近頃の1/6の面々から~舞織&ほたる

近頃、なかなか構ってやれなかった1/6の面々ですが、先日、富山まで墓参に行く折、半年振りに舞織・ほたるを引き出して、連れて行きました。着替えさせてやるにも1/6関連の衣装が最近は一切増えておらず、冬場というのに御覧の通りのノースリーブです。
大阪駅出発が夕方、富山駅到着が夜間ということもあり、野外撮影は駅周辺に限られたばかりか(宿はちなみに駅前のホテル)、1人10枚前後撮った画像の過半はピンボケがひどすぎたため、ここで上げられるのは1枚ずつだけです。


おそらく、1/6では全国で当家だけではないかと思われる、アルカナハートシリーズのキャラドールである舞織です。
素体の特性上、この衣装ではハミチチになってしまうため、横からの撮影に耐えられません(笑)


ほたるはBJDが1人しかいなかった一昨年までは、頻繁に野外撮影に連れて行っていました。オビツの青年素体を女体化改造したものが最初の素体だったことから、それのハンドパーツに付けヅメを施した専用ハンドを、現在の12インチ素体でも引き継いでいます。

これで、みづき辺りを連れて行っていたら、もっと状態のよい画像が撮れたはずですが、今回は翌朝に両親と合流することになっていたせいでそれが叶わなかったのが残念でなりません。
スポンサーサイト
line

ここまでデカくなっていたDollsfigure社

Dollsfigure社が、いつの間にやら公式サイトを持つようになっていました;
http://www.dollsfigure.com/
ホンコンの企業で、テクストは英語のみです。

さて、それぞれの製品の価格はドルで表示されていますが、わが国での販売価格が最低でも¥3,000程度(衣装の場合)で、そこから空輸にかかる費用を減じると、米ドルではなく、ホンコン・ドルの方が合っているかも知れません。
ちなみにDollsfigure社の製品は、京阪神ではボークス、アゾン、コトブキヤにて販売されています。
line

フルシームレス!!「Edation Hotstaff」現る

それまではボークスのエレガントコレクションなど、針金を用いているため強度が低いベンダブル構造が多く、ガシガシ可動させるのに不向きだった1/6シームレス素体に革命を起こし、「可動とその安定度の高さ」をも求めた中国・TBleague(現・Phicen Limited)社のシームレス・フルアクション素体が、12インチAFファンの間で有名になりつつありますが、さらに台湾のEdation社が開発した、完全シームレスの1/6素体「Edation Hotstaff」がいよいよ発売されることになりました。
8月発売予定のこの素体は、今までにないタイプのインナーフレーム、また外皮には色転移に強いタイプのシリコンが用いられ、全身38箇所が可動しますが、手足の指も含めて実際の人体とほぼ同じように動かせるメリットがあります。ただし、Phicen社の素体にはリアル系のペイントを施された植毛ヘッドが付属する一方で、こちらHotstaffにヘッドは付属しません。ヘッド選択の自由が利くという点ではこれで正解ですが、それゆえにロストエンジェル、えっくすきゅーとなどをこの素体に置き換えるということも論理的には可能といえましょう。
価格はちなみにオビツ27(SB)の10倍・・・ orz
line

新ラジオ会館にアゾン凱旋!!6/10施行

先月17日に文京区湯島の仮店舗に移転したアゾンレーベルショップが、来月10日に秋葉原駅のラジオ会館(1号館)に戻ることになりました。6階に入居します。
この新ラジオ会館とは、かつて石丸電気が立地していたところで、閉鎖が決定している現ラジオ会館の西隣、ボークス秋葉原SR(新)とは総武緩行線を挟んで反対側の立地です。

ところで近頃のアゾンですが、1/6サイズは23cmドール用のSサイズ、ピュアニーモへの着用を想定した25cmドール用のMサイズ、オビツ27SB(L)への着用を想定した27cmドール用のLサイズというように規格が細分化された一方で、60cmドール用の衣装の新作は出ていません(50cmドール用の衣装は多数出るようになっています)。ボークスの方は27cm用が出なくなっているので、両者の「役割分担」が一段と進んできているような気がします。
line

アゾンレーベルショップ秋葉原、4月22日に文京区へ!!

*この記事は1/6ドールを主力とするアゾンインターナショナル様に関連しているため、1/6ドールズのカテゴリになっています


秋葉原駅電気街口・ラジオ会館の4階に入っているアゾンレーベルショップ秋葉原店が、4月22日から神田明神に程近い文京区湯島1丁目に移転します。ラジオ会館の老朽閉鎖→改築が決まり、それに先んじて移転するもので、現在地での営業は17日までです。
現在のラジオ会館には、4階にピュアニーモなど1/6ドールを主力に50cmドールも強いアゾン、6~7階にSDでおなじみボークスが入居しており、それぞれ得意分野が対を成していますが、この3~4年の間にサンクリやI-Dollなどのついでで現地を訪れた際には、わたくしはどちらにもお世話になりました。ラジオ会館の閉鎖後はボークスとアゾンは離れ離れになるものの、次に帰省するときには、無論どちらにも寄せていただくことにしています。
ちなみに移転先は秋葉原電気街の西端ですが、秋葉原電気街そのものが3区にまたがっており、多くは千代田区ですが、一部が区境(他都市でいえば市境)を越えて台東区と文京区にかかっています。
line

【1/6】爆乳カルテット【脱がない方がスゴイ】

うちの1/6の面々は、シルク、ほたる、舞織、あやの(左から)の4人が何らかのカスタムにより爆乳キャラになっていますが、過日、その4人を集めて集合写真にまとめてみました。

横からの方が大迫力のバストのほどが一段と伝わってきますが、真正面からでもこれです。露出度が低いものの、着衣の方がエロいという話もちらほら・・・。
ちなみに、あやのだけヤワ乳、あとは筋肉を鍛えているためか「デミ・ムーアのように揺らぎもしないバスト」だったりします(笑)
line

【あやの&シルク】久々の更新いっとく?

本日、あやの、シルクそれぞれの部屋に画像を追加しました。あやのは7ヶ月ぶり、シルクにいたっては9ヶ月ぶりの更新になってしまいましたが、メンテナンスついででいくつか撮影の機会があったので追加ということになりました。

そのうち舞織、あやの、シルク、ほたるの爆乳カルテットの集合写真なんかアップしてみたいものですね(ぉ

次はまりみての面々・・・(どこまで放置する)
line

ドールショウ27に出発します

これから新幹線で東京に帰省します。
勿論、ドールショウ27への参加のためです。

当日、会場内では12インチアクションフィギュアの展示会「C.F.A.F.」も開催され、わたくしも今回初めて参加することになりました。展示するのは、まりみての志摩子(22歳バージョン)です。
それでは明日、都立産業貿易センター浜松町にてお会いしましょう!
line

wizのブラ/ショーツを改造

以前入手した、wizからリリースされていた1/6ドールサイズのブラとショーツ(ディープパープルx黒)ですが、最近、TTL素体になったほたるにつけさせるべく、それぞれを改造しました。

見た目にはフロントホックとはわかるまい

ブラがフロントホック、ショーツがサイドタイです。
ショーツのサイドタイを形成するリボンは、全体に長くとってありますが、事実上CG系素体にしか履かせられないため、リボンは「履かせやすくするためのもの」と定義してあるにすぎません。
とはいえ、下着のヴァリエーションに乏しいCG系素体は、今までCG系以外では幼SD用のものでないと下着を履かせられなかったので、今回の改造ランジェリーは、わたくし自らの改造であるとはいえ、貴重なCG系専用アイテムになっています。
line

志摩子復活・・・でも顔が違ってしまいました

まりみての志摩子のキャラドールは、3年間にアイペイントをしてお披露目してから、これまでに2度リペイントしてまいりましたが、先日取り出したとき、ソフビの劣化が原因でしょうか、左眼の近くに裂け目が発生していた(涙)ため、急遽、別のヘッドに描きなおしました
今回のヘッドは、同じボークスAヘッドながらスキンヘッドです。

*途中経過~♪

more...

line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line