明日で電鉄直営は終了【阪神バス】

4月からは阪神西宮駅発着に変わります。阪神そごう前にて

神戸税関前から阪神尼崎駅までは20kmを越えます。

阪神そごう前に掲示されている「阪神尼崎行」の表示も見納め。

阪神電鉄の社紋もバスからは消えます。

阪神電気鉄道は明日をもって、これまで半数以上の路線で直営してきた路線バス事業から撤退し、路線を子会社の阪神バスに移管します。電鉄が運営してきた路線のほとんどは阪神バスへと移管しますが、唯一、移管されずに廃止される路線があります。
それは、阪神電鉄バス最長路線の尼崎神戸線(阪神尼崎駅南口~JR西宮駅浜側~神戸税関前)です。
国道線(75年に廃止された軌道線)の代替路線でもあったこの路線は、昼間でも12分間隔で運行されていますが、途中、この路線の全区間の99%が該当する国道2号線での慢性的な渋滞もあり、遅延が常態化していました。そのため、阪神バスへの移管に際して路線を阪神尼崎駅~阪神芦屋駅、阪神西宮駅~神戸税関前の2路線に分割することになったものです。
これにより、長年にわたり愛されてきた尼崎神戸線はその幕を下ろします。それゆえに神戸市内で「阪神尼崎」の表示を観ることは、これから不可能になりますが、20kmを越す全区間をバスで乗りとおそうとする御仁はゼロに等しいと思われるので、路線の分割は、わたくしも仕方のないことだと思っています。
そういえば、車体の事業社名もいつの間にか、「阪神電鉄」から「阪神バス」に変わってしまっていました。

また、阪神バスへ移管される路線のうち、野田甲子園線(阪神甲子園駅~阪神杭瀬駅北口・野田阪神前)は大幅に減便され、特に大阪市内に出る便は1日わずかとなります。北大阪線(天神橋筋六丁目~中津駅~野田阪神前)も中津駅から東の区間がやはり大幅な減便になり、かつての国道線の名残はほとんどなくなってしまいます。逆にJR芦屋駅~阪神西宮駅間は毎時5便から8便へと大幅増便です。
スポンサーサイト
line

のりものコミュニティ2009に参加しました

本日は「のりものコミュニティ2009」に参加してきました。
当日の新刊として出したものは以下の2つです;

☆「漢!山陽新幹線0系」
☆「終幕の鐘、蘇生の狼煙~姫路市企業局交通事業部のすべて・2」(画像は表紙)
左は姫路市営バス最後の新車・日野KVノンステップバス。右の眼鏡っ娘は本作ヒロインの「実希穂」。
さすがに完売とまではいたりませんでしたが、それでも初代新幹線車両・0系の引退と、姫路市営バス南部9路線の民営移管を惜しむファンの皆様の声援に助けられ、こみトレ13に続いて黒字を達成しました。
両タイトルは、次回の「Little ”T” Star!2」(5月4日/東京・都立産業貿易センター浜松町館)でも発行予定です。

重ね重ね、たくさんの御来場ありがとうございました。

theme : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜
genre : 日記

line

的形循環はノンステップバスでの運用に【神姫バス】

姫路市営バスより承継した、神姫バスの[15]手柄山循環線、[16][98]庄田線、[91]飾磨火力線、[92]白浜線、[93]東山的形線、[95][96]勝原大津線、網干新日鉄線が本日、開業しました。
[99]姫路市役所線は土休日が全便運休のため、30日の開業です。
これらの8路線のうち、最も市営時代との変化が大きいのが[93]東山的形線で、東山~八家駅間に下り2便を新設したため、的形循環が上下とも7便に変わっています。さらに、この的形循環は市営時代は小型車のいすゞKC-LR233F(2台)が専用されていましたが、神姫バス移管後は全便ノンステップバスでの運行になりました。所管する姫路営業所に、移管前日となる昨日の時点では姫路城ループバス(「お殿様」号・「お姫様」号)以外の小型車が一切なく、なおかつ大型車では的形・木場地区の狭隘区間を走行しづらいことから、結果的にノンステップバスの比率が全体に高い中型車が用いられているものと思われます。
ところで、姫路市営バスでは今回の路線移管に伴い、全体の3~4割の車両が塗装変更→移籍の準備のため使用停止になりましたが、どの車両が移籍することになったのかは不明です。
line

【近鉄バス】稲田管内で路線延長

近鉄バスでは4月21日から、梅田~浜南口(大阪市鶴見区)系統を、稲田車庫前(フレスポ東大阪前/大阪府東大阪市)まで延長します。
(詳細は→http://www.kintetsu-bus.co.jp/news/topics.cgi?no=341
この路線は稲田営業所の担当ですが、フレスポ東大阪SCへの利便性の向上を狙って、現在は浜南口から稲田まで空車で回送しているのを、実車(営業)での回送に置き換えるものです。肝は、市境を越える中茶屋~稲田車庫前間の運賃が¥100であることで、この延伸区間内の停留所間隔が長くなっていることから設定されました。なお、梅田~稲田車庫前間の通し運賃は¥240です。
また、路線延伸と同時に行き先番号方式(上り:17、下り:10)から系統番号方式(上下とも:17)に改められ、浜南口バス停は梅田方向を廃止(稲田車庫前方向が存続)します。

ところで、今回延伸される東諸口~稲田車庫前間は、既に廃止になっている中央環状線吹田~八尾系統が通った区間の復活とも呼べますが、この勢いで旧・中央環状線を全区間は無理にしろ、何らかの形で(東大阪市のコミュニティバスとしてでもよろしいので)復活させられるようになれば、もう何も言うことはありますまい。

theme : 良いコトあったよ(ノ´∀`ノ☆。゜
genre : ニュース

line

明日で姫路駅南口からの市営バスは見納めですが・・・

いよいよ明日をもって姫路市営バスの姫路駅南口・山電飾磨・JR網干発着9路線が神姫バスに移管されます。
基本的に路線は市営時代を維持し、またダイヤの変更も小さいですが、唯一、大きな動きがあるのが、93系統/東山的形線(市営での幕番号は下り:63・85、上り:66・86)の的形循環の下り便です。
93系統は、現在は東山から先、八家駅までは下り5便・上り7便で、朝方の上り2便は八家駅始発~的形・木庭山公園経由で再び八家駅に戻り、さらに姫路駅南口へ行く形態での運行ですが、これらが姫路駅南口~兼田~東山の間を延長し、起終点とも姫路駅南口に統一されるため、的形循環は7往復に変わります。この的形循環は、狭隘区間がある関係で現在は小型(いすゞKC-LR233F)2台が専用されていますが、さらにノンステップの運用が加わるかどうかは未定です。
もと市営バスの4481号車
ところで、神姫バスでは、06年度まで姫路市営初のノンステップバスとして市企業局に在籍していた日産ディーゼルKC-UA460KAMが2台(4480/4481)、姫路(中央)営業所に在籍しており、兵庫県内では少数派の富士重工業の車体を持つ車両として、異彩を放っています。はじめ加古川営業所に所属していた彼等は、後に姫路へ異動し、古巣であるもと市営バス路線(2系統/二本松線、7・8・9系統/書写大池台線、30系統/青山新日鉄線)でも使用されていますが、さらに28日からは、白浜・広畑・大津・勝原地区の路線でも幅広く用いられることになるため、市役所や姫路火力発電所、ひいては遠くJR網干駅へのこのUA460の運用が2年ぶりに復活しそうです。
line

南口からはもうすぐ見納めです。3度目の姫路市営バス取材

本日は姫路まで行ってきました。
当然のことですが、駅南9路線の移管が迫る姫路市営バスの取材が目的です。
市営バス大津線は神姫バス勝原大津線へ
今回は正午に姫路駅に到着したため火力線(神姫バスでは91号系統の一部)の取材は不可能でしたが、幸いなことに、庄田循環の駅北口から出る便(神姫バスでは16号系統)の外回り3便がこの時間帯に集中しているため、庄田循環の北口→外回り→南口便の全区間の録音を実施することにしました。姫路駅北口から北条(28日からは、姫路総合庁舎南)までがノンストップで、この間に7分もかかっていますが、神姫バスに移管してからもこの間はノンストップのままで、綿町、姫路市民会館前は通過になるとのことでした。
姫路駅南口にて
さて一周して姫路駅まで戻ったあと、今度は姫路市役所線(神姫バスでは99号系統)に乗り、市役所へもと来た道を戻ります。
既にどこへ行っても「市営バスによる運行を終了いたします」という挨拶があふれている状況ですが、特に白浜・勝原・大津・網干地区からはほかの地区より一足早く撤退するので、そこが重くのしかかってきます。
72年度以来の大規模な移管になります
姫路市役所前にて

間もなく7路線だけになってしまう姫路市営バスですが、次に市営バスの取材に訪れる際は、特に最大幹線の姫路港線を重点的に取材できれば、と思っています。
line

まさかの大型ノンステ・・・京阪京都交通

*4月3日に記事を一部修正しました

京都市西京区と京都府亀岡市をメインエリアに持つ京阪京都交通が、同社初の大型ノンステップバスとして、日野PKG-KV234L1を2台導入しました。
同社のノンステップバスは、旧・京都交通時代に導入された小型車のKK-HR1JEEE(1台)とポンチョⅡロング(1台)、中型車のPJ-KR234J1(2台)が、またワンステップバスは中型のKC-RR1HJAA(8台)とPA-KR234J1(6台)が在籍していますが、すべて日野車で、今回も日野車が選ばれました。また、これら低床車は、ローカル路線の体質改善を急ぐべく、亀岡営業所に配属されるケースがほとんどでしたが、今回のKVは、洛西ニュータウンと桂駅・京都駅などとを結ぶ路線の需要が極めて高い西京営業所へ配属され、周りが京阪バスから譲り受けたブルーリボンHT/HUやエアロスターKだらけの中、久々の新車ということもあり異彩を放っています。
line

続・神姫バス大津線ほか9路線3月28日開業

姫路市企業局の広報(市内に掲示)およびwikipediaによりますと、神姫バスが28日より承継する大津・大津南・市役所・飾磨中央・火力・庄田・東山・灘中・南北循環線の系統番号が以下の通りに決まりました;

手柄山循環線
15/ 姫路駅南口~姫路市役所前~土山~姫路駅前
庄田循環線
16/ 姫路駅南口~姫路市役所前~庄田~姫路駅前
98/ 姫路駅南口~姫路市役所前~庄田~姫路駅南口
飾磨・火力線
91/ 姫路駅南口~姫路市役所前~山電飾磨
    姫路駅南口~姫路市役所前~山電飾磨~姫路火力←姫路検査場
    山電飾磨~合同製鉄正門~姫路火力→姫路検査場
白浜線
92/ 姫路駅南口~北原~白浜海岸~宇佐崎南
東山的形線
93/ 姫路駅南口~北原~東山
    姫路駅南口→北原→的形ネオポリス前→福泊→北原→姫路駅南口
勝原大津線
95/ 姫路駅南口~英賀保駅~姫路南高校~下太田住宅
    大津→姫路南高校→英賀保駅→姫路駅南口
96/ 姫路駅南口~英賀保駅~はりま勝原駅~大津~JR網干駅
姫路市役所線
99/ 姫路駅南口~姫路市役所前~姫路市役所南
大津南線
(幕番号なし)/JR網干駅~大津~山電天満駅北~新日鉄病院

欠番の多い20番台・50番台・60番台は、来年の市営バス完全移管の時点で使用されることが予想されます。
それはさておき、やはり大津南線は番号なしになってしまいましたね(汗)。ほかの路線も首都圏のように[姫15]とか[磨01]とかにならなかったものでしょうか・・・。

theme : ローカルネタ
genre : ニュース

line

念願の完全二重関節化完遂!!ラ・テミス

昨日に日本橋のアゾンレーベルショップに行きましたが、従来は秋葉原でないと常には入荷していなかった、オビツ60(タイプ601)の二重関節パーツが入荷しているのを確認し、この時期を逃すまじとヒザのパーツを購入しました。ヒジのパーツはすでに秋葉原で購入済みで、これによりうちのラ・テミスの二重関節化改造を終えられる時期が早まり、昨晩、早速改造に取り掛かりました。
脚部のインナーフレームは、二重関節のタイプ601と球体関節のタイプ604とで規格が一部異なりますが、今回はこれを用いず、8mmプラパイプを用いています。また二重関節パーツはタイプ604の外皮への接続時には、外皮の一部切断をともないますが、これも大胆に行いました。さらに、二重関節パーツのスネ部側の接続部分にはABS樹脂専用接着剤を塗布して補強しています。
二重関節化完遂の図
ラ・テミスの全高はいささか縮んで55cmになっていますが、今まで(タイプ604のスネにしてから)が高すぎたので、これでちょうどよしといえます。
こんなことなら最初から二重関節モデルにしていれば・・・(氏ね)。
line

丸の内線が28日よりワンマン化されます【東京メトロ】

東京メトロ4号線(丸の内線)では、本線・方南町支線とも28日からワンマン運転を開始します。ホームドアの設置とATO(自動列車運転装置)の設置工事の完了に伴うもので、既にワンマン化されている9号線(千代田線)の北綾瀬支線、最初からワンマン運転を実施している7号線(南北線)と13号線(副都心線)および都営地下鉄の6号線(三田線)に続き、都内の地下鉄では5例目です。
丸の内線は本線が6連、方南町支線が3連での運行で、ホームドアの設置が始まったときに「これはワンマン化の布石では」と、わたくしも勘ぐっていましたが、いよいよこの時期が来たという感じがします。
line

今年2度目の里

先月に引き続き、天使の里(ボークス直営/京都市右京区)へ行ってきました。
勿論、ラ・テミスといっしょです。
今回も多数、撮影の機会がありましたが、その中から2枚を取り上げます。ほかの写真は次回の更新時に。

「里」へ行く途中と帰宅途中は、JR嵯峨嵐山駅を通りましたが、この駅が橋上駅舎化され、南北自由通路ができていたことと、北口にロータリーが追加されていたことには驚かされました。ただし、用いたのは今回も路線バスです。



line

本線を差し置いて・・・野田線・春日部駅に発車メロディ

原型顔編成8104Fの廃車、「新8000系」のうち81113F&81114Fの本線からの転入で何かと話題の野田線ですが、各種東武鉄道系サイトによりますと、昨日より大和田・東岩槻・豊春・八木崎・春日部の各駅で発車メロディの使用が解禁されました。
春日部駅(7・8番線)を除き、汎用タイプ(野田線2番・3番)が選ばれています。
残る藤の牛島〜梅郷の各駅では23日からの使用開始となるため、野田線では本線に先立ち、すべての駅で発車メロディが使用されることになります。

[私見]
春日部駅では野田線側で先に発車メロディが採用されましたが、次は本線側(1・3・4番線)も採用されてしかるべきかも知れません。できれば上下いずれかに東上5番を・・・

theme : 駅の発車メロディ
genre : 音楽

line

哀れ・・・残り592両になった東武鉄道8000系

野田線所属として最後まで原型顔で残っていた8104Fが、老朽化によりついに廃車されました。
代替として、南栗橋車両管理区春日部支所所属だった81114Fが七光台検修区に移籍しています。
「私鉄の103系」と呼ばれ、一時期712両全車両が現役だった8000系は、これにより592両(800・850系は除く)となり、今後も老朽化が進んだ編成から離脱していくことになりそうです。
東上線の原型顔編成8111F・8112Fも命運は定かではなく、これら2編成についてはしばらく要注意です。

私事ですが、本線と東上線はさておき、取材の機会が1度しかなかった野田線では原型顔編成を一度も観ずじまいでした。
line

結局DDのL胸にしました

先日、ラ・テミスの胸部をDDのL胸に変更しました。
衣装の制約を減らすことが最大の狙いでしたが、DDの胸部パーツは首が長く、そのためかいささか身長も高く見えるようになっています。
首も長くなっています
相変わらずランジェリー姿になっているのはご愛嬌ということで(汗)

また、余ったヒジ球体関節パーツを一部改修の上、手首関節に転用しました。オビツ60のデフォルトの手首パーツは破損しやすく、ヒジ球体関節パーツに手を加えて転用した方が可動の範囲も広くとれると判断したためです。
・・・しかし、お迎えから2ヶ月足らずでここまで超セクシーになってしまうとわ・・・
line

姫路市営バス本第2弾を作っています

今月29日の「のりものコミュニティ2009」あわせで、昨年11月末日(営業運転最終日当日)の0系新幹線の乗車レポート「漢!山陽新幹線0系」と、姫路市営バス本第2弾「終幕の鐘、蘇生の狼煙~姫路市企業局交通事業部のすべて・2」をリリースしますが、このうち後者の編集作業が続いています。

「終幕の鐘、蘇生の狼煙」は、前作「語ろう!姫路の白バス」と違い、あるひとりの女学生の視点から姫路市営バスのここまでの10年間(99年3月から本年2月まで)を追いかけたもので、停留所や路線の新設や改廃などを細かく記しています。路線図も04年度までの仕様と05~08年度仕様、そして今月28日からの駅北発着7路線が残されたものと、3パターンすべて作りました。車両関連はまだ画像が集まっていないため作業が中断していますが、写真にするかイラストとして1から描くか、まだ迷っていたりします(汗)
方向幕一覧も、できれば作りたいと思っていますが、実際の方向幕の再現は難しいので、現段階ではテクストになりそうです。
完成しだい、追って報告します。
line

上信・伊豆箱根・三岐に続いて近江にも!西武新101系

西武鉄道の101系のうち、前面方向幕を種別・行き先に分けた関係で完全な湘南スタイルになっている新101系と呼ばれているグループは、30000系の導入により置き換えが進められていますが、このたび2連1編成が、系列の近江鉄道に移籍することとなりました。種車どおりオールM方式となる可能性が大きいです。近江での形式名および、運行開始日は未定ですが、この車両の導入で、現在予備車になっている500系が淘汰されることが予想されます。
新101系は、500系として上信電鉄に2連2編成が、1300系として伊豆箱根鉄道に3連1編成が、751系として三岐鉄道に3連1編成が移籍しており、この近江鉄道が4社目の移籍先です。これらはすべてワンマン運転対応で、上信・伊豆箱根の車両はLED方式の車内案内表示機が備えられていますが、近江の車両については設置されるかどうか不明です。
line

I-Doll West Vol.8に行きましたっ!!

本日はI-Doll West Vol.8でした。
前回までと打って変わって、大阪市営御堂筋線なかもず駅前の堺市産業振興センターでの開催でしたが、梅田から御堂筋線で36分、¥310という地の利もあって、案外早く着くことができました。

今回からラ・テミスがブースに立ちましたが、本イベントでの戦利品2つはともにラ・テミスのためのもので、それまでの1/6関連はなかった辺り、オーバー40cmクラスのドールのオーナーになると嗜好も変わってしまうことを実感させられます。なお戦利品の1つが、現在使用しているバストパーツでは着せられないことが判明したため、当該衣装の着用時にはDDのL胸へ差し替えるようにしようと思っています。
改造の結果、全高53cmになったラ・テミス。本日はこいつがブースに立ちました
次回のドールイベント参加予定はいまのところ未定ですが、4月12日のDolls in Wonderland(大阪・心斎橋まんだらけグランドカオス)への参加を検討しています。

theme : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜
genre : 日記

line

I-Doll West Vol.8参加のお知らせ

きたる3月1日、堺市産業交流センター(旧じばしん南大阪)で開催されますI-Doll West Vol.8にディーラー参加します。

ディーラーの配置/[E12]

皆様、ふるってご来場ください。
なお会場までは、
梅田・新大阪からは/大阪市営御堂筋線でなかもず駅(終点)下車
なんばからは/南海高野線中百舌鳥駅(準急停車駅)下車
和歌山方面からは/南海本線堺駅より南に徒歩5分の堺駅南口より、南海バス31・32号系統(北野田駅前行き)利用→中もず町バス停下車
以上の3ルートがございます。地球環境保護の観点から、公共交通機関の利用を遵守願います。

当日、販売するものにつきましては、続きを御覧ください;(26日に加筆しました)

more...

theme : ドール
genre : 趣味・実用

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line