[栄758]系統の一般車代走(画像なしスマソ)

名古屋市営バスの都心ループ[栄758]系統は名古屋駅バスターミナルの改築工事にともない、名古屋駅より北側に位置する那古野町(なごのちょう)に延長し、ここを始発として、栄町方面に運行している路線で、通常は専用カラーのいすゞエルガミオノンステップバスが用いられていますが、時折、同型の一般塗装車が代走することがあります。
本日わたくしはポートメッセでI-Dollに一般参加してきましたが、その帰りにボークス名古屋SRに寄り道したあとの午後4時半前、矢場町バス停付近で[栄758]が一般車で代走しているのを確認しました。以前にも都心ループ専用車が三菱ふそうMEだった時期に、一般の中型車での代走を1度見たことがありましたが、それ以来の一般車代走シーンの発見ということになります。今回観た代走一般車は幕車ですが、幕車の場合、名古屋駅の系統([名駅○○])で用いられる緑幕、栄の系統([栄○○])で用いられるピンク幕のいずれでもなく、白幕になっているのが特徴です。今回は観られませんでしたがLED車の場合は専用車と同様の表示方式がされるということでした。
スポンサーサイト
line

よみがえるノンストップ京阪特急

本格運行開始から50周年となった京阪電鉄の特急は、11年前まで七条~京橋の両駅間がノンストップでしたが、このノンストップ特急が、今月22日から上りのみ復活しました。種別は快速特急です。
今年のノンストップ特急の運行は、12月4日までの土休日に朝方2便ずつが予定されています。

来年の春からは、新たな愛称をともなって走るということですが、ここは単に快速特急でいかがでしょうか?そして、上下とも昼間だけでもよろしいので完全復活してほしいものですね。
line

【見習いメイドが】俺(お)らDDギャザリングさ行ぐだ【まっだぐねぇ】

タイトルそのままですが、本日はDDギャザリング&10月新作ドレス発表会の2日目ということで、朝方にボークス大阪SR(大阪市浪速区)へ行ってきました。

このDDギャザリングから発売開始となったのがアオイ&ユキノのDDⅢ仕様。メイクもいささか変更がありました。わたくしが仮にお迎えするとなれば、ユキノは改変なし、アオイは口の左右を吊り上げてWの字口に修整したいところですが、それでも旧版のに比べるとアオイはいささかの改善は図られていました。
旧版アオイは少年素体向けの顔でしたもの・・・ (((( ゚д゚;)ガクガクブルブル

そして新作ドレス発表会ですが、わたくしの目当ては臙脂色の「メイドの見習い」でした。みづきに着せる目的で購入を考えていたものです。
わたくしは営業開始時間に合わせた午前11時に現地に到着しましたが・・・


既 に 完 売 御 礼


それもそのはず、新作ドレス発表会の日は1時間、営業開始時間が早まるということでした。要するにわたくしの計算間違いだったのです。ゆっくりした結果がこれだよ!!!
さらに手元の財布にはあろうことか¥6,000(帰り賃+食費は)しかなく、そればかりか銀行のカードを家に置いてきてしまったので預金が下ろせず、仮に「メイドの見習い」が1点でも残っていたとしても手に入らないことが現地に着いたときに初めて判り、結果的にこの新作ドレス発表会は「不戦敗」になりました・・・ orz

みづき「使いさんの苦労もわかりますが、ここはディーラー様のハンドメイドの方が我々には望ましいかと」

・・・サーセン
line

重層化により河和・常滑両線の平面交差を解消~太田川駅

愛知県東海市にある名鉄太田川駅が、12月17日から重層高架化されることになりました。
(詳細は→こちら
これまでは、河和・知多線と、常滑空港線とが平面での交差だったため、一方の接続を受ける列車(たとえば、金山からの知多半田方面行き普通に対して、始発の常滑線普通)が同時に発車するということができず、ダイヤ編成上のネックになりがちでしたが、重層高架化に伴い、これが改善されます。既存駅の重層高架化は中京圏ではJR東海ですら未実施で、この名鉄太田川駅が初めてのケースです。
太田川駅の上下ホームそれぞれの線路配置は不明ですが、この駅はミュースカイが時速120kmで通過するため、通過線が設けられるかどうかが注目されるところです。2~3路線が分岐する駅での立体交差のパターンとしては、1路線の上下いずれか、もしくは両方を高架橋や築堤で乗り越すものと、2~3路線とも上下線別もしくは路線別にしてホームを重層化するものとがあり、太田川駅と同じ形で重層化が行なわれた駅は、東京では京急蒲田駅(大田区)と京成青砥駅(葛飾区)、大阪周辺では近鉄布施駅(大阪府東大阪市)があり、このうち京急蒲田駅は待避線を備えた上下各1面3線(現在下り線は工事中)です。また布施駅は、大阪線と奈良線の2段方式で、それぞれが通過線を外側に上下に持つ上下各1面4線になっていました。
line

東方紅楼夢に行ってきました・2011

昨年の「6」に続きまして、インテックス大阪(大阪市住之江区)にて昨日開催されました東方紅楼夢7に一般参加してまいりました。無論、東方プロジェクトのオンリーイベントとしては国内第2位の規模を誇るイベントです。

わたくしは昨年とは異なり、紅楼夢の公式ガイドブックの前売り分は既に完売してしまっていたため、直接インテックス大阪まで乗り込み、場内で公式ガイドブックを買うはめになりました。このことを考慮に入れて、昨年より早い午前10時30分の一般入場開始よりもずっと前に現地に到着しましたが、本年のは4号館・5号館・6号館Bホールの3ホールに拡大して行なわれたせいもあり、一般入場開始直後の「人間弾幕」が濃すぎるため入場を20分後らせ、それでも待機時間はあったものの数分で中に入ることができました。ちなみに今回行った目的が「こみトレ18で撮らせていただいたレイヤー様方2人に、その際の写真を届ける」ことのみだったのは、ここだけの話です(笑)

ただ、それだけではあまりにも失礼極まりますので、コスプレ撮影の時間を今回は多くとることにしました。撮らせていただいたレイヤー様が19人にわたり、その総じての撮影枚数は今までの倍になったのですが、その中から掲載許可が出た3枚を追記にてご紹介いたします。

more...

line

勇ましきボンデージスタイル

はい、タイトル無関係ですが、先日のDoll's Mythでの戦利品の報告です。

予算云々はさておいて、今回のDoll's Mythでの結果的に唯一の戦利品になったものは、こちら、エナメルのチューブトップブラでした。



サイズはDDにあわせたものですが、「ちっぱい」なNeoAngelRegion素体を持つみづきには、ちょうどよかったです。



単純にファッションとして捉えるのみであれば、ボンデージもここまでコーディネイトさせると勇ましささえ感じさせる、という好例ですよね(何)。これはキャットスーツも当てはまりますけどね。
でも脱がせるのが大変・・・(←そこまで考えるな)
line

銀座線1000系から始まる?「往年の名車」のリメイク

東京メトロ3号線(銀座線)の新1000系車両6連1編成が、このたび報道陣に公開されました。
(詳細は→こちら
日本最古の地下鉄として知られる銀座線では、営団地下鉄時代、オレンジ1色のクモハ2000・モハ1500などが運行され、非冷房ながらも80年代後半まで主力車両の座に君臨、全廃された今でもなお多くのファンに親しまれています。これら非冷房車の置き換えを目的に導入され、83~96年にかけて6連38編成を揃えた01系では銀地にオレンジと白の帯になり、直線中心でやや近未来志向のデザインとされました。
しかし、時代のニーズは変わるもので、東京メトロになってからつくられた車は、復古思想に基づいたのか、曲線中心のデザインに転じてきており、01系初期型車の置き換えを目的に導入されることが決まった今回の新1000系では、クモハ2000・モハ1500以前に在籍し、現在は地下鉄博物館(江戸川区)に1両だけ展示されている旧クモハ1000のデザインをベースに、左右非対称の前面かつアルミ車体にリデザインした車両とされている一方で、内装や下回りは9号線(千代田線)の16000系を16m3ドアに縮めたような印象、そして行き先表示も角ゴシック体表示の白色LEDと、最新のメカニズムが往年の名車のイメージに織り込まれた格好です。
東京急行電鉄でも、池上・多摩川線で使用されている2代目「青がえる」こと新7000系は、車体は曲線がきつく、塗装はグリーン主体、内装は木目調というように、先代「青がえる」こと初代5000系のイメージを織り込んだ車で、最近まで実用性重視で切妻顔だらけだった同社のイメージを覆しています。
このように往年の名車のイメージを取り入れた復古調のデザインが、今回取り上げた東京メトロや東急を皮切りとして徐々に見直されてきていますが、JRグルーブでも、いずれはダブルルーフの旧型客車が最新の技術のもとで復活(ただし牽引するのは両運転台の電動車かつプッシュプル)するなんてことがあるかも知れません。
line

第18回Doll's Mythに出店しました

本日、難波御堂筋ホール(大阪市中央区)にて開催の、第18回Doll's Mythに出店しました。

BJDは、みづき、蓉子を連れていきましたが、会場の机が細く、ブースの上に出せたのは蓉子だけで、みづきは撮影ブース要員に回すことになりました・・・

が!!!

ドール持ち歩き解禁の1時間前にみづきを取り出した瞬間・・・。

左大腿部付け根の半球体の接着剤がはがれる

というアクシデントに見舞われ、撮影ブース送りすら不可能になってしまった罠

(つд`゚。

あ、その半球体は帰宅してからきちんと接着しなおしましたよ♪


ちなみに戦利品が今回1つありましたが、これにつきましては、故障したカメラの代替品をまだ手に入れられていないのでお伝えできません(何)
line

I-Doll Vol.33に申し込みました

来月27日に都立産業貿易センター浜松町で開かれるI-Doll Vol.33に申し込みました。
同じ日には岡山市でDOLLS Sanctuary'11が開かれますが、実は先月末までI-Dollとの2択で迷い、そうこうしているうちにSanctuaryの締め切りに間に合わなくなってしまい、締め切りが遅いI-Dollを選ぶ結果にいたったものです。
なお個人的なスケジュールの都合がつかないため、今回のI-Dollを持ちまして、都内開催のイベント全体への出店につきましては、半年間の予定で中止させていただきます。

わたくしは3年前のSanctuaryに出させていただいたのですが、こちらは厳密に言うと、例の山陽新幹線0系の営業運転最終日とリンクした遠征でした。昨年のSanctuaryへの遠征も検討はしていたものの、申し込み用紙の入手を忘れていたため失敗し、さらに今回はI-Dollとバッティング、という運の悪さもあって、またも断念せざるを得なくなってしまいました。それゆえに、次にSanctuaryに遠征できるのは来年になりそうです。
line

私鉄初のVVVFインバータ制御の電気機関車はナローゲージ

富山県黒部市宇奈月地区を走り、毎年4月下旬~11月下旬のみの季節運行が行なわれている黒部峡谷鉄道の新しい電気機関車・EDV型が、このたび川崎重工業で竣工しました。
(詳細は→こちら
黒部峡谷鉄道はトロッコ列車で有名で、すべての列車が電気機関車牽引の客車列車ですが、軌間が762mmという、全国では他に三重県の2路線(三岐鉄道北勢線、近鉄内部八王子線)にしか現存しないナローゲージの路線でもあり、旧国鉄でいえばEF66世代の、直流モーターによる「在来型」機関車の導入が最近まで続いていました。
今回導入されたEDV型は、同社はおろか、(JRではない)私鉄の機関車でVVVFインバータ制御が採用される初のケースとなりましたが、そればかりか、ナローゲージ路線の車両群でVVVF制御を採用する初めてのケースともなったのは特筆に価します。
営業運転開始は来シーズンからとなる予定ですが、このEDV型がナローゲージ路線の新たな可能性の開拓に貢献するのは間違いないでしょう。
line

ドールズガーデンの戦利品なう

早10月となりまして、辺りもめっきり涼しくなってまいりました。
わたくしも昨日から長袖に切り替えていますが、たった1ヶ月でここまで気温が下がるのは何年ぶりのことでしょうね。

さて本日は、先週ドールズガーデンmini3に出店した際の戦利品をご紹介します。



more...

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line