いくらなんでも遅すぎ・・・オビツ50の素体売り

オビツ50の素体売りが、きたる3日にスタートします。
従前のオビツ60シリーズに比して、可動範囲がさらに広がり、肩部の前後スイングが追加されているなど、外観もさることながら可動を特に重視した素体で、ヒジ・ヒザは当然のことながら二重関節ですが、より自然な形状にアレンジされているのが特徴です。

ただ、素体売りが1年以上後れた辺り、明らかに遅きに失したと思います。
わたくし自身、初めは「これはマストバイだ」と思っていましたが、業を煮やして1月に47cm素体をお迎えしてしまったので、申し訳ありませんが、当面はこのオビツ50のお迎えはないです。
スポンサーサイト
line

3月末に7000系が就役、そして1000系は・・・/秩父鉄道

秩父鉄道では、同社初の回生ブレーキ設置車両として7000系3連2本(デハ7000-サハ7100-デハ7200)を導入しました。
来月末に就役するこの7000系は、もと東京急行電鉄8500系で、田園都市線で5000系の勢力が増している中、8500系はその絶対数を減らしてきていますが、界磁チョッパ制御であることから、まだまだ抵抗制御車両の比率が極めて高い地方私鉄の体質改善が期待できると判断され、このたび秩父入りしたものです。

この7000系の導入にともない、国鉄初の新性能車両だったJR東日本101系の残党である、1000系の去就が注目されています。最古参の車両は、50年前にモハ90型としてつくられた車両が含まれているデハ1006-デハ1106-クハ1206で、新性能車両とはいえ、50年前の車両ゆえ老朽化が進んできており、この編成と別の編成が7000系に置き換えられるものと思われます。しかし、旧国鉄初の新性能車両として華々しくデビューしたモハ90の一部が、まだ秩父の地にあることそのものが幸運であるというのも、紛れもない事実なのです。
line

ラ・テミスの背が高く!

最近、使用している素体のヒザ部分に汚れが目立ってきたラ・テミスについて、スネパーツを60cm用のものに交換しました。
ラ・テミスの素体は、オビツのOEMで出しているパラボックスの47cm素体(球体関節モデル)ですが、交換パーツはいまのところ1つもなく、交換する場合は60cm用のものになってしまうのが欠点です。現に、腕は二重関節化する際に60cmノーマル素体用のパーツに置き換えており、その際、腕がやたら長く見える嫌いがあったことから、脚も、ということになり、それで今回、スネパーツの交換という結果にいたりました。
これにより全高は53cmになっています。

なお当然のことながら、1日のI-Dollにもラ・テミスを連れて行きます。
line

神姫バス、大津線ほか9路線が3月28日開業

来年3月に63年間の事業に幕を下ろす姫路市営バスですが、企業局交通事業部の公式サイトによりますと、きたる3月27日をもって南北循環・市役所・飾磨中央・火力・庄田・東山・灘中・大津・大津南の各線が廃止されます。
神姫バスによる運行開始は翌28日からとなりますが、これにともなう改変は、姫路駅前ののりばが変更になる路線が2つあるだけです;
・南北循環線(姫路駅前~土山~中地~市役所前~姫路駅南口。幕番号/土山先回り:45、市役所前先回り:52)
・庄田線(姫路駅南口~市役所前~中央病院前~庄田~姫路駅南口・姫路駅前。幕番号/市役所先回り→南口:61、市役所先回り→駅前:73、庄田先回り:62)
これら2路線は、始発の姫路駅前のりばが、駅から向かって左手の神姫バスターミナルに異動します。また、幕番号は現在の市営バスでのものであり、青山新日鉄線の前例があるとおり、神姫バスでの系統番号はまた別のものになる可能性が高いです。

なお、残る四郷・東蒲田・日出車庫・英賀保新日鉄・構・姫路港・荒川の各線は09年度も市営バスにて運行し、特に最大幹線かつ、ほかの路線との重複区間がないに等しい姫路港線は、家島フェリーへのアクセス路線としての重責を、引き続き公営として担います。
line

元のアルカナの姿と照らし合わせてみてください

今回は「すっごい!アルカナハート2」のアルカナたちの中から、雷・花・光・罰・愛・罪のアルカナ:ヴァンリー、カヤツヒメ、ミルドレッド、カシマール、パルティニアス、サルヴァーチの集合イラストをお届けします。
ミルドやパルちゃんは誰でも解るかも?
ともすれば聖女たちに目が行きがちなアルカナハートシリーズですが、アルカナたちはそれ以上に魅力的で、彼等の普段の姿が気になる御仁も多かろうと思います。
ジラエルなど男性キャラは、アルカナとしては獣や植物、または無機物の姿をしているため擬人化がやりづらい嫌いがありますが、以前に「ARCANOIDS」で擬人化に取り組んだときには、原則的にはそのアルカナの出身国のイメージをトレースしてイラストに起こしました。たとえば、英国出身のオレイカルコスなら中世の騎士、サウジアラビア出身のニプトラならムジャーヒディーンのイメージを取り入れた海賊、日本生まれのモリオモトなら神職といった具合。
その一方で、ここに掲げたパルティニアスなど女性キャラ6人はすべて人型か亜人型なので、描きやすいといえば描きやすいです。カシマールはもとの髪型を生かしつつも、もともとがモータルコンバットのシーヴァのような4本腕であることから2本を脚に置き換え、肌の色も褐色にしました。またサルヴァーチは、もとが拘束具に戒められているヤバい姿ですが、これとは正反対にアクティヴなイメージに置き換えています。パルティニアスがめがねっ娘であるのは「アルカナフォースの暴発を避けるため」と仮定しました。

それはそうと、オビツボディthe DOGと呼ばれる獣素体がリリースされましたが、わたくしはこれをもとにして、ラン・ゴンのアルカナフォース展開形態を立体化しようと考えています。ただ、もう2回り大柄であれば原作に忠実になるのですが・・・。

theme : 格闘ゲーム
genre : ゲーム

line

51063F出現、どうなる七光台の8000系

東武鉄道本線の50050系は、05年度に2編成、06年度に10編成入り、今年に入ってからは61・62Fが入線しましたが、さらに先日、51063Fが南栗橋車両管理区本区に入線しました。これにともない50000系列は本線13編成、東上線12編成となっています(画像は51060F、準急:南栗橋→中央林間/小菅駅にて)。

50050系は13編成に

さて、今年に入ってから、久々に30000系を地上運用にシフトさせる動きが始まりましたが、今回は8000系の後期修繕編成を野田線へ異動させ、その玉突きで同じ8000系の初期修繕編成を駆逐するという動きで間違いないと思われます。
すでに8000系は原型顔編成が七光台検修区の8104Fと森林公園検修区の8111・12Fを残して消滅していますが、今月上旬に南栗橋車両管理区春日部支所所属の81113Fが七光台へ移っており、さらに30000系では31404・05・06・10Fと31604・05・06・10Fが「春日部送り」になったため、81113Fと同じく6連かつ自動放送装置・LED方式案内表示機設置編成である、81110Fと81114Fが七光台に異動するとなれば、全検切れになった編成に動きが出るのは必至です。また、30000系そのものが七光台に異動する可能性も今となっては否定できなくなっています。
line

オビツ青年素体の女体化、さらにもう2体

以前、ボークスのEBビューティの胴体を用いる手段により、オビツの青年素体(スリムボディ)を女体化する改造を実施しました(上の画像)が、来月までに、さらに2体、オビツ青年素体の女体化改造を実施します。
今度のものはここまでデカパイではない
ただ今度のものは、過去に秋葉原で購入したフォビドゥンゾーン製のソフビ外皮を利用するものであるとはいえ、インナーフレームにデフォルトのオビツ青年素体のものを利用しつつ、首にボールジョイントを仕込む、という単純な改造にはとどまりません。せっかくの女体化改造であることから、プラ板を小さく切って作ったツメをつける、なんてこともできればやってみたいですね。

この改造素体をI-Dollで売り出します
また、EBビューティ[F]をもとにスネパーツ(ヒザから下)と腕をオビツボディのものに置き換えるという「スーパー化改造」を施した下の画像の素体を、3月1日のI-Doll West Vol.8で販売します。画像ではマッパ(汗)になっていますが、実際には衣装を着せており、またヘッドも異なります。
こちらに関しましては、またイベント直前に正式な情報をお知らせする予定です。
line

相模鉄道5000系が引退

去る11日をもって、相模鉄道初の新性能車両でかつ最古参車両の5000系(5053F)が引退しました。
この系列はもともと3ドア18m車体で、東京急行電鉄の初代5000系「青ガエル」によく似た外観を持っていたものの、車体更新により4ドア20m車体に生まれ変わり、一時期、5100系を名乗った後、80年代末期にVVVFインバータ制御に改造され5000系に復しました。しかし、車体の老朽化もあって置き換えの対象になり、11000系11002Fの導入に伴い、今回、先に廃車された5051Fの後を追って引退となったものです。
ちなみに今後は7000系の抵抗制御編成が11000系に漸次、置き換えられる見通しです。
07年7月16日 星川駅にて
蛇足ですが、わたくしは一昨年、アルカナハートとのジャンル合体本「相鉄はぁとFULL!」を作る際、その年の7月に取材のため横浜入りしたことがあり、星川駅で2度、この5000系とエンカウントしています。そのときは「まだまだ引退しないだろう」と高を括っていたため、実際に乗ることそのものはかなわなかったのですが、撮影できただけでも幸運だったと自分でも思えます。
line

念願の二重関節化

球体関節のパラボックス47を素体にしているため可動範囲が意外に狭いラ・テミスでしたが、昨日、イベント帰りに秋葉原のアゾンレーベルショップでオビツ60の二重関節パーツ(他に上腕・前腕の外皮)を購入し、ヒジのみですが二重関節化を実現しました。

オビツ60は肩部と手首のジョイントが共通していますが、外皮は球体関節モデルと通常モデルとで規格が異なり、今回の二重関節化では外皮の差し替えを伴っています。そのためPB47のデフォルトの外皮をおしゃかにするハメになってしまいました・・・orz

今後はヒザも二重関節になればと思っていますが、いかんせんオビツ60のパーツのバラ売りが近畿ではまだ少なく、完全二重関節化までには時間がかかる見通しです。
line

シンシュアリーシスターズに参加しました

本日はシスプリ10周年記念イベント「シンシュアリー・シスターズ」でした。
当日の出し物は、諸般の事情により、「behind space’09(鞠絵中心)」、「8 years after...(千影中心)」、「H@tsu-melo 102 style(東武鉄道の発メロ擬人化本)」、「Miss ACHENBACH(アルカナハート本)」のみでしたが、シスプリを懐かしんで買いに来られる御仁が多く、シスプリで同人活動を始めたわたくしといたしましても、まことに嬉しい限りです。

なお、首都圏で開催されます同人誌即売会への、わたくしの次回の直接参加は、5月4日の「Little ”T” Star!2」を予定しています。会場は本日と同じ都立産業貿易センター浜松町館です。
line

3年ぶりの「里」

3年前の7月に一度行ったきりの「天使の里」(京都市右京区)に、昨日、お迎えから2週間しか経っていないラ・テミスを連れて行きました。





「里」に着いたのは実に昼過ぎ。しかも営業終了時間までの2時間程度しかいられませんでしたが、ヘッドがかろうじてDDで、素体にいたっては他社製というラ・テミスをドールイベント以外で披露できるところがまったくといってよいほどないため、貴重な1日となりました。
画像ではわかりづらいですが、ラ・テミスのために作ったゴールド+スワロフスキのブレスレットが左腕にあります。あとネックレスも。

蛇足ですが、明日の夜に東京に行くため、2日間ブログの更新が不可能となります。京都に戻れるのは早くて11日の深夜となる予定です。
line

大井町線の溝の口延伸は7月11日に決定

東京急行電鉄大井町線が、きたる7月11日のダイヤ改定より、田園都市線溝の口駅まで延伸されることが決定しました。田園都市線渋谷口の混雑緩和をはかるべく、14年前から続けられてきた溝の口~二子玉川間の複々線化事業が、これにより完遂の日を見ることとなります。
大井町線は現在、昼間時間帯には、自由が丘・大岡山・旗の台にだけ停車する、新6000系6連を使用する急行が毎時4便、9000系・8590系など5連を使用する各駅停車が毎時8便、設定されており、昼間の各駅停車の半数が、大井町線としては設けられない高津・二子新地の両駅を経由し、かつて初代の田園都市線として、二子橋の上の併用軌道を通っていた頃の運行形態が完全復活します。しかし平日朝夕の通勤時間帯は、田園都市線部分のキャパシティの問題もあり、大井町線サイドは全列車ともこの両駅を経由せず「本来の大井町線列車」としての運行です。「大井町線としての終着駅」となる溝の口駅では、大井町方面行きは高津・二子新地経由が4番線より、急行など、二子玉川までノンストップとなるものが3番線より発車し、逆はノンストップが2番線に、二子新地・高津経由が1番線に到着する形態をとる模様で、この先の梶が谷駅では昨年の大井町線ダイヤ改定時に新設された引込み線が、いよいよフル稼働します。
ところで、大井町線は田園都市線と検車区を共用していることから、一部の列車に、鷺沼や長津田まで直通するものがありますが、大井町線全通に伴い、何らかの動きが生じる可能性があります。朝方ラッシュ時の大井町線直通急行は、特に要注意です。

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

line

SDサイズでもスワロフスキに挑む

*9日に追記しました

12日より秋葉原のイエローサブマリンROUGEにて、以下のアクセサリの委託販売を行います;
MSD以上のサイズのドールに対応するピアス&ネックレスセット[AS-12]
・47~60cmドールサイズ(SD・SD13・SD17・DD・オビツ60ほか)アクセサリ/
ピアス&ネックレスセット:AS-12
本作[AS-12]は、金属に銅古美(オールドコッパー)、ストーンにローズ色のスワロフスキを用いています。
委託販売価格は¥2,000です。

ピアス:A-501
こちらはブルーとグリーンの3連ストーンをあしらったピアスです。
委託販売価格は¥800です。

27cmドール(12インチアクションフィギュア含む)対応の[A-210GM]
・27cmドールサイズ(EBほか)アクセサリ/
ピアス&ネックレスセット:A-210GM
金属にガンメタリック、ストーンにグリーン系のチェコグラスを用いています。
委託販売価格は¥1,200です。

ピアス:A-108
ネックレス:A-207a
[A-108]はブルーのピアスで、[A-207a]はエメラルドグリーンのスワロフスキをあしらったネックレスです。
ともに委託販売価格は¥500です。

委託はいずれも3部ずつのみで、なくなり次第終了とさせていただきます。
line

「ver5.0」の鞠絵

23歳という設定の鞠絵」を意識し、ドールアイ仕様の「ver5.0」に昇華したシスプリの鞠絵のキャラドールができました。
シンシュアリーシスターズでお待ちしています
ちなみに「成人したのを機に思い切って脱色した」ため、原作のような黒髪ではありません。
素体はボークスのEB[J]をもとに、完全二重関節化をはかるべく、腕のみネオ素体より転用しています。ヘッドもドルプラ、衣装も以前ボークスから出たもの・・・ということもあり、我が家のドールの中では数少ない、すべてボークス製でそろえたドールとなりました。

11日のシンシュアリーシスターズでもお披露目しますので、ご来場の際はよしなに。
line

来週はシンシュアリーシスターズ、そして・・・

本日夕方、シンシュアリーシスターズにて販売する同人誌4種を宅配便で発送しました。

「behind space'09」の表紙

そのシンシュアリーシスターズが行われる11日は、I-Doll Vol.25が同じ会場の違うフロアで開かれるということもあり、そちらへ赴かれる御仁をSSSにも呼び込めるようにすべく、当日はドールアイ仕様「ver5.0」に昇華した鞠絵の27cmドールと、シスプリとはまったくの無関係ではありますがラ・テミスを連れて行くことにしています。

theme : いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜
genre : 日記

line

野田線仕様の自動放送が気になるっ!! 81113F、野田線へ

最近まで南栗橋車両管理区春日部支所所属を貫いてきていた新8000系81113Fが、50050系51061F・51062Fの導入と30000系31404F・31604Fの地上運用移管に伴う玉突きにより、このたび七光台検修区に移籍することになりました。
野田線に移籍することが決まった81113F。区間急行・浅草→太田/07年10月、小菅駅にて
この81113Fは、野田線ではおそらく初めてとなる、車外スピーカー+スクロール式案内表示機+自動放送装置の設置編成となりますが、そうなると、野田線ヴァージョンの自動放送が気になってしまいます。本線と同じタイプになるのでしょうか?それとも独自のスタイルに・・・?
line

いきなり社交界に放り込まれたラ・テミス(笑)

昨日に続き、ラ・テミスの「社交界デビュー」となった、昨日のドールズインワンダーランド大阪2の撮影ブースにおけるカットをご紹介します。

3点ともラ・テミスが映っていますが、よくよく考えてみれば彼女の素体であるオビツ47は、MSDよりいささか大柄かつ、DDより小柄なんですよね。





ドールイベントとしてはめずらしい土曜日開催のイベントであるD.I.Wでしたが、4月12日開催のD.I.W大阪3からは日曜日開催に変わるとのことでした。このときにはラ・テミスに着せる衣装のヴァリエーションも増えているので、何を着せて行けばよいか、今から思案しています(マテ)

theme : ドール
genre : 趣味・実用

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line