すべてのツアーバス事業者よ、ウィラーを見習え!!

*今回の記事は諸事情によりたたみます


more...

スポンサーサイト
line

プリンセスラインバスに妖星が輝いた!?

京都急行バスが運営し、京都女子大学前から京都駅八条口・四条河原町へ運行しているプリンセスラインバスが、3年ぶりにして2台目となるノンステップバスを導入しました。導入時期は、今月上旬か先月下旬のいずれかと考えられます。
ただし、今回はプロパーではなく元・神戸市営バス、それも日産ディーゼルKC-UA460MAM+富士重工7Eの3扉というキワモノで、神戸市交通局初のノンステップバスとして98年ごろに導入された車両の1台です。これが、排ガス規制によりこのたび京都急行へ移籍してきたのですが、その間に、市営バスから引き継いだ山手線(三宮駅/新神戸駅~県庁前~湊川公園)を運行している神戸交通振興で使用されていた可能性があります。なお行き先表示機は、京都急行入りの際にLED化されました。まだ撮影ができていませんが、ある程度そろい次第別館の方に掲載させていただきます。今しばしお待ちを・・・。

それにしても、京都で3扉のバスがレギュラーで観られるのは初めてではないでしょうか。運賃前払い方式を、京都市で唯一採用しているケイルックのらくなんエクスプレスが3扉の車両を導入するならいざ知らず、後払い方式であるプリンセスラインが、ノンステとはいえ3扉車を採用するあたり、いったんは理解に苦しみました。
しかし、京都女子大学前~京都駅八条口系統はとにかく混雑する(市営バスは観光客が利用するため、地元民の輸送に関しては、それだけでは荷が重い)だけでなく、現在のプリンセスラインバスで通常使用されているバスのラインナップが日野大型8台・日野中型1台・いすゞ大型2台・三菱ふそう大型1台のたった12台だけと力不足をきたしており(小型車は現在稼働せず)、増備にあたっては、開業時の車両調達の際にお世話になった神戸市営バスから、お役御免になった3扉の7Eを譲り受けることで決着したと考える方が順当といえます。
また、この7Eは京都急行初のUD(当時は日産ディーゼル)車ともなりました。
line

早くもお迎え1年が過ぎました

今月、みづきがお迎えから1年を迎えました。

素体はI-Dollの際に手に入れた組立キットですが、I-Dollの直後に震災が発生。その間、一時的とはいえ創作意欲が失われていたため、現在のようにDDの普通肌3番ヘッドを載せて形にするまでには、1か月を要しました。

この服はヒカリに持っていかれました

さて3番ヘッドといえば、言わずと知れたユキノヘッドです。家には、フランドール、ヒカリ、みづきと、同じDDH-03の子がいますが、普通肌はみづきただ一人で、ヒカリが、アイホールやメイクの関係でどちらかといえばアオイ似のツリ目であるのに対し、みづき、フランドールはユキノに近い印象を与えます。3番もメイクにより化けやすくなるということなのでしょうが、わたくしの目から見れば、アオイヘッドである2番で困り眉のヘッドがボークス純正で過去に出ていることや、セルフカスタムでも2番ヘッドはカスタマー様のメイクひとつで大きく印象の異なるヘッドになることを考えると、3番ヘッドは、DDのほかのヘッドもそうですが、2番ほど変化が著しくはならないのもまた事実です。それだけに、3人いる3番の子たちをまったく似て非なるメイクにするのには困難を伴いました。

みづきのメイクは、もともとはゴスっ子要員にするためのもので、ライトの当たり具合よっては、褐色肌のBJDに比べると薄くなるものの、黒ギャルのようにも見えます。最近はヒカリの素体が究極すぎるため、一時期ほど構ってやれていないばかりか、そのヒカリに服を取られてちと不憫に思えてきたので、新しいゴスい服を探して着せてやりたいと思っています。
みづき「無理はなさらないでくださいね?」
line

ネモをブン殴った!!HGUCジュアッグ

本来は機動戦士ガンダムで登場予定だったものの打ち切りのため登場せず、ガンプラだけリリースされたといういわくつきのMSながら、ゲームではギレンの野望に、アニメでは最近の作品でもある機動戦士ガンダムUCで登場し、MSA-003ネモを3連装ロケット弾ランチャー(両手の指のようなもの)でブン殴るという活躍を見せたMSM-04Gジュアッグが、去る3月30日にまさかのHGUC化を果たしました(¥1785)。
キットはロケット弾ランチャーは3基すべて独立可動、頭部ノズルも可動というように旧1/144キット以上の可動範囲を誇るのは当然ですが、ロケット弾ランチャーの内部までディティールが入れられているのには驚かされます。

打ち切りでお蔵入りしながら、ちゃっかりキットにはなったMSにはMSM-04Gのほかに、機動戦士ガンダムZZで登場したMSM-04Nアッグガイと、同作およびUCで登場しているMSM-08ゾゴック、映像作品では現在登場していないEMS-05アッグがありますが、次にHGUCになりそうなのは作品の流れからしてMSM-08でしょうね。
なお初代ガンダムの劇場版が公開されていたころのリリースとなったこれら4種のボツMSのキットは、1/144のみの展開だったMSM-04Gジュアッグを除いて1/100と1/144の2つのラインでキット化されています。

わたくしもリリース初日にお迎えしてきましたが・・・。

ラ・テミスのお気に入り  ヒカリにも好かれています
ラ・テミス「ニュフフフフ・・・ジュアッグかわいいよジュアッグ」
ヒカリ「エルファーシアどのが喜びそうな輩ではないか。・・・何?ザフトのMSではない?」

こんなかんじで姉御ズに愛されておりますです(^^)
line

ダーイナミック♪ダーイクマー♪

かつて横浜市をメインに神奈川県や東京都多摩地方に店舗網を広げていたディスカウントストアのダイクマ(現在はヤマダ電器の傘下に入り、存続している店はニューダイクマと名を変えている)のテレビCMがニコニコ動画に、ラジオCMがYouTubeにありましたので取り上げさせていただきます;

テレビCM;
http://www.nicozon.net/watch/sm1762298

ラジオCM;
http://www.youtube.com/watch?v=mxOr7Z6tOy0&feature=related

わたくしはいずれもリアルタイムで視聴していたほか、ラジオCMは、夜間に限り地元東京のTBSラジオ(JOKR/954kHz)や横浜のアール・エフ・ラジオ日本(JORF/1422kHz)の電波が500kmも離れたここ京都市でも入るため、ニューダイクマになる直前まで耳にした経験があります。ダイクマは23区内唯一の店舗として、練馬区に平和台駅前店がありましたが、わたくしの実家からは、横浜市港北区にある綱島樽町店の方が近いということもあってか、平和台駅前店は13年前に1度利用したきりです。
また、綱島樽町店は東海道新幹線の車窓からも見え、これを目にするたびに「ああ、故郷に帰ってきたものだ」と思わせてくれました(現在、実家は都内ではなく、しかも帰省するときには小田原駅乗り換えで小田急を利用しています)。
line

ブルーのヒョウ柄三角ビキニ

後れましたが、16日のドールズインワンダーランド名古屋14-2で唯一の戦利品となりました、ママーハウス様のところのスイムウェア「ヒョウ柄三角ビキニ」のレビューです。

前回ママーハウス様のところで購入させていただいたものと同じく、DDdyへの着用を前提にしたスイムウェアです。前回購入させていただいたものはピンクで、ブラの方がチューブトップでしたが、今回はまた異なる形になりました。
いずれも、我が家の場合、DDdyという条件に照らすとラ・テミスが着るとちょうどいいと思われますが、色移りというリスクが大きくなるので、蓉子かヒカリでないと着せられません。

そういえば沖縄県では海開きは3月に行われます

ヒカリ「フフ・・・見事な色使いではないか。わが沖縄島の海とマッチしている」

また蛇足ですが、ブラのサイドヒモが短いきらいがあったので、もしかするとゴムヒモに入れ替えるかもしれません。


以上、レビューでございました。
line

またしても撮影枚数わずか3枚・・・

さてさて、今回は一昨日のドールズインワンダーランド名古屋14-2の前後の顛末記をお伝えいたします。イベントレポートにしようと考えていましたが、あまり詳しくは書けないのでこちらはパス・・・ってことで(汗)

[名古屋入りまで]
当日は・・・見事に寝坊してしまいました。はじめ午前4時半起床という頭でいましたが、時計を見ると午前6時・・・。
使い「やべえ!!始発間に合わねえ!!」
ヒカリ「あわてるまでもない、きょうは正午からだぞ?6時に出ても間に合うではないか」

しかし、よくよく考えたらこの日の一般入場開始時刻は正午でした。ほかのドールイベントと比べ、まんだらけ開催のドールズインワンダーランドは1時間後れての開始、そして1時間遅い販売終了なのですが、それをすっかり忘れていました(笑)
徒歩で京都駅まで行き、京都駅発午前7時44分の新快速と、終点の米原駅で乗り換えて午前8時46分発の特別快速とをリレーして、2時間14分で名古屋駅到着。米原駅までの新快速はちなみに土休日ダイヤの最初の上り新快速です。
そのあとは、まんだらけ名古屋店までまたまた徒歩とということになるのですが、錦通→大津通、という順で遠回りしすぎたことと、昼食を買う時間を要したため1時間半もかかってしまいます。それでも午前11時過ぎには会場に着くことができました。
そして正午に開始。

今回連れて行ったのは、みづきとヒカリでしたが、モデルとして起用したのはヒカリの方で、みづきは撮影ブース要員としました。しかし、みづき絡みは1度も撮影できず、この日は人様のBJDばかり3枚の撮影にとどまりました。
また戦利品としてママーハウス様のところのスイムウェア1点があります。ただ、そのレビューはまだ撮影できていないのでまた今度・・・
ヒカリ「あわてるなよ」

[イベント終了後]
さて滞りなく午後4時には販売終了となりました・・・が、問題はそのあとです(笑)
わたくしが帰りに乗る予定の米原駅への直通列車の時刻は名古屋駅発午後6時、そして米原駅でその接続を受ける新快速は午後7時18分発でしたが、会場を午後5時前に出たときには、それらより1本ずつ遅くのものに乗るのだと頭に入れてしまい、矢場町からの名鉄バス(名鉄バスセンター行)で、あわてて名古屋駅まで戻るというポカをやってしまいました。
使い「新幹線乗んねえと!!」
でもって、我に返ってバス車内に掲示された時刻を見ると・・・。
みづき「まだ時間かなりありますよ」
予定の1本前の米原直通(名古屋駅発午後5時半)が出たばかりでした。
ここで駅弁を買って乗るにしても、朝夕に名古屋駅を通るJR東海の在来線列車は常に混雑するため少なくとも岐阜駅までは着席は絶望的であるということは、名古屋で開催されるイベントのたびにこの区間を利用しているわたくしには熟知できているので、夕食は京都駅までお預けにしました。
みづき「ラーメンでも食べるつもりですか?」
使い「わしが?なんでわかった?」
みづき「そこの伊勢丹の10階に富山ブラックの名店が入居してるじゃないですか」(←みづきは富山県出身という設定です。)
使い「すまねえ、わしは空席があるところに入る主義でな、おめえの期待に応えられっかどうかはわかんねえよ」
ヒカリ「構わん。どこへ入ることになろうと、食えればそれでよいではないか」
そのあと、どこで夕食にしたかはここではお伝えできません・・・(汗)。

何はともあれ、ドールズインワンダーランド名古屋14-2への皆様のご来場ありがとうございました。
次回のドールイベントへの参加予定はかなり後になってしまいますが、7月8日のドールズインワンダーランド大阪15、場所はまんだらけグランドカオスです。
ちなみに次回からはディーラー名が「薔薇さま道場」に変わります。
line

ドールズインワンダーランド名古屋14-2出展しました

本日はまんだらけ名古屋店のドールズインワンダーランド名古屋14-2でした。

わたくしが出展する予定の名古屋でのドールイベントは、今年度中はこみトレ20とバッティングしているため10月のI-Dollまで半年開くことになってしまいましたが、実に実に楽しめました。

このイベントをもちまして、2種類あるスイムウェアのうちピンク水玉柄のものが完売となりました。
心より御礼申し上げます。


今回のモデルはヒカリの担当でしたが、服を半脱ぎにして画像の下着を露出させている(実際には、着る最中というシチュ)というものすごいディスプレイにしていたので、刺激が強すぎたかもしれません。
しかし、あれは「冬場以外、寝るときにパジャマなどは着ない」というヒカリの性格に由来しています。仕様なのです。

ヒカリ「きさま、その言い訳が余分だというのだ。それとも私を気遣っているのか?」
使い「ああ・・・気遣ってんのよ」


なお詳しいレポートは後日お伝えします。
line

新しいポップです

いまさらですが、ドールイベントで用いるポップを新調しました。



モデルは、みづき、そしてヒカリです。着ているものはいずれも当方の販売物です。

みづき「こういうの、初めて着た気がしませんね」
使い「メイクの加減でかは知らねぇが、おめえがビッチく見・・・え゛っ!!」
つうこんの いちげき!
ヒカリ「きさま!!誰に対して斯様な口をきいているッ!!」
使い「・・・・・・」
みづき「私が"黒ギャル"に見えるってことだよ、ヒカリちゃん」
ヒカリ「・・・理解できんぞ」
みづき「え?理解できない?」
みづき「だからって、(時代劇で用いられるような作り物の)刀の峰で殴るのはないって!」

ヒカリ「許せ・・・」





使い「・・・これが若さか・・・」


ちなみにこのふたりは明日のドールズインワンダーランドにも連れて行きます。
line

桜狩りその2~蓉子編

"里"に赴いた翌日にあたる一昨日、今度は、蓉子を連れて東山の清水寺まで行きました。
清水の舞台から何とやら、でおなじみのところです。



時間的には、すでに午後4時を回っていて、しかもナイター開門の前の一時閉門まであと1時間と迫っていただけでなく、時期が時期なだけに人が多すぎるため、今回は「清水の舞台」からいささか離れたところから3枚が撮れただけでした。





蓉子「あれ?えつんつまわってこれかいね? (一日まわってこれなの?)」
使い「しょうがねえだろ、この人ごみだし」

蓉子「そういや、おまんさん、ふさしゅう即売会えっちょられんね (久しく(同人誌)即売会に行ってないわね)」
使い「わしが?・・・そうよな、半年行ってねえな。近くて来月になっちまう」
蓉子「どこだらあ? (どこ?)」
使い「それが・・・東京よ。たぶんおめえも去年行ってるはず」
蓉子「も・・・もっぺん連れてごしなれ!! (連れてって!!)」


そんなわけで、2日目の桜狩りはあっという間に過ぎていくのでした。
line

桜狩りその1~ヒカリ編

昨日、ヒカリを連れて嵐山方面に行ってきたついでで、"里"に寄り道してきました。

里には海外ブランドのBJDは連れて行けないので、普段はお蔵入りにしている16少女の素体(汚れがある上、ヘッドと手首がない状態でお迎えしたワケアリの代物)に差し替えたのですが、手首がいつもの関節手だったので誤解を招いてしまったかと・・・(涙)

ヒカリ「きさま、最近誤解で他人をおこらせることが多いな」
使い「わしが?ずーっと前からよ」
ヒカリ「・・・私のせいだと、正直にいえ」




でも何気に楽しそうにしているヒカリなのでした。



ヒカリ「・・・それはさておき、京都はクソ寒いな」
使い「おめえ知らねえのか?こっちじゃ2月は雪降りまくったんだぞ。わしの故郷でも大雪になった日があったくれぇよ」
ヒカリ「雪?莫迦な!!私のところでは一切縁がないぞ」
使い「雪とは無縁、ってこたぁ・・・おめえ、ひょっとして・・・」
ヒカリ「私が沖縄の者だからだ。こっちでは1月に桜が咲くのでな」
使い「肌白いし、そうは見えねえよ・・・」
ヒカリ「ついでに、私はおやじもおふくろも日本人ではない。絡繰りを教えてやる・・・」
使い「でも日本国籍なんだろ?」
ヒカリ「うむ、私が生まれるはるか前に、おやじが米国から帰化したのだ。おやじはフィンランド系でおふくろはチワン族の中国系カナダ人。どっちも、今は身も心もウチナーンチュ(*)になってしまったのだがな」
使い「すげえな・・・ d( 0w0)」


そして本日は、蓉子をともない、反対側の清水寺(東山区)へ行きましたが、そちらにつきましてはまた。

蓉子「ほんにふさしぶりの桜狩りだったけん・・・」


*:もともとは、琉球語で「沖縄(本)島に暮らす人」を意味する。
line

丹後ちりめんでできています

きたる4月15日のドールズインワンダーランド名古屋14-2で、新作ランジェリーをリリースすることになりました。



今回の作品はDDdyサイズのブラ&ショーツのセットです。

【ブラ】首の後ろで閉じるホルターネックタイプ。背後にホックがないため、着用時は下から履かせるようにつけます。
【ショーツ】在来作品ではTバックでしたが、今回はハーフバックタイプになりました。

またこの作品の特徴として、ゴム以外の布地に、丹後ちりめんを用いています(これは偶然で、布地を購入したときに気が付きました)。
イベントでは3セット販売予定です。



ヒカリ「ちなみに当日のモデルも私だ・・・と思います」
使い「と、とにかく見てのお楽しみってことで・・・っというかヒカリ、こんなところで自信なくしてどーすんだよ?」
ヒカリ「タメグチたたいては見ず知らずの御仁に失礼だと思ってな」
なおその他の販売予定商品につきましては直前に改めてお伝えいたします。
line

ヒカリ、初めての外出

昨日、まんだらけグランドカオスでのドールズインワンダーランドに行ってきました。
今回は一般参加になりましたが、ヒカリにとって初めてのイベントです。

ただ今回は16少女サイズがないに等しく、買い物は最低限にとどめ、撮影ブース主体です。撮れた集合写真の中から、許可が出た1枚を掲載いたします。



中央は、桃喪喪失女様の「薫」嬢。SDでしょうか、13SDでしょうか、とても綺麗な方でした。
右は「弾幕はパワー」のアノ人、DDSの魔理沙。

そして左がヒカリ。おそらく会場内でスーツ姿だったのはヒカリだけだったかもしれません。
ヒカリ「おい、きさま。何でわたしだけスーツ姿にして連れてきたのだ?」
使い「ワガママほざくんじゃねえよ。わしん家にあるおめぇ用の服がボンデージ1点しかねぇから仕方ねえだろ」
ヒカリ「・・・ならばこれは使い回し、ということか」
使い「そーゆーこと・・・になっちまうな」
ヒカリ 「大莫迦者めが」
・・・スマソ
line

SSコンテンツ、掲示板を廃止しました

本日、サイト本館のリニューアルにともない、1年以上更新のなかったSSコンテンツを一時閉鎖し、掲示板を撤去しました。
長らくのご閲覧・ご利用ありがとうございました。

また本日からは、トップ画像を直にクリックすると本館(ドールサイト)へ直行できるようになっています。


ちなみにここだけの話ですが、最近、リニューアル前のメインコンテンツ(ドールルーム)へのリンクが切れてしまっていたことに気が付きました。修整が遅れましたことをここにお詫び申し上げます。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line