FC2ブログ

委託販売のお知らせ

☆[立体(60cmドール関連)]委託販売情報
現在、ボークス神戸SR(神戸・三宮)にて次の商品の委託販売を行っています。

(記事改定:2018.08.12)

シンプルブラ&ショーツセット:ブラック・ホワイト

販売価格¥1000

※レザー三角ブラ&ショーツセットは完売しました。

いずれも品切れの際はお許しください。
スポンサーサイト
line

1分ポーズにも果敢に挑む!!

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

昨日に続き、一昨日にダブルヘッダー参加したクロッキークラブのレポートです。
今回は午後の部。

担当のモデルは3年前の初顔合わせから通算8回目のエンカウントになるグラマー系の方。今年度(2678年度)初めの4月に東京・文京アカデミーで描かせていただいたこともあり、このとき私は2分ポーズを省略せず、全20回とも描くことを課題に挙げていました。今回もその流れで、1分ポーズもパーツだけでも描くことを課題にし、これらを描き切りました。

画像は10分ポーズと、その1分ポーズの中から1つずつを清書したものです。

右の1分ポーズは、現地では下半身を描けていなかったので、脚は2分ポーズの中から選びました。髪はミッドグレイを地にしています。
line

また新たなポールダンサー降臨

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

昨日は朝から夕方までクロッキークラブでした。午前は固定ポーズ、午後はクロッキーです。
本日のレポートは午前の部。

現地入りは開始40分前。今朝もさることながら、昨朝も極寒で、8時に合わせた目覚ましより前に目が覚めてしまいました。当初は開始20分前に入ればよかろう、という頭でいましたが、そうもいきません(ぉ

そしてこの背景である(ぉ

モデルは今回が初めてのポールダンサー。ヘソピアスが印象的です。
肌は例のごとくパステルで下塗りし、陰影をグレイティント、ウォームグレイ、続いてブラッシュ、ペールピンクでつけたあと、全体をナチュラルベージュ、ミディアムベージュ、バニラの順で塗りました。ヘソピアスは青系。
また大雑把ですが背景も描きました。
line

東北新幹線福島駅に改良計画

仙台都市圏の最南端にある福島市。その中心となる福島駅には、東北新幹線・東北本線のほかに東へ伸びる阿武隈急行、西へ伸びる奥羽線(山形新幹線)と福島交通飯坂線が乗り入れていますが、このうち山形新幹線が分岐する新幹線のホームは、配線の兼ね合いから14番線からしか山形新幹線が発着できず、「つばさ」号を併結する上り列車は平面交差でその14番線に入る必要があり、このことが特に冬場に遅延を誘発させる原因となっています。
そこで、この福島駅東北・山形新幹線のホーム・配線を改良する計画が持ち上がりました。ホーム・配線の改良をどのような形で行うかは未定とされていますが、
・現状は14番線にのみつながっている山形新幹線への分岐線を、11番線にもつなげる
・10番線を新設し、そこへ山形新幹線からの分岐線をつなげる
この2通りが考えられます。

福島つながりになるのですが、大阪市の天王寺駅でも、関空快速新設時には単線だった阪和線~大阪環状線の連絡線を、関空快速増発を見込んで複線化し、これにより現在の15分間隔運転が可能になったという前例があり、東北でも「天王寺方式」による連絡線の線増が行われるのはほぼ確実といえそうです。
line

3か月ぶりkmk

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

1日夜は年が明けてから初めてのkmk詣ででした。これが皇暦2678年度のラスト2か月のクロッキー初めです。
実はこの3か月の間、いざkmkへ・・・と思っても日程が合わない状態が続いていました。

そんな今回のモデルは、これまた半年ぶりにお目にかかる、170cmはあろう長身モデルでした。
6分
その長身をうまく清書に落とし込むには、立ちポーズだけでは芸がないと思い、迷わず選んだ今回の清書はヒザ立ちです。ポーズとしては5番目(6分)に該当します。ピアスの色と形状は現地で観た通りですが、詳細なディテールは拝見していないので、いささか大雑把気味です(涙)
line

素材ちゃんの可動範囲を広げてみよう

イエローサブマリンが昨年8月より販売している1/12可動フィギュア「プレミアムパーツコレクション 素材ちゃん」は、同社のボールジョイント「関節技」をふんだんに使っている1/12アクションフィギュア制作・改造用素材で、その人気の高さゆえに、入荷したかと思えばすぐに品薄になってしまうほどの逸品です。
そのままアクションフィギュアの素体として使うことも可能で、当家でもメガミデバイス第1弾「WISMソルジャー アサルト/スカウト」で使わなかったアサルト用ヘッドを活用し、あとは服を着せるだけ・・・という状態になっています(裸体のため現在は画像を見せられません)。

しかし購入時点のままだとヒジ・ヒザの可動範囲が意外に狭いのが難点であり、ポーズの幅に限りがあります。
そこで、「素材ちゃん」と同時に入手しておきたいのが、同じイエローサブマリンが出している関節技シリーズの「球体ジョイント スリム」。同商品に3セット入っている、6mm(小)の軸ずれタイプ関節を、まずはヒジに使用したところ、150度まで曲がるようになりました。単関節でも、軸ずれ関節にすることで、稼働範囲が二重関節に準じた広さになるのです。
「球体ジョイント スリム」は、「素材ちゃん」1点につき、2セットの購入をお勧めします。
line

中央線20系、やはり置き換えへ

大阪メトロが大阪市営地下鉄時代の1984年、谷町線と中央線に配備した20系(2000番台)は、熊本市電8200型に次ぐ国内2例目のVVVFインバータ制御車両で、現在は中央線に集結、時速95km運転に対応した工事も施されるなど、車齢30年を超えた今なお第一線で活躍していますが、すでに2601Fが姿を消しており、残る編成も5年後の夢洲延伸を控え、ついに置き換えられることになりました。
この中央線では、谷町線で使用されている30000系(32000番台)が時折、試運転のために乗り入れており、中央線20系の置き換えはこの30000系で行われる可能性があります。
1984~86年に最初の編成が運行を始めたVVVF車両では、近鉄1420系1421F(新製時はモ1251-ク1351)や東急9000系があるほか、試作車のみの形式としてはJR東日本207系900番台(新製時は国鉄。量産車はJR西日本で現存、ただし外観はまったくの別物)も同世代ですが、207系900番台はすでに亡く、9000系も大井町線転属の際に一部車両が廃車されているだけに、20系が最初の編成を除き1編成も欠けることなく現役を続けていることは奇跡的であるといえますが、中央線の地上区間である阿波座~コスモスクエアは高架を走るためか瀬戸内海(大阪湾)の海風にさらされるので、耐用年数がそろそろ来た、と考えられます。
なお24系は置き換えの対象外です。
line

突撃!!谷町文化教室

画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

昨晩は同じ大阪市内でも、普段行く会場とは京阪淀屋橋線を挟んで反対側、大阪メトロ谷町線・長堀鶴見緑地線の谷町六丁目駅を最寄とする谷町文化教室でクロッキー会があったのでそちらに参加してきました。
この谷町文化教室でクロッキー会が開かれるようになったのは11月のことで、同クロッキー会は主催者によりますと、以前はそれより南、同じ谷町線沿線の谷町九丁目、四天王寺前夕陽ヶ丘などで会場を借り、開いていたそうです。

開始はkmkのそれより10分遅い18時40分、終了は20分遅い20時30分。時間割は10分×2・5分×4・5分×4・ムービング20分で、ムービングはストップモーションありですが、1分経過で担当モデル本人が「動きます」とこちら側に声をかけ、再度動き出すようになっている点が特徴です。休憩時間は一律10分となっています。

当日のモデルはkmkでも前年度から複数回描かせていただいている方で、お世話になるのは早6回目です;
5分
画像は7番目のポーズを清書したもので、左ひじをポールに載せていたことから、清書でも奥行きが出るようにポールを配し、これはクールグレイで主線を引き、ペールグレイとライトグレイで塗りました。
line

13日に13回目

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

こみトレ33の1週間前にあたる13日、実家より戻ってまいりました。
とはいえそのまま京都に戻るわけでもなく、京都駅を新幹線で素通りして向かった先は大阪。

そう、クロッキー会参加が目的です。

参加したのは午後、クロッキーのみですが、今回のモデルを描かせていただくのは実に13回目となります。4年前から描かせていただいているこのモデル、そろそろ描きなれてきたので1分ポーズも清書できるように、と、使えるポーズを1~3分ポーズの中から吟味しているうちに、清書にこぎつけるまでにもう9日が経ってしまい・・・。

3分と1分
画像は左が3分、右が1分でそれぞれ10番目と26番目にあたります。


本作に限らず、清書に関しては、参加したクロッキー会の日付を記載していることから、実際に完成させた日とは日付が一切異なることをお許しください。
line

こみっく☆トレジャー33出展のお知らせ

本日、こみっく☆トレジャー33内の「我、夜戦に突入す!7」に出展しました。

今回は新刊の予定もなく、告知では有料とする予定でいた既刊「妙高どすえ~」「鳥満戯画」はともに無料配布に切り替えました。
なお9月8日のこみっく☆トレジャー34内の「我、夜戦に突入す!8」にも出展の予定でいます。

皆様、ご来場ありがとうございました。
line

帰省中のクロッキー会参加レポート・その2

※画像の転載は担当モデルご本人様に限らせていただきます

さてさてタイトルそのままですが、今回は今月5日、アトリエエビスでの土曜クロッキーのレポートです。
ここのクロッキー会は実家に帰る最中に「寄り道」の形で参加することが多く、4・9月に続き土曜日参加になりました。

開場を待つ間、現れたのは、線が細いボーイッシュ系のモデルです。
10分
ただ今回は、私が取った席からだとまともに顔が描けるポーズが半分もなく、自分から描く場所を動かざるを得なかったのが残念で、画像の元絵も、ポーズ開始の直後に場所を時計回りに90度変え、立って描いたものでした。東京のクロッキー会は基本的にお立ち台が中央にあり、そこを取り囲む形で描き手が座るか立つ仕組みになっていることは理解していますが(大阪だと扇形)、顔もまともに描けないようでは、片道2時間・500km以上かけて現地入りした甲斐がないのもまた事実で、他人に一時的に迷惑がかかることを承知のうえで描く場所を何度も移動しているのです。今後もたびたびご迷惑をおかけします・・・(涙)。
line

帰省中のクロッキー会参加レポート・その1

年末年始、帰省中を利用して都内で3つ、クロッキー会に参加してきました。
これらのうち2つのレポートを2回に分けてお伝えします。

今回は、先月28日の文京アカデミー(文京区役所地下1階)での東京クロッキー会から。
実は東京クロッキー会には8か月ぶりの参加です。文京区役所そのものが年末年始には閉庁することもあり、平日の開催になったためか、私が実家からの乗り継ぎで利用した東京メトロ4号線(丸ノ内線)は相当の混雑でした。

20分
画像は9番目(例によってムービングは除く)の20分ポーズを清書したもので、当日私が腰かけた場所からだと後姿になってしまうので、正反対の位置から描いています。
担当したモデルは、実際には160cmあるかどうかの身長ですが、ここでは10cm引き延ばしてみました。
line

当ブログ休止のお知らせ

まことに勝手ながら、1月12日まで当方不在につき、当ブログの更新を一時休止させていただきます。
あしからずご了承ください。
line

H100型、5年間で40両を量産へ

現在2両が試運転中のJR北海道の電気式ディーゼル動車・H100型について、来年度から24年度までに少なくとも40両を導入する方針が固まりました。室蘭線や根室線などで、海岸沿いを走る区間もあるためか、キハ40系列の老朽化が思いのほか著しく、またJR北海道そのものが経営難である中で、その経営難を打開するための一環からランニングコスト低減も図る必要があり、大量導入を余儀なくされたものと考えられます。
また北海道新幹線が札幌駅に延伸される際には、函館線のいわゆる「山線」と呼ばれる小樽~長万部の間がJR北海道から分離されるということですが、そちらにはキハ40を回さず、せめてキハ150を回していただきたいものです。
line

JR九州BEC819系、増備分は300番台に

きたる3月16日のダイヤ改定より、筑豊本線・篠栗線に続き、香椎線にも就役し、従来のキハ40・47を置き換えるJR九州のBEC819系ですが、今回の増備分は300番台がつけられることになりました。
現時点では、導入される300番台は11編成22両で、置き換え対象のキハ40・47の総数より1両少ないものの、キハ40・47に比べ定員が増えていることや、在来車が2扉であるのに対し、BEC819系は3扉で、ラッシュ時の乗降時間短縮に貢献できることもあり、減車による影響はほぼないと考えられます。
300番台の配属は未定ですが、現キハ40・47が竹下派出(旧・竹下気動車区)であることから類推すると、南福岡車両センターが濃厚です。ただ直方にある筑豊車両センター配属の0番台と共通運用を組むとなれば、直方配属になる可能性もあります。
line

瀬戸大橋線普通列車の観音寺・琴平乗り入れ中止へ

来る3月15日の最終運行日をもちまして、現行は朝夕に数回設定されている岡山~観音寺・琴平の普通列車の運行が中止になります。
瀬戸大橋を渡る普通列車は、1988年の開通以来、岡山と高松を結ぶマリンライナーとは別に、上記の区間でJR西日本は115系、JR四国は113系と6000型が運行されていますが、このうち高松へ行かないものを児島駅折り返しに短縮、観音寺・琴平方面はマリンライナー利用で坂出駅乗り換えとする体裁に改め、宇多津のデルタ線西側は特急だけが走る区間にするものです。
これにともない、瀬戸大橋を渡る普通列車はマリンライナーのみとなり、国鉄型車両は撤退、分割民営化後に登場した6000型も香川県のみの運用となります。国鉄型の撤退につきましては、岡山配属の115系車両が塩害により相対的に老朽化していることが影響しているものと思われます。
line

香椎線のキハ47に「死兆星」

JR九州によりますと、現在は筑豊本線で使用されているBEC819系蓄電池搭載電動車を、福岡市東区と福岡県粕屋郡宇美町を結ぶ香椎線にも導入することとなり、早ければ来年3月のダイヤ改定より運行が始まります。これにともないキハ47は撤退することになりましたが、海風にさらされすぎたこともあり、おそらく廃車となりそうです。
香椎線におけるBEC819系の充電は、香椎駅で行われることまでは発表がありますが、仮に今回のダイヤ改定で博多駅乗り入れが復活するとなれば、博多~香椎もしくは、配属先となる南福岡~香椎の間で走行中に実施することも可能で、筑豊本線の既存編成も直方~折尾などで、走行中の充電を実施しています。

この香椎線ですが、一時期キハ200が乗り入れた実績もあり、その後はキハ200が豊肥・久大線に転属したこともあり現在は国鉄型のみの運転ですが、やはり海沿いの路線に鋼製車両を走らせるのは自殺行為だったようで、今回のBEC819系への置き換えにいたったのもある意味当然のことと言えましょう。
line

南海汐見橋線が生き残るにはLRT化しかない

かつて高野線の本線だった名残から複線を維持しているものの、利用客の減少もあり、今では毎時2回にまで激減している南海電気鉄道汐見橋線は、一時は、なにわ筋線の南海側からのアプローチ線として再生されることが期待されていましたが、なんば駅の北西側地下、JR難波駅にあたる位置に「新なんば駅」(仮称)を設置、JR関西本線(大和路線)とともに梅田方面に乗り入れる方針に転換したため、汐見橋線としては存続の危機に立たされた状態が続いています。
この汐見橋線は、起点の汐見橋駅(高野本線の実質的な起点はなんば駅)の立地からして中途半端で、京セラドームにも徒歩20分近くを要し、現状のままではいつ廃止になってもおかしくありません。

そこで、新なにわ筋で汐見橋~西長堀の間は中央2~3車線をつぶし併用軌道にして、西長堀付近からは高架の専用軌道にして阪神高速の右手(市内部側)を走行し、船津橋付近からは大川北岸に沿って京阪中之島駅まで伸ばすLRT化を提案します。
LRT化に際して、大阪メトロ千日前線とは阿波座~桜川の間で上下並行することから、阿波座~西長堀、西長堀~桜川のそれぞれに1停留場ずつを加え、現・汐見橋駅を桜川駅に改称、さらに既存区間は津守~西天下茶屋、西天下茶屋~岸里玉出の間にも1駅ずつを加えるようにして、利便性を重視することが望ましいです。これにより駅・停留場は中之島方より順に、
中之島~中央市場東(仮)~阿波座~南阿波座(仮)~西長堀~汐見橋~桜川~芦原町~木津川~津守~梅南(仮)~西天下茶屋~西岸里(仮)~岸里玉出
の順、14駅・停留場となります。停留場は既存区間と同じ高床式にして、スロープで路面からホームに上がるような形がよいでしょう。これなら車両を低床車にせずともステップレスです(都電荒川線と同様の原理)。車両も荒川線のようなもので。
line

本格開始迫る辺野古基地拡張工事

米国信託統治領時代に、何もない広大な土地に建設された沖縄諸島防衛のかなめ石・普天間飛行場(宜野湾市)。時が下って、交通の便のよさもあって周辺に住宅地が広がり、気が付けば「世界一危険な基地」の烙印を押され現在にいたっています。
その普天間飛行場の代替施設として、米軍専用施設で名護市にある辺野古キャンプシュワブ基地の海側を埋め立てて滑走路を増設する「辺野古基地拡張工事」が、14日の土砂投入開始をもって、本格的に始まることとなりました。

しかしこの辺野古基地について、地元沖縄県民と在沖メディアとの間で相当の乖離があります。


more...

line

元名鉄の福井鉄道800型、豊橋鉄道に再移籍へ

福井鉄道によりますと、2005年に廃止された名鉄岐阜線より譲り受けたモハ800型(802・803)が、今年度末限りで豊橋鉄道に再移籍することになりました。豊橋市内線には、同型のモ801が名鉄より直接移籍しており、14年ぶりに3両が揃います。
モハ800型の再移籍の背景には、「FUKURAM」モハF1000型をさらに増備するとのうわさもあり、在来車両である元名鉄のモハ770型(770F~776F)・モハ880型(880F~888F)・モハ800型の計9編成+2両のうち、収容人員不足から閑散時間帯にのみ使用されていた800型を豊橋鉄道に売却、同数(2編成)のモハF1000型で置き換えるものと予想されます。残る770型と880型についても、追って置き換え対象になりそうです。

モハ800型導入については、その当時の福井鉄道はちょうど利用客が底を打っていた時期にあたり、閑散時間帯に単行でも走れる車両を求めているうちに名鉄岐阜線の廃止が決まり、新製からわずか3年目にして行き場を失ったモ800型(当時)のうち、譲渡先が決まっていなかった802と803に白羽の矢が立ったのだと言われていますが、今度は利用客が回復したことから却って収容人員が足りなくなり、ここ数年は稼働率が下がっていました。

岐阜の皆様には失礼な言い方になってしまいますが、もしも名鉄岐阜線が存続していたら、今、福井鉄道は軌道線が廃止になり、パス専業になってしまっていたに違いありません。名鉄岐阜線の尊い犠牲のもとに、現在の福井鉄道は存在するのです。
line
line

FC2Ad

line
FC2カウンター
line
プロフィール

使い。

Author:使い。
BIRTH/12,Jul.
DDヘッドと、国内海外問わずキャスト素体とを組み合わせた変則カスタムBJDのオーナーです。当家のBJDたち;
・ヒカリ(DDH-03美白+Dream Realm62)
・みづき(DDH-03普通肌+NeoAngelRegion"Fair")
・フランドール(東方projectのキャラドールです。DDH-03美白+SD13)
ほかにオビツ60やDDⅢを用いた、
・志摩子(まりみてのキャラドールです。DDH-06普通肌+DD胴体+オビツ60二重関節タイプ腕脚)
・ラ・テミス(DDH-01普通肌+オビツ60二重関節タイプ使用のカスタム素体)
・エルファーシア(描き目ヘッド+オビツ60球体関節タイプ使用のカスタム素体)
・蓉子(DDH-02美白+DDⅢ美白)
・DDG-176ちょうかい(艦これに登場する重巡洋艦娘「鳥海」が現代化した姿。DDH-01美白+DDⅢ美白)
および、
・愛玲(MSDシンシア)
の5人もいます。
なお本館では見られない、ドールたち(と)の会話もありますので併せてお楽しみくださいませ。

pixiv ID:4718731

line
最近の記事
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブログ内検索
line
お手紙

名前:
メール:
件名:
本文:

line
月別アーカイブ
line
RSSフィード
line
sub_line