Got wild

27日、ボークス神戸SRが同じ建物の地下2階への拡張移転のため、一時閉店しました。
これに伴い25~27日にセールが行われていましたが、わたくしもまさに現フロアでの最終日となった同日にそちらへ伺いました。そのときの戦利品をご紹介します;



今回の戦利品はすべて男物です。蓉子が着ているネル、ジーパンそしてブルゾンの3点がそれらで(いずれも訳有のため¥500ずつでした)、サイズとしてはSD13少年にあわせたものになっていましたが、実に巧い具合に蓉子に着せられました。当家のドールは「女所帯」ですが、それにも拘らず男物だけの入手となったのは、蓉子は素体の特性上、国産ではSD13サイズでないと着せにくい嫌いがあったためで、実際、この3点に助けられた形です。



服としてはユニセックスといえますが、これでピアスをはずせばほぼ「男装の麗人(*)」ですね(ぉ


(*)ちなみに中国大陸では「男装」は紳士服の意味となります
スポンサーサイト
line

アゾンレーベルショップ秋葉原、4月22日に文京区へ!!

*この記事は1/6ドールを主力とするアゾンインターナショナル様に関連しているため、1/6ドールズのカテゴリになっています


秋葉原駅電気街口・ラジオ会館の4階に入っているアゾンレーベルショップ秋葉原店が、4月22日から神田明神に程近い文京区湯島1丁目に移転します。ラジオ会館の老朽閉鎖→改築が決まり、それに先んじて移転するもので、現在地での営業は17日までです。
現在のラジオ会館には、4階にピュアニーモなど1/6ドールを主力に50cmドールも強いアゾン、6~7階にSDでおなじみボークスが入居しており、それぞれ得意分野が対を成していますが、この3~4年の間にサンクリやI-Dollなどのついでで現地を訪れた際には、わたくしはどちらにもお世話になりました。ラジオ会館の閉鎖後はボークスとアゾンは離れ離れになるものの、次に帰省するときには、無論どちらにも寄せていただくことにしています。
ちなみに移転先は秋葉原電気街の西端ですが、秋葉原電気街そのものが3区にまたがっており、多くは千代田区ですが、一部が区境(他都市でいえば市境)を越えて台東区と文京区にかかっています。
line

明日の名古屋のI-Dollは不参加にしました

タイトルのとおりですが、明日一般参加の予定にしていたNagoya I-Doll VOL.11へは、いろいろと熟考した結果、まことに失礼ながら、行くのを自制しました。
ちょうど同じ明日に名古屋市営桜通線の野並~徳重(ともに名古屋市緑区)間の延伸開業が控えていて、あわよくばそちらのスクープも、と考えていたのですが、さすがにそれは甘かったようです。さらに、京阪神でのイベントと違って距離もあるので、わざわざ一般参加にしてまで交通費だけ食らうのは得策ではないと判断、先月のドールズガーデンに引き続いて不参加のやむなきにいたりました。

ちなみに5月と8月のドールズインワンダーランドはディーラーで伺います。


蛇足ですが「エルゼラの部屋」の開設は諸事情あって月を跨ぎます。早ければ来週の予定です。
line

八幡市駅上り線の緩急接続設備は・・・

急行停車駅である京阪の八幡市駅は、かつては上下とも待避設備を持っていて、特急の通過待ちを主に平日の朝晩に実施していましたが、一昨年に隣の淀駅下り線が高架化されて待避設備が設けられたことに伴い、下りの待避線を1つなくし、現時点で京阪では大津線の四宮駅(京都市山科区)ともども2つしかないJR型配線の駅となりました。そのため上り線が現在も待避設備を残しているのですが、きたる5月28日のダイヤ改定では、淀駅の上り線にも待避設備ができて2面4線となるため、待避機能が淀駅に集約されることが予想されます。
それにより、こちら八幡市駅の待避設備そのものの存在意義が失われることになってしまいますが、現在1番線となっている待避線については、撤去と存置の両方の可能性が残っています。これをわたくしなりに考えてみました;

(1)撤去説
これは下り線に続いて、上り線の待避線も撤去する代わりに、上下線ともホームを拡幅してラッシュ対策とする説です。京都府八幡市の人口は、まだ10万人足らずですが、ラッシュ時は大阪方面、京都方面のどちらにも著しい流動があり、特に下り大阪方面へは朝方ラッシュ時の混雑が著しく、そのため平日朝方にはかつて淀始発の準急が多数、設定され、大阪方面への通勤客を捌いていました。淀駅始発とされていたのは、当の八幡市駅に折り返し設備がないためです。
(2)存置説
こちらも淀駅と関連していますが、京都競馬開催時、京都方面への臨時列車の設定がもし行われる場合に引き上げ線として現在の上り待避線を残すというもので、その場合、淀駅に比べて利用者がごく少ないことを承知の上でこの八幡市駅を始発とした、三条・出町柳へ行く列車の運転が行われる可能性があります。また定期の普通でここを始発にする上り列車が設定される可能性も否定できません。ただし、行き先幕に八幡市の表示がないので、朝方の上り限定になりそうですが。

何はともあれ、5月28日以後の八幡市駅上り線の動向が注視されますね。


以下、拍手レスです;

more...

theme : 地域のニュース
genre : ニュース

line

SOOMのフェアー素体はSDに似ている!?

というわけで、遅くなりましたが、I-Doll Vol.31にてお迎えした、韓国SOOM社製の55cm素体のレビューをお送りします。

(素体のみの状態の画像がありますので続きは追記にて)

more...

line

クハ103-1・2が離脱

1965年に現・東京車両センター(当時は品川電車区)に配備されて山手線で運用を開始し、その後森之宮に転じて大阪環状線での運用実績があった、日根野電車区のクハ103-1と、同じく山手線出身だったクハ103-2を含む編成が、12日のダイヤ改定に先んじて運用を離脱していたことが明らかになりました。
これらは昨日夕方のJR京都線上り快速に乗車中に吹田工場で発見しましたが、そのまま廃車になる公算が大きいようです。ただ、103系のトップナンバーだけあって2両とも保存が望まれます。
line

ホームタウンドルパ京都8レポート(2)

ホームタウンドルパ京都8レポートの第2部は、私事になりますが戦利品のご紹介です。

今回は、先週のI-Doll同様に今までにない買い物をしたため、1万円を上回る出費になりました(それでも予算の範囲内です)が、その内訳は、
・金属スタンド/DDサイズ
・ブーツ/SD13~17サイズ
・ランジェリー3種/DD・SD~SD13サイズ
・Tシャツ/SD13サイズ
合計6点でした。

その中から、ここではハードランジェリー1点をご紹介します。

蓉子が履いているショーツがそれで、制作はF-Laboratory様です(ビュスチェは別ディーラー様の作品で、先週のI-Dollでの戦利品)。DDサイズではありますが、左右のベルトを調節することにより、蓉子にも履かせることができました。



このブログでは全年齢対象としているため、開けた状態はお見せすることができませんが、このショーツは何と、ジッパーが開きます。

蓉子「・・・? おまんさん、ふがなえつんつ下観てごしなっても何もあらんけん」

また前後がないため、着用見本では後ろにジッパーが来ていましたが、この画像のように前に持ってくることもできます。無論、わたくしは普通のインナーとして購入させていただきましたので、まず開けることはありませんが(笑)。



以上、2回とも短くなりましたが、ホームタウンドルパ京都8のレポートでした。
line

ホームタウンドルパ京都8レポート(1)

北日本での震災の影響で開催が危ぶまれていたホームタウンドルパ京都8ですが、本日、予定通り開催されました。

開催場所の京都府立総合見本市会館パルスプラザ(京都市伏見区)までは、天気もよかったので京都駅から歩いていきましたが、京都駅まではさすがに京都バスを利用しました。
ちなみに今回連れて行ったのは、蓉子です。
会場到着は一般入場開始時刻より20分遅れになってしまい、すでに一般待機列は入場が完了していたのですが、中の混み具合の著しさからして、一般入場開始前にはそれ相応に長い列ができていたと思われます。またディーラーマーケットでは、おそらく首都圏の方々のブースであると思われますが、震災の影響からか、欠席されていたディーラーがいくつか目に付きました。

そんな中、今回も昨年のドルパ同様にお茶会ブースをメインに多数のカスタマー様方のドールの写真が撮れましたので、その中から、掲載許可が下りた1枚をご紹介します。

ドドドドドドドドド

「WRYYYY!!」「貧弱!貧弱ゥ!!」「全部憶えたッ!」など数々の名セリフと擬音で知られ、特に第3部はカプコンのリリースにて対戦格闘アクションにもなった「ジョジョの奇妙な冒険」。その第4部か第5部のキャラのドールです(名前は失念)。原作のイメージがトレースされていていい感じに仕上がっていますね。


ドルパレポートは第2部に続きます。
line

本日の博麗神社例大祭は中止です・・・

東京ビッグサイトで本日開催予定だった、国内最大規模の東方オンリーイベントの第8回博麗神社例大祭が、北日本で発生した大震災の影響にともない、中止が決定したそうです。

わたくし自身は京都のホームタウンドルパがバッティングしているため、もともと行く予定はありませんでしたが(ドルパの方は予定通り実施される見通しですが、既にディーラー様のいくつかが欠席なさるとききました)、東方プロジェクトという、同人コミュニティとしては最大クラスのジャンルに特化したイベントであることから、博麗神社例大祭の中止による総合損失は莫大になるおそれがあるだけに、胸のつぶれる思いがします。

またこの場をお借りしまして、このたびの北日本震災で罹災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。



p.s.その後、第8回博麗神社例大祭は「中止」ではなく「延期」に変更され、5月8日に日程をずらした上で開催することになりました。
line

I-Doll Vol.31にディーラー参加しました

昨日はI-Doll Vol.31にディーラー参加してまいりました。
当日は、京都駅を23時、自宅最寄の三条京阪前を23時20分に出発する東京ディズニーリゾート経由千葉中央駅行きの夜行バスに乗車し、京成上野駅で下車したのですが、定時では6時20分に着くはずが、高速道路の渋滞がなかったためか30分早く着いたので時間もかなり余ってしまい、秋葉原電気街を経て、都営地下鉄6号線(三田線)に乗るべく大手町駅まで歩くことにしました。あわよくばその途中で朝食を、という計算です。その目算は当たったものの、それでもモノレール浜松町駅に最も近い芝公園駅まで早く着きすぎてしまうことが判ったので、神保町駅や学士会館を通る遠回りをしています。
上野駅下車から合計3時間を経て浜松町駅に到着し、いよいよモノレールで流通センター駅を目指します。着いたのは9時半、まだまだ余裕がありました。

そして11時に一般入場が開始し、いつもより1時間長い16時で終了となった今回のI-Dollなのですが、今回わたくしはラ・テミスと、もうひとりのモデルを連れて行きました。
会場ではウィッグも異なりました
SDクラスでは4人目となるドールの「エルゼラ」です。
素体は1日の時点ではまだ決まっていなかったことから、仮素体としてオビツ60を用いていますが、このI-Dollの際にSD準拠の韓国SOOM社製55cmキャスト素体を組み立てキットながらお迎えしたため、そちらが本素体に決まりました。この素体に関するレビューはまた後日お伝えできるはずです。
ちなみにエルゼラとは通称で、フルネームは「エルファーシア・ディ・ゼルベリオス」といいますが、実はわたくしがかつて作ったガンダムSEEDデスティニーと創作とのクロスオーバーSS「運命は、死んだ。」に出したオリキャラ、しかも主人公だったりします(SSではエルファーシアという本名の方になっていますが)。

戦利品は上記のキャスト素体のほかに2点あり、どちらも黒系ですが、これらは一方は早速エルゼラに、もう一方は蓉子に着せるためです。素体は、実をいうと¥7,000と組み立てキットとはいえキャスト素体にしては安価ですが、その分があるため、今までわたくしが参加した全イベントで初めてとなる1万円以上の買い物になりました。それでも、エルゼラの本素体になるキャスト素体は、もともとは中古ですら3万円前後するSD13辺りの値段の範囲を想定していただけに、I-Dollでの買い物の総額は素体お迎えのために用意した予算の半分足らずです。

改めまして、昨日御来場になりました皆様に、この場をお借りして、心より御礼申し上げます。
line

いよいよ明日はI-Doll Vol.31です

間もなくI-Doll Vol.31参戦のため夜行バスで東京に帰省します。
今回はモデルが2人と決まりましたが、このうちラ・テミスが担当するのは、1月下旬にリリース済みの、ピンク水玉の三角ブラ&ショーツです。
そしてもうひとりが新作となります銀のブラ&ショーツを担当するのですが、・・・さて誰でしょう?

それでは皆様、明日のI-Doll Vol.31でお会いしましょう。
line

3000系特急は増えるのか?~5/28京阪ダイヤ改定

現在、淀駅(京都市伏見区)の高架化事業が継続中の京阪電気鉄道。その淀駅の高架化は既に下り線で実施されましたが、きたる5月28日にいよいよ上り線の高架化が完成し、ダイヤ改定が行われることになりました。
[詳細は→こちら
3年前の中之島線開業の時点に実施されたダイヤ改定では出町柳~中之島を65分で結ぶ快速急行の運行とこれに用いられる3000系の導入が目玉となっていましたが、利用客の伸びがそれほど大きくなく、次の5月の改定ではこの快速急行の大半を特急と急行に分割するため、現在は快速急行メインの3000系車両が特急に用いられる機会が増えることが予想されます。

さてこの3年間に2度実施されたダイヤ改定がいずれも淀駅高架化事業とリンクした暫定的なものであることの証左なのでしょうか、今回の改定は2003年9月の改定でのダイヤに似たものに戻りそうです。

more...

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line