4台に増えた京阪京都交通の大型ノンステ

京阪バスから移籍した車両が一時期8割近くを占めていた、京阪京都交通の西京営業所では、昨年度に同社の大型車として初めてのノンステップバスとして、プロパーの日野ブルーリボンⅡノンステップバス2台が導入されましたが、その第2陣の2台が今月上旬に導入されました。大型車ということもあり、主として通勤・通学輸送の需要がとりわけ大きい、系統番号が20番台の路線(京都駅前/桂駅東口・西口/JR桂川駅~桂坂中央)で使用されています。
これにより、京阪京都交通のノンステップバスは西京に大型のみ4台、亀岡に中型2台・小型3台、ワンステップはいずれも中型で西京に2台、亀岡に9台という陣容になり、低床化率も2割を超えましたが、いまのところすべて日野車で、三菱ふそうの低床車は未導入です。ただ、新車を日野に統一する方針であるとは明言されておらず、今後、三菱ふそうのノンステップバスが入る可能性もあります。
スポンサーサイト
line

【あやの&シルク】久々の更新いっとく?

本日、あやの、シルクそれぞれの部屋に画像を追加しました。あやのは7ヶ月ぶり、シルクにいたっては9ヶ月ぶりの更新になってしまいましたが、メンテナンスついででいくつか撮影の機会があったので追加ということになりました。

そのうち舞織、あやの、シルク、ほたるの爆乳カルテットの集合写真なんかアップしてみたいものですね(ぉ

次はまりみての面々・・・(どこまで放置する)
line

雨にも負けずドールズインワンダーランド

昨日はまんだらけグランドカオスでのドールズインワンダーランドでした。
前回は京都駅よりJR京都線(普通)利用~大阪駅下車、大阪駅より徒歩利用でしたが、当日は天候不順のため、三条駅より京阪(快速急行)利用~渡辺橋のりかえ、肥後橋より大阪市営四つ橋線利用で四ツ橋下車、というリレーでの会場入りです。
外がまとまった雨という最悪のコンディションであることから、客足が鈍くなることを覚悟していましたが、蓋を開けてみれば、いつもどおり、というよりもタイトルの通り、正午(厳密にはその5分前)のオープン直後から盛況で、この流れのままに最後まで行きました。わたくしはといえば、DD規格のマイクロビキニや1/6系規格のランジェリーといった、規模の大きいイベントではなかなか見向きをされにくい代物にご縁をいただけただけでなく、初めて単独で連れていったフランドールが何気にスタッフ様に人気でした。

さて次なるイベントは来月6日のコミックコミュニケーション14が待っています。ジャンルは東方ではなく、創作で取ってありますが、こちらでも例のフランドールを連れていきます。
line

ラ・テミスはお留守番・・・

明日はドールズインワンダーランドです。
ただ、当日悪天候が予想されるため、今回はディーラーカットに反して、フランドールだけ連れて行くことになりました。これは昨年2月から一貫してドールイベントに連れていっていたラ・テミスが、初めてお留守番になることを意味します。



フランドール「ええっ!?テミスさん行かないの?」
ラ・テミス「残念だけどわたしは行かないよ。でもグランドカオスの場所は前にいっしょに行ったときに知ってるだろ?」
フランドール「ある程度知ってる」
ラ・テミス「だったら安心だな。さぁ、元気に行ってこ~い!!」

・・・という会話が聞こえてきそうです(ぉ
line

8112F廃車!!原型東武顔編成は残り1本

東上線では、先日、50000系列15編成目の51006Fが運用を開始しましたが、各種東武鉄道系サイトによりますと、この51006F入線の玉突きで、8000系の2編成残っていた原型顔編成のうちの8112Fが昨日、廃車されました。
本線の南栗橋車両管理区春日部支所では、8000系非ワンマン編成そのものが既に浅草駅乗り入れを取りやめ、しかも残りが2連ばかりなので実質休車状態に追い込まれており、危機的状況にありますが、こちら東上線(森林公園検修区)ではまだ多数の8000系を見かけます。しかし、原型顔の編成はことごとく姿を消してしまい、残すはあと1つ、8111Fのみです。50000系はさらに数本の導入が予定されているため、その玉突きによる8000系の離脱が発生することになりますが、この8111Fの年内の運用離脱の可能性も否定できません。東武鉄道通勤車初の新性能車・2000系から続いてきた「東武顔」の命脈が立たれる日は、目前に迫ってきています。
line

京都の奥地もワンステの時代/京都バス

京阪グループに属し、京都市右京区に本社を構える京都バスは、左京区・北区・右京区を主なエリアとし、この3区の主要な観光地と市内中心部とのアクセス路線のほかに、山間部への路線をも走らせていることで知られていますが、その中でも特に奥地になる左京区広河原、北区雲ヶ畑への路線は、停留所間隔が広い山岳区間について自由乗降区間が設定されているのが特徴です。
しかし、これらの山岳区間を有する2つの路線のうち、花背線(32号系統/出町柳駅前~北大路駅前~京都産業大学~鞍馬温泉~広河原:日4便)が最近になってワンステップバスでの運行になりました。
在来の車両は富士ボディの中型ツーステップ車・いすゞU-LR233Jなどで、長らく、この路線のスジに専属していましたが、鞍馬温泉以北の山岳区間(この区間がちょうど自由乗降区間に重なる)が険しい地形を含んでいるため傷みもひどく、今春、導入されたばかりのワンステップ車・いすゞPDG-LR234J1と日野PDG-KR234J1に代替され、いよいよ京都市の奥地もワンステの時代に突入したことになります。花背線はちなみに、高野橋西詰~上野中間で北区に出るほかは左京区に属しており、かつては左京区最南端でもある三条京阪前まで路線が延びていましたが、1987年に出町柳駅前始発に短縮されています。また、広河原は三国岳の麓にある京都市最北端のバス停です。

参考までに、京都市域のバス停の最南端は生津(なまづ:伏見区/京阪シティバスほか)、最東端は小山(山科区/京阪バス)、最西端は出灰(いずりは:西京区/高槻市営バス)ですが、出灰は大阪府へ出たJR高槻駅からでないとバスのアクセスがありません(ただし1日のバスの本数は10便前後)。生津は京阪淀駅から毎時2便、小山はJR山科駅から毎時1便のバスの便があります。

theme : ローカルネタ
genre : ニュース

line

アルカナ3、激ムズでした・・・

(今回は愚痴りまくりなので追記からどうぞ)

more...

line

ドルパ23の戦利品♪

ドルパ23から1週間以上経ちました。
前回は個人的なミスによる金欠のため小物2点にとどまった戦利品は、今回は4点で、そのうち2点がスイムウェアという、時期的にはありがたい内容でした。
この2点のスイムウェアをご紹介します。

ママーハウス様/白の三角ビキニ
正面から
斜め後ろから
基本を押さえた三角ビキニ。白いので色移りのリスクが一切ないというメリットがあります。
ほかにもママーハウス様はこれと同タイプのより薄手のものや、ヒョウ柄のものなどもリリースされていました。

FetishRoom様/ラベンダーのスイムウェア
正面から
斜め後ろから
こちらも実用性の高いスイムウェア。
ドルパではほかにも、色違いのものが多数リリースされていました。

でもよくよく考えてみたらラ・テミスのばかりですね・・・。フランが不愍(ぉ
line

なぜ出ない中型ハイノン

日野と三菱ふそうの2メーカーから、ハイブリッドノンステップバスが市販されるようになって、かれこれ2年が経ちました。現時点では、導入総数最大の都営バスをはじめ、廃ガス規制の厳しい3大都市圏の事業者での導入が目立つものの、地方圏でも富山地方鉄道や伊予鉄道、西日本鉄道、広島県の備北交通などで導入されており、その大部分は価格面で有利な日野BJG-HU8JMFPが選ばれ、日野のヘヴィユーザーである伊予鉄や備北、京都急行バス(プリンセスラインバス)や4メーカーとも導入してきている各社はもとより、以前は小型車しか日野車を入れてこなかった小田急バスにも、この日野のハイノンが納車されています。また少数派の三菱ふそうのハイノンも、遠州鉄道や名鉄バスなどでまとまった数の導入実績があります。蛇足ですが、これらハイノンの行先表示機は、富山地鉄バスに入ったものが方向幕であるほかは、例外なくLEDです。

ところが、このハイノンはこれまで出ているすべてが大型車で、中型は10.5mのいわゆる「ウナギ」も含めて1台もありません。これは市販されてから2年程度では大型の現行2モデルですらまだ実績が浅く、また機器の小型化による中型ベースの車両の開発が途中であるためといわれていますが、真相は定かではありません。
それでも、わたくしはあえて、大型では通行が難しい狭隘区間の救世主としてハイブリッド中型ノンステップバスの導入を推します。狭隘区間が多いがために大型車をほとんど導入できないハンデを抱えていることでんバスなど、ハイノンは中型、という選択になるのは必至の事業者もありますので、開発を急ぐべきだと思います。特にUDトラックス。
line

ドルパ23レポート・その2(東方ドールinお茶会スペースの巻)

はい、ドルパ23レポートの続きです。

今回はお茶会スペースがほかの都内のドールイベントに比べて広すぎることから、東方プロジェクトのキャラドールに絞ってご紹介します。

*画像はすべて掲載許可済み


more...

line

ドルパ23レポート・その1(ディーラー卓の巻)

4日は東京ビッグサイトにてドルパ23が開かれ、そちらに一般で参加しました。
そのドルパ23のレポートを2回に分けてお伝えします。

*画像はすべてディーラー様より掲載許可済み

ディーラー卓編

431-S/゚C -degreeds centigrade様

more...

line

LTS3終わりました

昨日開催のLittle"T"Star!3は無事終了しました。
御来場の皆様にこの場をお借りして御礼申し上げます。

さて早いもので来月はコミックコミュニケーション14ですね。
今回の新刊は、創作を含めてさまざまなジャンルのキャラクタを集めたイラスト本で、タイトルは「薔薇薔薇した結果がこれだよ!!!」です。またこれとは別に、創作SS「Wondering the sky」シリーズの新作をリリースする予定でしたが、こちらは諸般の事情により9月のこみっく☆トレジャー16でのリリースに延期しました。
その他の詳細は、後日お伝えします。
line

間もなくドルパ23+LTS3に出発します

あと4時間ほどで東京に帰省のため出発します。
ちなみに5日のLittle"T"Star!3での販売物は、1タイトルだけ発送せず直接持ち込みにしました。これは「発送したものが何らかのアクシデントで会場に到着していないために、出し物が1つもない」という最悪の事態が起こりえないとも限らないということを考慮したものです。

皆様、5日は都立産業貿易センター浜松町館3階第2展示室でお会いしましょう。
レミリア「楽しみにしていてくりゃれ!」フランドール「皆様のご来場をお待ちしています」
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line