日本の「アルバコアファミリー」最後の1隻が引退

海上自衛隊の第1練習潜水隊(呉)に所属していた練習潜水艦4代目「あさしお」が、一昨日に除籍されました。
本艦は元・はるしお型最終7番艦で、米軍の試験潜水艦3代目アルバコアを始祖とする涙滴型潜水艦、いわゆる「アルバコアファミリー」の最後の1隻にあたりますが、次級の新おやしお型からは操縦のワンマン化が行われたため、操縦に要員2名を要する潜水艦も今やこれのみとなっていました。
代替として、新おやしお型3代目「みちしお」が練習潜水艦に用途変更されています。

4年前に艦これのサービスが始まってから、実装艦と同じ名前を持つ海自艦が除籍されたのは、はつゆき型「しらゆき」に続いて2例目です。
スポンサーサイト
line

陽炎型?夕雲型?

今回は艦これでもおなじみ、陽炎型では現時点で追加実装組として唯一建造可能な秋雲の話です。
初代秋雲(1941-44/海自にも「やまぐも」型5番艦として2代目「あきぐも」がいました)は今でこそ陽炎型駆逐艦の19番艦であることが確定していますが、艦名に雲がついていることから一時期は夕雲型と混同されていました。もともとこの艦は「島風」と命名されるはずの艦で、「秋雲」という名前は改陽炎型のネームシップにつけられる予定があったものの、戦況が変化し島風の名は丙型駆逐艦に使われることになり、また秋雲と命名された艦は、続く夕雲以降とは異なり電源が直流(夕雲型は交流)、艦橋の形状もほかの陽炎型と同様に一直線であって夕雲型のように末広がりではなく、戦没前の艤装も第2砲塔を撤去し連装機銃を装備するなど明らかに陽炎型のそれで、当時の海軍省により制作された艦艇類別等級表でも陽炎型として扱われていたことが確認されています。
また夕雲型18番艦には「秋霜」という名前がつけられており(1943-55)、1字違いが交流直流の違いともなるのですが、この秋霜と混同した可能性もあります。

艦これの秋雲は上記のいきさつから、性能は陽炎型のそれですが、服装は夕雲型と同じで、図鑑での自己紹介でも「自分では夕雲型だと思っていた」と話しているくらいです。ただ「本来は島風と命名されたはずの艦」であることと、秋霜との混同説に従い、私は「支給された陽炎型の服のサイズが島風に合わせたものだったためか小さく、仕方がないので提督に相談したところ、本来であれば秋霜が着るべき服がジャストフィットだったため、これを着ている」と解釈しています。
また「駆逐艦娘になった者は艤装操作用のマスコンを与えられ、これが交流の場合は朝潮型か夕雲型(秋月型も交流ですが長10cm砲ちゃん×2がいるためマスコンが別)に対応し、直流だと陽炎型か白露型以前に対応する」ため、秋雲がうっかり夕雲型の艤装を装備したとしても艤装の操作そのものが不可能、と考えるのも一つの手でしょう。
秋霜の方は艦これ未実装ですが、生存組でもあるので早期の実装が望まれるところです。秋雲とどのような関係になることやら・・・。
line

3代目にして初の国産!!DD-119の艦名は「あさひ」に

今朝、三菱重工長崎造船所で進水式が行われた25DD改め、DD-119の艦名は「あさひ」と決まりました。
この艦名は、英国生まれで旧日本海軍の前ド級戦艦→第二次大戦前勃発前に工作艦に改造され再就役した「朝日」を初代とし、戦後は2代目として米軍より貸し出されたフリゲート「あさひ」型DEのネームシップが1955~75年にかけて就役していました。
このため3代目にして初の国産艦となったわけですが(イージス艦「こんごう」も同様)、もうここまで来たら、
艦これで工作艦朝日の実装を急ぐべきです。

工作艦として再就役したのが、2代目明石の就役より2年早い1937年、戦艦として就役したのは1900年であり、どちらを基準にするかが難しいところではありますが。
line

ASR-404はまさかの「ちよだ」!!

三井造船玉野事業所で建造が進められてきた海自の潜水艦救難艦、26ASR改めASR-404の艦名が「ちよだ」に決まりました。
現「ちよだ」AS-405の代替目的で建造されたもので、旧日本海軍の砲艦「千代田」から数えて現「ちよだ」は4代目、新「ちよだ」が5代目にあたります。なお2代目は装甲巡洋艦、3代目は艦これでの艦娘のモチーフ元になっている、瑞鳳型空母の5番艦(3番艦は同型で唯一終戦を迎えた龍鳳)です。
まさかの「ちよだ」継承となりましたが、実際、置き換え対象の海自艦の艦名を引き継ぐケースは珍しく、現役ではほかに砕氷艦「しらせ」、敷設艦「むろと」のケースがあるだけです。

さて明後日の25DDの艦名はいかに・・・
line

SS-509は明日、ASR-404は17日進水

海上幕僚監部によりますと、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所にて建造中の「そうりゅう」型潜水艦9番艦SS-509の進水式が明日に、岡山県玉野市の三井造船玉野事業所で建造中の潜水艦救難艦ASR-404の進水式が17日に、それぞれ行われます。

個人的には龍鳳→「りゅうほう」が潜水艦になると「生存組の艦名を持つ初めての潜水艦」になるので、どちらも日本海軍ゆかりの艦名(「ひりゅう」「りゅうほう」「りゅうじょう」「あおば」「かすみ」)になるといいですね。
・・・と言いたいところでしたが、SS-509は「せいりゅう」に決まりました。

そして19日は長崎でDD-119の進水式です。
ミリタリー関連サイト界隈では「くも」系の艦名を推す声が高いようですが・・・はたして?

ここで裏提督LOVE勢の会話;
霞「今度こそ海自にスカウトされるかなー」
曙「あんまりクズクズ怒鳴ってたら呼ばれねえぞ」
叢雲「・・・そーそー」
不知火「あれっ?私の立場は?」
満潮「ぬいぬいは多用途支援艦か補給艦になれそうだね」
初風「空自の練習機ってのは?」
5人「忘れてた!!」
摩耶「ま、ふたを開けるまでわからんのが進水式ってやつさ」
霞「そ、そこはわかってますよぅ!!」
line

25DDの艦名は3文字・・・ということはもしや?

三菱重工長崎造船所で建造され、来月(下旬だそうです)の進水が予定されている海上自衛隊の25DD(DDは旧日本海軍の軽巡洋艦相当)の艦名に3文字説が挙げられています。

DDには自然現象を艦名に用いるという基準に照らすと、艦これに実装されている面々と同名の艦名だけでも、
・睦月型由来「むつき」「やよい」「うづき」「さつき」
・吹雪型由来「ふぶき」「みゆき」「おぼろ」 (※「うしお」は潜水艦「うずしお」とかぶるためアウト)
・初春型由来「ねのひ」「わかば」
・白露型由来「しぐれ」
・朝潮型由来「かすみ」「あられ」
・陽炎型由来「のわき」「あらし」
・重巡由来「あおば」

・・・と、これだけ候補があるのですが、「あおば」には26ASRの艦名に用いられる可能性があるため確率は低く、「ふぶき」「みゆき」は「はつゆき」型の残存艦がまだあり、これも全体に使われる可能性は低めといえます。また、前級が3代目「あきづき」型であるということも考えると睦月型由来の艦名も使いづらく(「あきづき」Ⅲ型の5~6番艦とすればつじつまが合う?)、「のわき」「あらし」も「自然災害という見えない敵に立ち向かう」という現代世界の海軍のコンセプトに照らすと不適切に近く、「あられ」などもインパクトに欠けます。
このため、もし3文字で確定するのであれば「かすみ」「おぼろ」に絞られそうです。

「かすみ」に決まる場合、裏提督LOVE勢がすべて海自艦の名前に1度は使われたことになります(「むらくも」:過去に1度、「あけぼの」:現役含め2度、「みちしお」:同)。


・・・個人的には補給艦「かすみ」が観たかった(笑)
line

「ゆうだち、スペイン海軍と演習をしたっぽい」

海賊対策としてアデン湾に展開している、大湊基地所属の海自DD「ゆうだち」、横須賀基地所属の同「ゆうぎり」がスペイン海軍のフリゲート1隻と合同演習を実施、SH-60が同艦に着艦する様子が、EUの「NAVFOR」艦隊公式サイトに掲載されています。
実際に演習が行われたのは先月下旬で、それから3週間遅れでの掲載になりましたが、テロ対策という意味も踏まえると、公開の時期をワザと大幅に遅らせたのは正解といえましょう。
当代「ゆうだち」は海自で2例目のステルス艦でもある新「むらさめ」型、「ゆうぎり」の方はその前級「あさぎり」型に属しますが、双方はわずか7年の就役年の違いではあるものの、船体はおろか、VLSを装備しているか否かすら異なっています。「ゆうだち」といえば、艦これでもおなじみ「ぽいぽい教」のご神体・・・もとい、「ソロモンの鬼畜艦」と呼ばれた白露型駆逐艦の4番艦・2代目夕立と同じ名前を持っていることもあるのか、3年前に中国人民解放軍の軍艦からのレーザー照射を浴びた際には、日中両国の政府の対応が、もし一歩でもあさっての方向に外れていれば、取り返しのつかない事態になっていたに違いない・・・とも言われました。対する「ゆうぎり」の先代にあたる旧日本海軍の夕霧は吹雪型駆逐艦14番艦です。
line

リムパックに「ちょうかい」初参加へ

今月30日から8月4日まで開催されることになった環太平洋合同演習リムパック2016に、27カ国、艦船は45隻の水上艦、5隻の潜水艦、200機以上の航空機が参加することになりましたが、このうち海自からは、空母「ひゅうが」、イージス艦「ちょうかい」が参加することが濃厚になりました。
特に「ちょうかい」は「こんごう」型護衛艦の中でただ1隻だけリムパック・ドーンブリッツとも参加歴がなく、これが初めてのリムパック参加ということになります。
ほかの同型艦の参加歴は「こんごう」「みょうこう」各1回、「きりしま」7回、参考までに「あたご」型では「あたご」の1回きりです。

これにともない、海自のイージス艦でリムパック未参加の艦は「あたご」型2番艦「あしがら」のみになりましたが、そちらはドーンブリッツに1回参加しています。
line

「我夜戦に突入す4」に出展しました

本日、艦これオンリー「我、夜戦に突入す! 4」に出展しました。

普段のpixivにおける活動とは逆に文字が中心であることから、手に取っていただけるか不安でしたが、気が付くと在庫が1ケタに・・・
これも、ひとえに皆様のおかげです。

次回は9月18日、同じインテックス大阪で行われる「こみっくトレジャー28」に出展する予定です。
line

そういや昭和の日でしたね

去る23日に4年目を迎えた「艦隊これくしょん」。現在の実装艦のうち、モチーフ元が第二次世界大戦終結(1945年9月2日)の時点で残存していた艦は全体の10%未満ですが、これらのうち海自艦の名前になった面々がどれだけあるか、調べてみました;

(1)現役
・ヘリコプタ搭載護衛艦「ひゅうが」「いせ」(←戦艦「日向」「伊勢」:終戦時大破残存)
・護衛艦「みょうこう」(←那智型重巡洋艦「妙高」:終戦時航行不能)
・護衛艦「あけぼの(4代目)」(←吹雪型駆逐艦「曙」:終戦時大破着底)
・沿岸護衛艦「おおよど」 (←軽巡洋艦「大淀」 ※1:終戦時横転着底)
・沿岸護衛艦「とね」(←重巡洋艦「利根」:終戦時大破着底)
・練習艦「かしま」 ※1 (←香取型軽巡洋艦「鹿島」:終戦時無傷)
・音響測定艦「ひびき」(←吹雪型駆逐艦「響」:終戦時損傷軽微)

(2)過去に在籍 
・ヘリコプタ搭載護衛艦「はるな」(←戦艦「榛名」:終戦時大破着底)
・護衛艦「ゆきかぜ」 ※2 (←陽炎型駆逐艦「雪風」:終戦時損傷軽微)
・護衛艦「きくづき」「ながつき」(←睦月型駆逐艦「菊月」「長月」:終戦時座礁状態)
・沿岸護衛艦「あけぼの(3代目)」 ※1 (←前述の曙)
・沿岸護衛艦「きたかみ」(←球磨型軽巡洋艦「北上」:終戦時航行困難)
・海洋測定艦「あかし」 ※1 (←工作艦「明石」 ※1:終戦時小破着底)

(※1:同型艦なし。※2:同型艦「はるかぜ」の先代にあたる神風型駆逐艦「春風」も終戦時残存)

「あけぼの」が2代存在するので、旧日本海軍の終戦時残存艦は、14隻が海自艦の名前に使われたことになります。
また、2隻以上ある艦級で、そのいずれもが、終戦時に残存していた旧日本海軍艦の名前を継いでいるケースは「はるかぜ」型(1985年除籍)と「ひゅうが」型(現役)のみで、それもそれぞれ2隻きりです。

こうして観てみると、旧日本海軍の上層部がいかに装備品を無駄遣いしていたかがうかがえるような気がしてなりませんね・・・。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+国内ディーラー製60cm創作素体)
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+国内ディーラー製43cm創作素体)
ほかにオビツ60を用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の4人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line