実はデカ乳、ラ・テミス

本日は大阪市中央区のまんだらけグランドカオスで開かれたドールズインワンダーランドに一般参加してきました。ラ・テミスにとって初めてのおでかけです。
実際の設定上のラ・テミスはデカ乳ですが、昨日の画像では暫定公開ということもあり貧乳だったため、イベントの前に、オビツ60用のバストアップパーツをアゾンで購入し、もとの胸部外皮の上にかぶせて準備を整えました。

ランジェリーはアゾンで販売しているオビツボディ純正のもので、ボークスのランジェリーボックスに比べると半額程度で手に入るのが特長です。

そして、もと来た道を引き返して会場へ。
イベントスペースが手狭で、かつ少ないディーラー数でしたが、撮影ブースが何点もあり、またディーラー・一般問わずすべての参加者様の交流も盛んで、和気藹々としたイベントになりました。
今夜は1枚のみですが場内の撮影ブースでのショット。
DD-005.jpg
この1セットしか衣装がないのが残念・・・。

明日に続きます。
スポンサーサイト

theme : ドール
genre : 趣味・実用

line

ラ・テミス、まかり通る!!

日曜日にあった第12回Doll's Mythでお迎えした、初のオーバー40cmクラスのドールですが、「ラ・テミス」という名前になりました。
テミスは英語では「法律・さばき」という意味も含まれています。
パレスチナ系の父とユダヤ系の母を持つイタリア人という設定で、フルネームは「テミス・ビント・アブドルカシム・ビンムジャーヒド」という長い名前です。ちなみに名前の元は、同名のギリシア神話の法の女神と、ローマ神話の月の女神「アルテミス」ですが、これらを引っ掛けてみました。

また画像が増え次第、本館でも公開を開始することにしていますので、気長にお待ちください。
line

47cmドールと並行してドルプラっ子をカスタム

25日にパラボックスの47cmドールをお迎えしたばかりですが、並行して、シスプリの鞠絵のキャラドール(ver5.0)を制作しました。
画像がまだありませんが、今回のまりっぺは、
・ドルフィープラスの02番ヘッドを使用(従来はオビツの04番彩色ヘッド)
・素体はボークスEBの胸部・腹部とネオ素体の腕・脚を複合したもの
というようになっています。
ver5.0でドルプラの02番ヘッドを利用したのは、ドールアイヘッドへの置き換えを既に昨年の段階で決めていたためで、ドールアイはカスタマイズフィギュアのものを利用しています。また原作などと違い、眼の色はブルーです。ヘアウィッグはナチュラルカラーの姫カットを予定していましたが、そのままでは舞織とカブるため色はさすがに変える方向です。衣装は、当然のことながら、既に4年半前に購入している、アニメ第1期シリーズのデフォルト衣装をそのまま用いています。
また撮影でき次第、お披露目する予定です。

蛇足ですが、シルクのヘアウィッグも変えました。最近まで志摩子に用いていたマルーンのウィッグです。ピンクヘアのウィッグは別のドールへ・・・(ぉ
line

サンクリ43開催中止・・・orz

サンクリとコミクリの公式サイトによりますと、きたる4月12日のサンクリ43が開催中止になったようです。
(この先、毒舌を含むため追記を御覧ください)

more...

line

志摩子をリペイント

「マリア様がみてる」の志摩子のキャラドール(05年度制作)は、最近になってペイント部分の剥げ落ちが目立ってきたため、前回のリペイント時と同じアクリルカラーで2度目のリペイントをしました。
通常は右目が隠れてしまいます
眼はコバルト&バイオレット、リップはピンクを用いており、今回はオープンマウス気味にしています。
同時にヘアウィッグもハニーブロンドに戻しましたが、こうして観ていると「本当に日本人か?」と思わせるような印象ですね。

theme : 百合/GL小説
genre : 小説・文学

line

本日は第12回Doll’s Mythでした

本日は京都産業会館きらっ都プラザで第12回Doll’s Mythがあり、ディーラー参加してきました。
前回までのアクセサリ類の半数を、秋葉原のイエローサブマリン様で委託販売していただく分に回してしまったため、今回はアクセサリが少なくなってしまいましたが、3年前に制作した12インチAF系のアイペイントヘッド1点が、ついにお嫁に行きました。
無事に嫁入り~♪
同時期に作ったペイントヘッドは、これで4点中2点が嫁入りしたことになります。

そして、この日パラボックスの47cm素体をお迎えし、わたくしもMSDサイズのドールを持つことになりました。ヘッドはDDのアイホールオープンヘッド(01番・ナチュラル)で、SDのヘアウィッグと、DDのアニメチックアイを用いています。なお、現在は全裸の状態(汗)なので、お披露目は月末になりそうです・・・。
line

本線所属の原型顔編成が全滅!!8000系

最盛期は712両を数え、私鉄の103系とも呼ばれている東武鉄道の8000系は、現在全検切れの編成を中心に廃車が進んでいますが、このうち本線系統の初期修繕車、いわゆる原型顔編成が今月中旬までにすべて姿を消しました。最後まで残っていた原型顔編成は南栗橋車両管理区春日部支所所属の編成である8516Fで、一時期、同時に廃車された8139Fともども野田線で活躍していたことがありました。
8000系の本線所属の原型顔編成は他にも、8578F、8580F、8127F、8130Fなどがありましたが、この2年間にいずれも廃車されています。野田線・東上線にはまだ2編成ずつ、原型顔の編成が残っていますが、"ロク・サン・イチハチ"と呼ばれる3年前の大規模ダイヤ改定までは1両の廃車も出なかった8000系も、5050系亡き後の今では東武鉄道最古参系列となってしまい、第2~3期の修繕編成すら一部は老朽化が進んでいるため、50000系列の東上線への増備が進み、かつ30000系の「春日部送り」ないし「新栃木送り」が再開されると、さらに8000系に廃車が出るのは必至です。

theme : ( ゜Д゜)・・・
genre : 日記

line

【イベント】こみっく☆トレジャー13参加しました

本日は「こみっく☆トレジャー13」にサークル参加してきました。

今回、ジャンルは姫路市営バスで取りましたが、おかげさまで、姫路市営バス本「語ろう!姫路の白バス~姫路市企業局交通事業部のすべて」が完売しました。わたくしの知る限り、姫路市営バスを取り扱った同人誌はないに等しく、ジャンルとしてはマイナー中のマイナーではありますが、何とか初版10冊の完売にこぎつけることができましたことを、御来場の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。
もう2ヶ月もすると、姫路駅南口・山陽飾磨駅・JR網干駅発着の9路線17系統が神姫バスに移管されます。しかし、この2009年は4度程度、姫路まで取材に行くようにして、市営バスの最後の1年を見守っていきたいと思っている所存です。

最後に新刊として、同人誌はシスプリの鞠絵メインの一冊「behind space '09」を出しましたが、こちらは鳴かず飛ばずに終わりました(ぉ
「behind space '09」表紙
line

北千住は銭湯のメッカ

11~12日は東京まで行きましたが、わたくしがイベントなどで東京を訪れるたびに欠かしていないことがひとつあります。
それは、銭湯に通うことです。
とくに東武鉄道の沿線は銭湯が多く、人口1人当たりの銭湯の数が国内で最も多いとされる65万都市の足立区を通る関係で、本線の北千住以北に特に多いですが、浅草、曳舟、押上、北池袋などでも1~2軒、現役で銭湯が営業しており、北池袋の1軒はわたくしも特にサンクリのときにお世話になっています。
11日に行ったのは、北千住駅からは北北西に位置する某銭湯でした。東武鉄道で池袋駅に次いで乗降客数が多いのが北千住駅ですが、この駅がある千住地区は「銭湯のメッカ」といわれ、今でも10軒以上の銭湯が軒を並べており、今回訪れた銭湯はその中の1軒です。
実際に入ってみた限りでは、東京らしくかなり熱めの湯ですが、その日は最低気温が氷点下だったばかりか、築100年を越す1軒ゆえにスキマ風が容赦なく入ってくるため、この熱湯が特に身体に堪えたのは言うまでもありません。
しかし、それこそが「味」なのです。
アンダース「アキバもいいけど銭湯もな!」
アンダースの背後に映っているのが、今回お世話になった銭湯です。
蛇足ですが、この両日はプリムローズとアンダースを連れて行きました(この画像でプリムローズが映っていないのは、彼女が撮影したという設定になっているためです/笑)。

古くから交通の要所である北千住が、銭湯のメッカとしても末永く名を知られることを、いち東武ファンとして切に願っています。
line

こみトレ13の準備完了~♪

いよいよ4日後にこみトレ13が迫ってまいりましたが、今夜、当日配布するサークル情報チラシ「薔薇さま通信Vol.31」を除き、すべての準備が整いました。
近畿初売りとなる姫路市営バス本「語ろう!姫路の白バス」8部と、姫路市営バスのB4ポスター6部、新刊となる鞠絵中心シスプリ本「behind space '09」6部はじかに持ち込みますが、発メロ擬人化本2種とアルカナハート本5種は今回、宅急便で送りました。冊子とはいえ、部数が多いとかなりの重さがあり、その関係でわたくし独りではすべて直接持ち込むというのは困難であると判断したためです。

ところで姫路市営バスのB4ポスターですが、アルカナハートとのクロスオーバーになりました。UDのノンステップバスと相対する形で、ペトラを配置しています。絵柄は当日、ご自身の眼でご覧になってください。
line

明日から東京に行って参ります

明朝から2日間の予定で東京まで行ってまいります。
また、明日よりイエサブROUGEさまにて、わたくしが制作したドール用アクセサリのうち、以下の商品を新たに委託していただく運びとなりました;
*27cmドール関連(ボークスEB、オビツボディなど。ブレスレット以外は12インチアクションフィギュアにも対応)
・ピアス
A-101/1点 ¥300
A-105/1点 ¥300
A-106/5点 ¥500
A-101
A-106
・ネックレス
A-206/2点 ¥500
・ブレスレット
A-302/4点 ¥300

*47~60cmドール関連(SD・DD・オビツ60など)
・ネックレス
AS-05/1点 ¥700
AS-06/1点 ¥1,000
AS-07/1点 ¥1,000
A-601/1点 ¥800
・ピアス・ネックレスのセット
AS-10/2組 ¥1,000

いずれも数に限りがありますので、ご入用の方はお早めに。いずれの商品もなくなり次第廃盤になってしまいますよ~♪
line

プリンセスラインバスの正月三が日輸送

ついにバス専門誌「バスラマ」でも取り上げられた、セレモニー観光のプリンセスラインバスですが、この正月三が日は4年前の運行開始以来初めて、特別輸送体制が京都駅八条口~四条河原町系統で実施されました。
この路線は、普段は40分間隔と少なく、利用客も1便あたり数名程度ですが、市営バスの混雑を嫌った乗客がこちらを利用するというケースも多く、日々、利用客そのものは増えているという印象です。この路線が正月三が日は20分間隔に大増発され、さらには清水寺(市営・京阪バス:五条坂)、八坂神社(同:祇園)の両バス停が臨時に設置されました。

臨時に設置された八坂神社前バス停

正月三が日に臨時増発を実施したのは市営バスへの対抗意識の現れ?

2つの臨時バス停の設置が、成功に終わったかどうかはわかりませんが、ぜひ通年営業のバス停になれば、と思っています。

そして3月末日に開業4周年を迎えます
line

舞織「アルカナマスター」化計画が進行中

「すっごい!アルカナハート2」が稼動した10月下旬より、わたくしが自らに課していた、
「舞織に対し、専用アルカナのオホツチを除く全19種のアルカナを組ませ、最低1度でもストーリーモード、ないしアーケードモードをクリアさせる」
というノルマが、昨日をもって達成できました。

最後に組ませたアルカナはサルヴァーチです。
サルヴァーチはいかにアルカナアクションに頼らずに戦えるか、かつ、いかに確実にアルカナブレイズを決められるかどうかがカギとなりますが、舞織の場合、4人目以降はさておき、前半は本体のみでチマチマ攻め、トドメにアルカナフォースを展開してからの桜花の舞キャンセル~プリガヴォールと決めるのがセオリーのようで、4人目からザサーダと下段アサーダおよびMAX立ちEを抑止力にしていくことになります。つまりは、使うたびに1~2ドットの体力を消費するアルカナ技を前半は一切用いないようにするということです。これはフィオナなど、本体の性能が高い面々でないとできない芸当で、攻撃力が低い舞織には難しいと思われますが、街風駆け、雷呻落としがあるおかげで実際には可能です(CPU戦でないとダメですが)。
最後の真アンジェリアには下段アサーダやザサータはおろか、スリオーズイすら絡めるハメにはなりましたが、それでもノーミスで勝てました。ちなみに、4人目のなずなに1本ワザと奪わせたため、パラセとの挑戦権は回避しています。

しかし、舞織をアルカナマスターにするという計画は、まだ途中です。
実をいうと舞織は、カシマール、ディウー・モール、ミルドレッド以外のアルカナとは、1度ずつしか組ませておらず、まずはほかのアルカナたちとの組み合わせでも再びクリアできるようにしておきたいところで、汎用19種との組み合わせで3度クリアする、つまり57勝できるようになれば、わたくしの中ではアルカナマスターと言えるのかも知れません。
line

あけおめ

巫女ほたる

本年も「薔薇さま道場」をよろしくお願いします。
いじょ。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line