第13回Doll's Myth参加しました

本日は第13回Doll’s Mythでした。

・・・が、今回はわたくしの知る限り、Doll's Myth史上最悪の1日だったように見受けられます。

(以下、毒舌を含むため「続きを読む」へ)

more...

スポンサーサイト
line

京王井の頭線→伊予鉄3000系

四国最大の都市・松山市を中心に路線を持つ伊予鉄道では、京王電鉄より3000系を3連2編成購入しました。形式も変わらず3000系として、8月より横河原高浜線(横河原-松山市-高浜)、郡中線(松山市-郡中港)で運行を開始します。
伊予鉄への移籍に際して、600/750V降圧に加え、旧クハ3700(またはクハ3750)の車体を旧デハ3000(50)の下回りに載せ、モハ-モハ-クハの編成になることが予想されますが、この3両が、それぞれ何という形式になるかが注目されます。
この3000系は、今年度は他に3連2編成、来年度から再来年度にかけて3連6編成を導入する予定です。
伊予鉄のもと京王車では、700系(もと5100系)、800系(もと2010系)が在籍しており、いずれもレール幅1,372mmの京王線の車両だったため台車はさすがに1,067mm用に更新されていますが、今回はレール幅1,067mmの井の頭線の車両が導入されるため、台車はそのまま使用されることになります。
ところで京王電鉄では来年度をもって、すべての営業用車両をVVVFインバータ制御車両へ統一する方針で、井の頭線への1000系導入の玉突きにより3000系が逐次、廃車されていますが、この3000系は上毛電気鉄道にデハ710-クハ720型(1,500V)、北陸鉄道にモハ7700-クハ7710型(600V)とモハ8800-クハ8810型・モハ8900-クハ8910型(ともに1,500V)、岳南鉄道にモハ7000型とモハ8000-クハ8100型(1,500V)、松本電気鉄道にモハ3000-クハ3000型(1,500V)として移籍しています。しかし、これらの前例はいずれも1~2両単位ばかりで、3連で導入されるのは伊予鉄道が初めてです。
line

いつか、新聞輸送に従事する日が来る?209系2100番台

いささか旧聞に値しますが、JR東日本209系の房総各線仕様2100番台の第1陣が、幕張車両センターに配備されることになりました。
209系2100番台は2M2Tの4連で、主電動機などの更新と車内のセミクロスシート化が行われている模様です。また行先表示がLED化されましたが、フルカラーLEDであるのか3色LEDであるのかは不明です。今後、走行試験を経て、正式デビューとなる見通しですが、これにより113系の経年車が置き換えられます。
房総各線といえば、新聞輸送列車が両国駅発で内房・外房線方面に平日・土曜に運行されており、現在は113系が使用されていますが、この担当もいずれ、209系に置き換えられることも考えられます。とはいえ、江戸東京博物館、国技館と並ぶ両国名物といえば、やはりこの新聞輸送列車ですね。
line

続・北条所属車両のLED化が進行中/神姫バス

神姫バス北条営業所では、姫路市の北東部の路線網を一手に引き受けている関係で、本年4月以降に姫路・加古川・明石・三田から移籍してくる車両は行き先表示機をLEDのままとするようになりましたが、この6月に一気に6台にまで増加しました。
この6台はすべて日野車で、大型2台と中型4台です。
北6152
わたくしが14日に姫路市営バスの取材に赴いた際、姫路駅周辺で大型の6152号(画像)と中型の8850~51号がLED車ながら50~60・80番台系統に使用されていたことから、これらが北条所属と確認できましたが、同じ北条管内でも、加西市内で完結する系統、あるいは北条~宝殿駅~高砂系統で使用されているかどうかは不明です。ちなみに北条~宝殿駅~高砂系統は、高砂へは平日だけ乗り入れています。

ところで本年3月28日の姫路市営バス駅南・白浜・勝原・大津地区路線承継の際、姫路市企業局からは日野3台(大型のみ)、いすゞ5台(大型2台・中型1台・小型2台)、三菱ふそう4台(中型のみ)、日産ディーゼル5台(中型のみ)を引き継いだとされていますが、もともとLED車であるいすゞ大型車・三菱ふそう車を含め、すべてLED化されたか、LED化される予定で、これは飽くまでわたくしの予想に過ぎませんが、姫路・加古川・北条・相生の各営業所に配属されると思われます。ただ、もと市営バス路線を2路線(余部線・姫路龍野線)抱えている山崎も候補に挙げられる可能性はゼロではなく、山崎にLED化されたもと市営バスが配備される場合、これが山崎営業所初のLED車の導入となりそうです。
line

格安ツアーバスもいいけど・・・

JRバス関東などが運行するドリーム号に始まる夜行高速バスは、今では東京・名古屋・京阪神発着便をメインに、全国各地に広がっていますが、大きく分けて、JR・私鉄系のものと、ツアー会社が運営するものがあります。
前者はJR・JTB時刻表にも掲載され、安価なものでは青春ドリーム号(JR)やカジュアルツインクル号(近鉄・東北急行バス)など4列シート車両による便が片道¥4,300~5,000程度で運行されていますが、それ以外は3列シート車両が主体で、全体に運賃が高い分、快適性で有利です。JRのプレミアムドリーム号は特に快適性を強化したという利点が挙げられます。
一方、後者は最近になって増えてきている新種の高速バスで、中小旅行会社が乗車券を販売していますが、全体に安価なことから人気があります。ただ、集合時間などの制約があり、なおかつ信頼性に難があるのもまた事実ではあります。

わたくしは以前からJR・私鉄系を選んでいます。別に「安かろう悪かろう」とは考えていませんが、こちらの方が全体にツアーバスより運賃がかなり高いものの、それだけ信頼度が高いためで、また気軽に乗れるメリットもあります。わたくしが夜行高速バスを使うケースは、都内で開催される同人誌即売会に参加するときに片道のみ用いることが多いですが、その場合でも100%JR・私鉄系で、ツアーバスは決して選びません。
line

東西線に導入される15000系とは?

東京メトロ5号線(東西線)では、本年度から3年にわたり、15000系10連13編成を導入すると発表しました。外観は、05系014~018Fに8次車以後の編成の顔をつけたようなものですが、内部は8・13号線(有楽町・副都心線)の10000系を強く意識したものになっています。
運用区間は05系と変わらず、三鷹~(総武線各駅停車)~中野~西船橋~(東葉高速鉄道)~東葉勝田台がメインで、平日の朝晩は、中野~西船橋~(総武線各駅停車)~津田沼でも使用される予定です。
ここで気になるのが05系初期編成の動向ですが、少なくとも現時点では廃車は考えられず、9号線(千代田線)の6000系のうち、電気子チョッパ制御のままで残る編成の置き換えに回すのでは、とみられています。
line

大阪市を走る唯一の京阪バス

内環状線(国道479号線)を経由して、京阪守口市駅とJR吹田駅とを結ぶ京阪バス寝屋川営業所9A号系統は、途中、大阪市東淀川区を経由する、現在、京阪バスの一般路線では唯一、大阪市を走る路線です。
かつては、同じ寝屋川営業所が1号系統(京橋駅~京阪守口市駅~旧国道1号線~京阪寝屋川市駅)と51号系統(八戸ノ里駅~焼野~地下鉄大日~JR千里丘駅~JR吹田駅)を運行していましたが、前者は昨年に大阪市側が廃止、後者も大阪モノレール本線が門真市駅へ延伸されたときには既に廃止されており、この9A号系統が現時点で京阪バスでは最後の、大阪市に乗り入れる路線ということになります。また京都企業である京阪バスの一般路線の中では、最も南西にある路線でもありますが、大阪市営バス86号系統(布施駅~内環状線~上新庄駅)などに与する形で、昼間40分間隔で運行されています。
また、太子橋と豊里小学校前で地下鉄今里筋線に接続します。

画像はJR吹田駅でのもので、車両は、日野レインボーⅡワンステップ(PA-KR234J1)です。
ここ吹田市は、古くは三島郡に属していました(隣の豊中市からが旧・豊能郡です)。ここはほぼ完全に阪急バスのエリアですが、9A号系統が走る内環状線の内本町~上新庄の間は阪急はおろか、大阪市営すら路線がなく、京阪の独占区間です。市内ではほかに、阪急茨木市駅・JR茨木駅より万博記念公園と大阪大学医学部付属病院へ乗り入れてくる近鉄バス鳥飼営業所管内の1路線6系統がありますが、京阪と違って独占区間がひとつもありません。
line

京阪3000系にローレル賞!!

京阪電気鉄道3000系が、鉄道友の会から09年ローレル賞を与えられることが決まりました。その近未来的な外観と内装が高く評価されたためで、近畿圏の私鉄車両では久々のローレル賞選定です。3000系は現在6編成ありますが、どの編成にローレル賞の認定証が付記されるかは未定です。
同社では、1500V昇圧が行われた83年に登場した6000系が、84年ブルーリボン賞に選ばれています。

ほかのローレル賞選定は豊橋鉄道T1000型、またブルーリボン賞選定は小田急電鉄60000型「MSE」で、何気に3大都市圏に均等に配分されています(笑)。MSEのブルーリボン賞は予想通りでしたが。
line

廃線跡ウォーキング/姫路市営バス英賀保南線

きたる9月のこみトレ14合わせで出す予定の、姫路市営バス・神姫バスをテーマにしたSS本の資料を集めるべく、駅南9路線の市営→神姫移管後では始めて、姫路まで足を運びました。
今回の取材では、午後に姫路駅南口から95号系統(姫路駅南口~下太田車庫ほか/市営時代の幕番号は下り:67・68、上り:70)で英賀保駅まで向かい、旧・市営バス英賀保南線(幕番号は上下とも:92)の廃線跡ウォーキングを英賀保駅→思案橋、山電飾磨駅→飾磨支所前の間の2つに分けて行っています。途中、思案橋から山電西飾磨駅へもと来た道を引き返し、西飾磨~飾磨の間は山電で「ワープ」しています。思案橋付近の写真は既に昨年10月に2回目の取材をした際に撮ってあるため、今回は残りの区間ということになりました。
ただ、これから作るSSでは姫路市営バス最大幹線である姫路港線も取材対象になっており、飾磨支所前から姫路港まで炎天下を歩き、その姫路港から姫路駅北口へバスで戻る強硬手段をとりましたが、これにより姫路港線は上りの完全乗車を達成しています。下りは次回ということで・・・(マテ)。

ちなみに午前中は香寺地区にある日本玩具博物館へ行きました。見た目、ただの民家のようにも見える小さな博物館ですが、ここは意外な穴場です。同博物館へは市川に沿って走る神姫バス84号系統(姫路駅北口~福崎駅前)の中仁野バス停下車が最も至便ですが、1日4便しかない上に運賃が¥470と高いため、JR播但南線を利用(香呂駅で下車、徒歩15分。姫路から¥230)することをオススメします。
line

髪が長くなりました/ラ・テミス

我が家唯一の60cmドール、ラ・テミスはここ1ヵ月半ほど、ヘアウィッグはハニーゴールドのショートボブ(SDサイズ)でしたが、昨日からアッシュゴールドのウェービーロング(オビツ60サイズL)に変えています。

にゃははは♪テミス、髪伸ばしたんだぞ♪ほめろほめろ~

実は最近、オビツ60にもストレートロングのヘアウィッグが登場しましたが、色のヴァリエーションがまだ貧弱で、アッシュゴールドやハニーゴールドはまだなく、ウェービーロングを選ぶしかなかったのはここだけの話です。
なぜボンデージを着ているかはナゾ・・・(ぉ
line

北条所属車両のLED化が進行中/神姫バス

姫路市に本社を構え、兵庫県の中西部に広い路線網を持つ近畿第2位のバス事業者・神姫バスでは、姫路(中央)・相生・加古川・西脇・明石・西神・三木・三田の各営業所と大久保出張所に所属している車両の行き先・経由地表示機がLED化されていますが、最近になって、加西市にある北条営業所の車両にLED方式の行き先・経由地表示機を持つ車両が現れてきています。
彼等は北条生え抜きの車両ではなく、もともと姫路や加古川に所属していたものが移籍してきたもので、以前のように幕車に戻されることなくLED方式のまま移籍したため、今後、北条に移籍してくる車両群はLED化の方向で間違いないと思われます。ただ、もと姫路市営の中型ノンステップバス・いすゞKK-LR233J1など、昨年度以前から北条に在籍している車両は幕車のままで、LED化改造が行われるかどうかは不明です。ちなみに姫路市内では、北条管内路線は北東部を走る50・60・80番台系統と75号系統が該当し、姫路市の最北端・雪彦山(せっぴこざん)へ行くものも含まれています。

これによりLED車の在籍が1台もない営業所は、神姫グリーンバスに移管されることが決まっている篠山を除けば、山崎だけになりました。
line

春日部支所の8000系非ワンマン車は残50両に

南栗橋車両管理区春日部支所に所属していた、8503F+8519F+8537Fが、本線系統のダイヤが改定される前日の5日をもって運用を離脱し、廃車されました。
老朽化もありますが、50050系の増備と30000系の地上運用復帰により、玉突き廃車になったものです。
これにともない同支所に所属する8000系は、亀戸・大師線用ワンマン編成を除けば50両にまで激減し、ブツ6と呼ばれる2連3組編成は基本的に観られなくなっています。

*12日追記
各種東武鉄道系ファンサイトによりますと、さらに11日付で、8120F+8507Fが廃車されました。
line

4003Fの稼動が迫る

先月末、瀬戸線の4003Fが搬入されました。
すでに試運転が行われており、来週中に運用に就く予定で、4000系は2編成が6000・6600・6750系との共通運用、そして1編成が固定運用、というように変わります。
なお4004・05Fの導入は秋ごろになる見通しです。
line

不発!!コミコミ13

本日はコミコミ13でした。

新刊として、「アルカナでしょ?でしょ?」と創作SS「Wondering the sky」の2タイトルをリリースしましたが・・・
赤いボンデージな舞織が表紙の「アルカナでしょ?でしょ?」
(以下は毒舌を含みますので「続きを読む」より)

more...

line

修羅場まっ逆様・・・

コミコミ13まで残り2日になってしまいましたが、創作SS本「Wondering the sky」の編集作業がまだ終わっていません
表紙はすでに印刷していますが、本文が未完成なので、最悪の場合は会場内で製本するハメになりそうな悪感・・・(ぉ

ついでに、コミコミ13では荷物を直接持ち込みます。というのも宅急便で送る場合の〆切日が4日で、気がついたときにはすでにその日だったため、断念して直接持ち運びにしたものです。四つ橋線とニュートラムとを直接繋ぐエレベータがない住之江公園駅がネック・・・。

とりあえず、作業に戻ります。


では当日、インテックス大阪でお会いしましょう~♪
line

京急バス、でもここは京都市内

京都市内で1路線3系統からなるプリンセスラインバスを運行するセレモニー観光が、先月下旬から、京急バスに社名を変更しました。
京浜急行電鉄との関係はないとみて間違いありませんが、あまりに突然の社名変更には驚かされます。いったい何があったのでしょうか?
ついでに首都圏の京急バスは色からしてまったく違います(あちらはブルー系)。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line