、いずれにせよ、日比谷線直通からの差し替え便は現在の3ドア18m車による運行から、同じ8連を維持しつつ4ドア20m車による運行に置き換えられるため、1列車あたりの輸送力そのものは増加します。

ここで気になったのが、日比谷線直通のとりやめに伴う中目黒駅のホームの扱いです。日比谷線から武蔵小杉方面への便は現在、2番線に発着していますが、わたくしはこの2番線を、相互直通のとりやめ後は平日朝方ラッシュ時を除き、そのまま銀座・北千住方面に折り返せるようにすべきではないかと思います。そのためには、中目黒駅の恵比寿方にシーサスクロスを追加して、2番線、3番線のどちらからでも折り返せるようにする必要があるだけでなく、2番線発着の便は、武蔵小杉方面からの乗り換えの場合、階段を上下して反対側ホームに移動する手間を伴うことになりますが、昼間であれば特に問題ないでしょう。また、同じ東京メトロの3号線(銀座線)や4号線(丸ノ内線)で異常が発生した場合には、中目黒乗換で副都心線へ振り替え輸送ができるという点でも、2・3番線双方から出発できることのメリットは大きくなるはずです。
line

近鉄3000系、廃車解体さる

近鉄唯一のステンレス車両で、京都線の普通をメインに使用されていた3000系(モ3000、ク3500各2両)は、今年2月の運用離脱以後は高安工場(大阪府八尾市)に留置されていましたが、先月、廃車となり、このうちク3501を除く3両が解体されました。

本形式は1979年に1編成のみがつくられ、モ3000型はモ3001が運転台なし、モ3002が運転台つき、つまり3連でも使用できるように設計されていた普通・準急向けの車両ですが、2年後に部分開業することになる京都市地下鉄烏丸線への乗り入れに対応した設計になっていたという説もありました。ところが、実際に京都市が用意した1000型は窓配置が異なり、一般的な1D2D2D2D1方式(中間車の場合)の窓割りになっているのに対し、3000系は、同時期に導入された8810系や、その前の8000系と同様に窓が1個多く、
1・2両目:d1D2D2D2D1
3両目:2D2D2D2D1
4両目:1D2D2D2D1d
(以上のDは客用ドア、dは乗務員用ドア、数字は窓の個数)
という窓割りとなっていました。そのため実際に烏丸線に乗り入れることはなく、しかも3000系そのものの生産も1編成のみでストップし、1988年の相互直通運転開始の際には、VVVFインバータ制御方式の3200系という新設計の車両が配備されるという結果になりました。そういった意味で、最後まで運気に見放された悲運の車両ということもできましょう。

ちなみにク3501はカットモデルとして保存されることが予想されています。
line

Wagashiに続くRingdollのおねーさま

Ringdoll社が、スタンダードではWagashiに次ぐ2例目の58cm女子型BJDとして「Juria」がこのたびリリースされました。
公式サイトでの画像で観た限りでは、目がかなりヤバい(涙)ですが、Wagashi同様にドールアイのサイズが18mmなので、同サイズのアニメアイに置き換えた方が似合うかもしれません。国内メーカではオビツ50が18mmドールアイ対応になっており、こちらとのドールアイの互換性があるという点では、Ringdollのおねーさまズはかなり親近感がわくBJDといえましょう。
line

謎が謎を呼ぶ京阪13000系増備計画

本日、京阪13000系の13005Fが宇治線の運用に就いているのを確認しました。
本系列は今年初めの時点で「夏までに5編成の投入を予定している」と公表されていたことから、これにより所定の編成がすべて揃ったことになります。
ただ、今年度の事業計画が先月27日に発表され、この中に13000系の増備が含まれていることから、この今年度事業計画に示されている次回の増備は、2次車であるとみて間違いないでしょう。となれば、今年初めに示されていた「5編成」とは前年度の事業計画で導入されたものなのでしょうか?それともその事業計画にすらなく、昨今の電力事情を踏まえた「節電対策としての緊急配備」だったのでしょうか?謎ですね・・・。

(補足on07/30)
今年度事業計画での13000系増備は、所定の全編成がそろった1次車のことでした。
line

闇に飲まれよ!

・・・といえばモバマスの蘭子ですよね(笑)

それはさておいて、近頃、ヒカリのウィッグを変えてから、彼女がゴスもの要員になりつつあります。
ピアスが十字架型なので、ゴスっ子にするにはもってこいのウィッグを選んで正解だったかと。



ヒカリ「ところで8月のあれはどうした?」

ちなみに来月出展予定だった東京のドーリズムプラスは、今回は落選になりました。

ヒカリ「・・・やむを得ん。だが、一般参加でもよいから必ず私を連れていけ。留守番はごめんだぞ」
line

信州で復活した初代青ガエルの原色

現在の東京急行電鉄の主力車両といえば、2大幹線である東横・田園都市線と、目黒線で活躍する5000系列がすぐ頭に浮かびますが、往年の東急電鉄ファン(わたくしも目黒線沿線で幼少期を過ごしたため、そのひとりです)にとって5000系といえば、2代目にあたる本系列より以前に、東急初の新性能車両として、1980年代末まで東急のあちこちで走っていた初代「青ガエル」のことをさします。彼等は、冷房車でもある8000・8500系など20m車の導入にともない、漸次活躍の場を追われ、長野電鉄(2500型)・上田電鉄(当時は上田交通/モハ5000型・クハ290型)・アルピコ交通(上高地線。当時は松本電気鉄道/モハ5000型・クハ5000型)の長野県の3社、熊本電気鉄道(モハ5043・5044、のちモハ5100型に再改造)、福島交通(デハ5020~23)、静岡県の岳南鉄道(モハ5000-クハ5100型)に移籍したものの、これらも冷房車ではないことが災いして次々に姿を消し、今では熊電のモハ5100型2両が残るのみで、それもそう長くないという状況であると聞きました。

その初代5000系のうち、アルピコ交通に転じたものの京王電鉄から来たモハ3000型に置き換えられて引退し、車庫がある新村駅にて静態保存されているモハ5005・クハ5006の編成が、東急時代のライトグリーン1色に戻されたことが明らかになりました。
先月のイベント開催時には、「急行」などのサボが取り付けられたり、前面方向幕が外されたり(着脱自在です)と、現役時代の姿を再現させたということで、これから上高地線から目が離せなくなりそうですね。
ちなみに、岳南に移りその色から「赤ガエル」と呼ばれたモハ5000-クハ5100型も、以前に元・京王3000系で冷房車のモハ7000型3両とモハ8001-クハ8101に置き換えられ、1編成が岳南富士岡駅に留置されているのみですが、その5000系を置き換えたモハ8001-クハ8101は顔半分をグリーン系に塗られており、「青ガエルで赤ガエルを置き換える」という珍現象が起きたというのは、その筋では有名な話です。こちらの青ガエルは朝夕によく見られます。
line

早くも4本目が!!京阪13000系

本日午後、中書島駅で京阪13000系の13004Fが停車しているのを確認しました。
運行開始日は不明ですが、先にウィキペディアで調べた限りでは、先月8日の時点で3編成が在籍しており、ここまで月1編成のペースで導入されているとなれば、今月中または来月上旬にも1次車の所定の5編成がすべてそろうことになります。

蛇足ですが、特急に使用されている8000系8531F(以前の3505F)が老朽化のため来年4月または5月に予定されている次回ダイヤ改定の際に引退することが決まりました。こちらの詳細はまたいずれ。
line

ドールズインワンダーランド大阪15終了~♪

本日は、まんだらけグランドカオスのドールズインワンダーランド大阪15に出展いたしました。
当日のモデルは、蓉子とヒカリです。
前日までの雨はどこへやら、本日の大阪市内はすっきりと晴れ渡り、そして好天のうちにイベントを終えられました。

さて今回、ひっそりとお嫁に行ったカスタムヘッドがあります。
それは、ここ1年の間で唯一のカスタムヘッドともなった、オビツ50の2番ヘッドです。
オビツのヘッドは、色合いの都合もありDDヘッドほどカスタムに向かないといわれていますが、オビツ50のヘッドは60cm素体に載せると小顔に見える利点があります。そのうちの2番ヘッドを、以前、試験的にカスタムメイクし、長らく里親を募って(?)まいりましたが、今回、ついにご縁をいただけました。
改めて、この場をお借りいたしまして、心より御礼申し上げます。

ほかにも、アクセサリではヘッドドレス2種類(櫛タイプ、バレッタタイプ・ゴールド)が本日をもちまして完売となりました。
同じく、この場をお借りいたしまして、心より御礼申し上げます。



ちなみに次回のドールイベント出展は9月2日のこみっく☆トレジャー20(販売するドール関連の商品はROM写真集のみ)と、同じく9月の末のI-Doll Westを予定しています。
ヒカリ「再び貴官たちとお会いできる日を心待ちにしている。また会う日まで・・・」
line

一体型ボディパーツ、その可動性能は・・・

先月末、ボークスニュース49号が届きました。
もともと限定品に興味はないので、来月の仙台ドルパでの限定品はすべてパス・・・と行きたいところでしたが、
DDSの一体型ボディパーツに目を奪われてしまいました(汗)

今回のその一体型ボディパーツとは、胴体が完全に一体成型になったソフビの中に、インナーフレームを組み込んだものです。DDの下胴パーツは、股関節が当たるところは大きく切欠きができているため、一体型ボディパーツでも、そこからインナーフレームを差し込んでいるものと考えられます。ただ、インナーフレームはさすがにそのままでは入らないので、一度胸部・背骨・股関節とに分けて、ソフビ内部でその順番で再び組み立てるようにしてフレームを形成させているのかもしれません。
可動の幅ですが、もしDDSの可動範囲そのままか、それ以上を求められているとなれば、背骨の強度を一段と高くしたフレームにする必要性があり、そうでないとソフビの弾性に負けてしまいます。しかし、ボークスニュースではこれについて画像では触れられていないに等しいのが残念です。

ちなみに今回のボークスニュースからDDH-02を用いた新たなモデルが登場していますが、それにしても品の良いモデルさんですね☆
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line