【教えて!!】GEスキニーの全機種のデータが知りたいです!【懐かし家電】

当時のゼネラルエアコン(現・GAC)がリリースし、現在はデンソーエースの業務用エアコンのブランドに引き継がれている「スキニー」エアコンは、いささか数を減らしたとはいえ、現在でもあちこちでその姿を見かけます。
しかし、いかんせん30年弱前の機種群ゆえ、その資料がまったくといってよいほどないというのが現実です。

こーゆーのがゴロゴロいますよね

そんなわけで皆様にお願いがあります。
旧ゼネラルエアコン社のスキニーエアコンで、78~83年度にリリースしていた機種のデータにつきまして、情報をお寄せくださいませ。
特に販売当時のカタログがあれば、コピー(PDFファイル)で構いませんのでそれをお寄せいただけるとありがたいです。
スポンサーサイト
line

【瀬戸線】4004F導入、6757F廃車【減る一方のツリカケ音】

VVVFインバータ制御のステンレス車両・4000系の導入を進めている名鉄瀬戸線では、先日、4編成目となる4004Fが尾張旭に搬入されましたが、その玉突きとして、AL車6750系のうちの6757Fが運用を離脱しました。
6750系は本年になってから廃車が始まっており、今回の6757Fの離脱により一気に4編成が消滅したことになります。残存は6751F(+6752F)と6756Fですが、これらのうちのいずれかが、年内には離脱することになっており、大手私鉄最後のツリカケ車の牙城が崩れる日は音もなく忍び寄ってきていることが実感できます。独特のツリカケ音を録音するなら今のうちです。
line

西日本JRバス高雄京北線、立命大循環を新設&烏丸経由を減便

京都駅と、右京区の京北周山町とを結ぶ西日本JRバス高雄京北線で、11月1日にダイヤの改定が実施されますが、大きな変更点が2つあります。
(1)烏丸・一条経由の減便
最大のサプライズは、このところまったく動きがなかった烏丸経由便の削減です。
わたくしが京都マンガミュージアム最寄の烏丸御池バス停で調べた限りでは、烏丸通を経由する便が減便になり、下り(京都駅方向)が朝方、上り(周山方向)が夕方のいずれも1便のみとなり、かつお盆・年末年始が運休になります。利用率はメインの大宮経由に比べると芳しくないものの、ここ10年以上、下り朝方3便、上り夕方2便の体裁で続いていました。京都駅から四条烏丸までがノンストップであることがこのルートの最大の魅力で、まれにわたくしもJRバスでこの1停留所間だけ利用したことがあります。それだけに今回の減便は寝耳に水です。
(2)大宮・一条通経由で立命館大学へ向かう循環系統の新設
月~金曜日の朝夕のみ、京都駅→(大宮・千本)→千本丸太町→妙心寺北門→立命館大学前→北野白梅町→千本丸太町→(千本・大宮)→京都駅の順で一部循環運行する系統が新設され(時計回りのみ)、これにより京都駅~(大宮)~北野白梅町間は15分間隔に増発となります。
また、土曜日が今回から休日と同時刻での運行に変わり、月~金曜日下り43便・上り41便、土休日下り32便・上り31便となりますが、周山まで直通する系統は曜日を問わず14往復です。

theme : ローカルネタ
genre : ニュース

line

伊予鉄道を中心に松山の市内交通を見る・その2

昨日に続きまして、四国の中心・松山市のJR以外の市内交通についてのお話です。今回はローカルバスについて。

・伊予鉄バス
伊予鉄バスは日野車100%
1日数本しかない路線にも抜かりなく入るノンステップバス
伊予鉄道は鉄軌道のみならず、松山都市圏の一般バス路線もその9割を担い、東は東温市、西は伊予市、南は伊予郡砥部町を経て上浮穴郡久万高原町にも達しています。古参のRJから最新のノンステップバスにいたるまで、すべての車両が日野で統一されているのは、愛媛日野自動車を筆頭株主に持つためです。
ちなみに伊予鉄バスの運賃は特殊区間制で1区¥150、以後1区増すごとに¥50加算されるスタイルですが、久万高原町まで並行している後述のJR四国バスは同調しておらず、二重運賃になってしまっている区間も多いのがネックです。

・JR四国バス 松山~久万高原線
7台ある車両はもと神戸市営バス車で統一
JR松山駅~椿神社前~砥部町役場~久万高原町落出を結ぶ、かつての松山・高知急行線の愛媛県側の区間にあたる路線です。その路線延長は約50kmに及び、現在は、下り7便・上り8便(土休日は上下各6便)を7台のいすゞキュービックで運行しています。7台はいずれももと神戸市営バスのU-LV224Mです。

more...

line

伊予鉄道を中心に松山の市内交通を見る・その1

一昨日から昨日にかけて、四国まで行ってきました。メインは四国で最も多い約52万人の人口を抱える松山市です。
ここのJR四国以外の市内交通は、事実上、伊予鉄道が一手に引き受けており、市内線4系統と郊外線2路線からなる鉄軌道(すべて電化済み)と各方面への路線バスを運行していますが、本日は松山市内線と郊外線についてお話ししていきます。

モハ2100型

more...

line

モノレールが眠る手柄の山で【舞織といっしょ】

姫路市の松原八幡神社では本日と明日の2日間に渡り、「灘のけんか祭り」の別名で知られる秋季例大祭が行われ、大勢の見物客で賑わいます。
わたくしも本日の「宵宮」を鑑賞させていただきました。

さて、ここからが本編です。
その松原八幡から姫路駅に戻ったあと、思うところあって手柄山公園まで寄り道してきました。

わたくしは昨年のちょうどこの日にもここを訪ねていますが、そのときは姫路市立水族館がまだ営業していました(現在は拡張移転工事のため、来年度末までの予定で一時休業中)。
手柄山公園は1966年の姫路大博覧会にあわせて整備され、どこか西洋の城を思わせる姿になっていますが、かつて8年間だけ、ここから姫路駅前まで手柄山モノレールが運行されていました。現在は頂上に緑の相談所、周辺に温室植物園と前述の水族館などが存在し、西麓には手柄山遊園(入場料がとにかく安い!!)も設けられています。旧水族館の横には山道がありますが、石段を登る形で設けられており、案外険しい道のりです。
右手後方の建物が緑の相談所で、かつての手柄山駅跡です。
現・緑の相談所の地下には、かつてのモノレールの手柄山駅が眠り、非公開ながらそのままの形で残されていますが、その手柄山駅の隣が新・水族館の建設予定地で、新水族館ではモノレールの車両も展示されることがすでに決定しています。
実はこの新水族館建設に伴う付帯工事として、モノレールの車両異動工事が先月から3ヶ月間の予定で始まっており、わたくしが観た限りでは、検修線と本線とをつなぐポイントの跡に整備されているサンクンガーデンが閉鎖され、昨年訪れたときには鉄の蓋で厳重に封印されていた軌道がその姿をむき出しにしていました。来月15日に迫ったモノレール車両の先行一般公開では、200型(cMc)の1両が公開されることになっています。わたくしはちなみに家の事情もあってさすがに行けませんが・・・。
line

【房総に嵐】209系2000番台が営業運転開始【東日本】

E233系導入にともない京浜東北・根岸線での運用から離脱した、もと浦和車両センター所属の209系の2000・2100・2200番台への改造が続いていますが、幕張車両センターに配備された2000・2100番台が今月に入って漸次、営業運転を開始しています。第1次導入区間は、内房線・外房線全区間と総武本線の千葉以南です。
ちなみに209系のもと浦和車は、川崎重工業製の車両はクハの一部が転用されたのみで多くは解体されていますが、東急車輛製、新津車両製はほとんどが2000・2100・2200番台に改造されました。ただし6ドア車のサハ208は、現時点ではすべて解体された模様です。
line

ラ・テミスのドールズインワンダーランド大阪5

4日のドールズインワンダーランドではDD系のディーラーがなく、ブライズ&1/6系とSD系にほぼ二分されていましたが、それでも撮影スペース目当てでDDユーザーの方々が多く御来場でした。

わたくしも集合写真撮影の時間が近付くと、自分のブースからラ・テミスを撮影スペースへ連れて行きました。
またも調子こいてウッーウッーウマウマ

そしてこの圧巻の集合写真!!
ラ・テミスを探せ!

MDD、オビツ47・50もありますが、主力はやはりDDです。DD主体のディーラーが不在だったとはいえ、一般参加でDDを連れて来られた御仁が多かったのは、ドールズインワンダーランドならではでしょうか?(何)

改めて、当日ご参加の皆様に心より謝意を表します。
line

JR東海バス、一般路線を全廃

先月末日付けで、JR東海バスの一般路線バスがすべて姿を消しました。最後に残っていた路線は国鉄バス第1号路線だった、愛知県瀬戸市を中心とする路線網で、路線は名鉄バスに移管されています。
JRになった直後、JR東海バスの一般路線には、一部廃止を経て今回名鉄に移管された瀬戸地区の路線のほかに、豊橋駅~二川~新居町駅(愛知県側のみ豊橋鉄道に移管)、中部天竜駅~遠江二俣(旧・佐久間町営バスを経て遠州鉄道に移管)、美濃白鳥駅~九頭竜湖駅(岐阜県側の区間がコミュニティバスの体裁で残存)の3路線がありました。
中でも豊橋~新居町線は、10年前にわたくしも乗った路線で、わたくしの知る限りでは、当時は豊橋駅から神鋼電機前までの区間では毎時1~2便を確保し、三菱ふそう車100%の豊橋鉄道バスの中に混じって、浜松ナンバーをつけたJRの日産ディーゼルUA440が存在の重さをアピールしていました。廃止後の移管先である豊鉄では55~57号系統を名乗ります。中部天竜~二俣線は、現在の浜松市天竜区で完結する路線で、1日数回だけのローカル路線ではありますが遠鉄に移管されてからは運賃が大幅に引き下げられ、その通し運賃は、実に片道¥630です。瀬戸地区の路線も、一部が名古屋駅まで足を運んでいましたが、市営バスの市役所バス停がJRでは愛知県庁前を名乗っていたほかは、基本的に市営バスに準じたバス停に停まっていたのをおぼえています。名駅への乗り入れはゆとりーとライン開業前日を最後に中止され、また名鉄が別ルートで運行を続けていることもあり、その後復活することはありませんでした。
なお、今月からJR東海バスは特定輸送を除き、東名・名神など高速バスのみで営業しています。
line

ドールズインワンダーランド大阪5に行ってきました

本日はドールズインワンダーランド大阪5でした。

ROM写真集「Buongiorno!」から

出し物はいつもの各種27~60cmドールズ対応のピアス・ネックレス群に加え、先週のサンクリ45で先行販売したラ・テミスROM写真集「Buongiorno!」を7部、用意しましたが、「これはゼンゼン売れないだろう」と思っていた「Buongiorno!」が何気に好評でした。この写真集は、11月のI-Doll Vol.27にも持参の予定です。
場内での様子は、また後日お伝えします。

なお、今回を持ちまして2009年の近畿圏のイベントへのディーラー参加は終了しました。首都圏では11月のI-Doll Vol.27が残っています。
line

【西日本】福知山支社に287系導入【183系を置き換え】

JR西日本の福知山支社管内では、すでにローカル輸送はクモハ125型と223系5500番台が主力になっており、国鉄型は115系とキハ40系が残されているだけという状況にまでいたっていますが、特急関連は相変わらずの国鉄型の独壇場で、金沢支社の485系から交流機器を撤去して転用した183系700・800番台が、山陰本線(京都~城崎温泉間)の電化完成以後、一貫して使用されています。ちょうど、金沢支社管内で特急関連が683系中心になりつつある一方、ローカル関連が国鉄型だらけという状況であることと好対照です。
この183系の置き換えを目的として、来年度、新系列・287系の導入が決定しました。
287系は、内装などは現時点では未定ですが、簡潔に言えば、北陸本線の683系4000番台をもとに直流専用にした車両です。この287系の導入に伴い183系は漸次廃車され、置き換えが完了すると、福知山電車区所属の車両はJR化後の系列が9割に達することになり、あとは豊岡鉄道部のキハ40系列の後継を待つばかりです。
line

【神姫バス】サンピア姫路ゆめさきから塩田温泉へダイレクト【本日ダイヤ改定】

神姫バスでは本日よりダイヤが改定されました。
姫路(中央)管内ではさして変化は見られませんでしたが、北条、相生、山崎管内で目だった変更点が1つずつありましたので、これらをお知らせいたします;
(1)北条営業所管内
・夢前線のうち、[姫53](姫路駅北口~辻井・横関・サンピア姫路ゆめさき)を、姫路市夢前地区の中心である塩田温泉方面へ延長し、
姫路駅北口~辻井・横関・サンピア姫路ゆめさき・塩田~前之庄
に変更。ただ1日2便は変わらず。
*実際の幕番号に漢字はつきません。
(2)相生営業所管内
姫新線三日月駅からSPring-8への系統を新設。平日と土曜に数本の運転。
(3)山崎営業所管内
もと姫路市営バスの路線だった、余部勝原線が大幅減便。
JR網干駅~下余部~山電網干駅:平日9往復、土休日4往復
山電網干駅~下太田住宅:平日下り1便・上り2便、土休日運休
北条管内の夢前線は、全体の便数こそいささかは減ったものの、サンピア姫路ゆめさきから塩田温泉へ直通する便が現れるようになり、いささか至便になりました。
一方で山崎管内の冷遇ぶりは相変わらずで、ただでさえ減便が続いていた余部勝原線は、東半分(下太田口)がついに平日だけの運行になってしまいました。路線がUの字型で中途半端がすぎるため、山電網干で分割し、宮田団地前から東大津(イオン姫路大津)へ乗り入れてから下太田を目指すようにできていれば、それなりの需要が見込まれただけに、残念です。このまま改良が図られることがなければ、わたくしは余部勝原線の下太田口が廃止されることすら覚悟しています。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line